ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

に広く生息する細菌食中毒の原因となる。
学名は“クロストリジウム・ボツリヌム”。同じくクロストリジウム属の破傷風菌(クロストリジウム・テタニ)と共に嫌気性菌の代表格であり、空気(というか酸素)を嫌う。そのため空気のない密閉された空間で増殖する。
この菌が産生する毒素ボツリヌストキシン)は極めて毒性が高く、細菌が産生する猛毒の中で最も危険なものである(O157などの腸管出血性大腸菌が産生するベロ毒素以上の毒性)。

原因食品

缶詰や真空パックなどの加工食品が多く、名前の由来も「ソーセージ(botulus)」である。
そのため、食品加工において硝酸塩を添加することは伝統的によく見られる。

乳幼児の場合は蜂蜜が原因となることもある。

症状

  • 嘔吐
  • ものが見えにくくなる
  • ものが飲み込めなくなる
  • ろれつが回らない
  • めまい
  • 筋肉麻痺
  • 最終的には呼吸ができなくなる
  • この菌による食中毒は発生件数こそ少ないが、致死率はかなり高い10%以上)ので注意。異常が見られたらすぐに病院に行くこと。


関連タグ

食中毒 食中毒の一覧 細菌 猛毒 ボツリヌス症

外部リンク

ボツリヌス菌 - Wikipedia

関連記事

親記事

細菌 さいきん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ボツリヌス菌」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5507

コメント