ピクシブ百科事典

腸管出血性大腸菌

ちょうかんしゅっけつせいだいちょうきん

人体に有害な細菌の一種。
目次[非表示]

概要

ベロ毒素を産生する、非常に危険な大腸菌食中毒感染症の原因となる。O157O111O104などの種類があるが、特に有名なのがO157である。なお、この菌に感染することで起こる病気腸管出血性大腸菌感染症と呼ぶ。
ちなみにベロ毒素は、細菌性赤痢の病原体である赤痢菌が産生する志賀毒素と類似の猛毒であり、志賀毒素と互角かそれ以上の毒性を持つ。

感染経路

腸管出血性大腸菌に汚染された食品を摂取することによって経口感染する。この菌はに強く、胃酸ではなかなか死なない。そのため少量の菌でも発症しやすく、人から人へと伝染することもある。
なお、一部の動物など)はこの菌を通常保有しており、に菌が含まれている。

症状

感染すると大腸に炎症を起こし、腹痛と水のような下痢があらわれる。ときに重症化して出血性大腸炎に発展し、虫垂炎を疑うような激しい腹痛血便を伴う激しい下痢となることがある。
まれに溶血性尿毒症症候群HUS)という重篤な合併症を起こし、腎臓血液に異常があらわれることがある。HUSを発症すると死亡することもある。
一般的に成人よりも子供高齢者のほうが重症化しやすい

以下の症状がみられた場合は救急車を呼ぶなど、一刻も早く病院に行くこと。

  • 一日に10回以上下痢が出て、トイレから離れられない場合。
  • 下痢が3日以上続く場合。
  • 血便が出る場合。
  • HUSを起こした場合(下痢に伴って発熱がある顔色が悪い鼻血が止まらない尿が出ない血尿が出る

治療法

輸液点滴輸血抗生物質投与、乳酸菌投与など。重症の場合は入院が必要。合併症を起こした場合は人工透析が必要。なお、感染症法で3類感染症に指定されているため、感染者は飲食業への就業が制限される。
なお、下痢止めを飲むと毒素が体外に排出されず、重篤化しやすく非常に危険なため、絶対に飲んではいけない。

予防法

十分な加熱調理(特に牛肉)、念入りな手洗い水道水やミネラルウォーター以外の生水を飲まない、ネズミゴキブリの駆除が有効。あと、バランスの良い食事(特にヨーグルトなどの発酵食品を摂る)・適度な運動・十分な休養など、自身の免疫力を高めることも大切。
過度に清潔環境で生活している人は感染した場合に重篤化しやすいので注意。

関連タグ

感染症 伝染病 微生物 食中毒の一覧 経口感染症 大腸菌 病原性大腸菌 O157 O111 O-157 もやしもん 生化学 赤痢菌
カンピロバクター サルモネラ菌 ノロウイルス

pixivに投稿された作品 pixivで「腸管出血性大腸菌」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3327

コメント