ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

食中毒感染症の原因となる細菌の一種。主にが保有している。

原因食品

生の鶏肉牛肉が原因となることが多い。鶏肉を生で食べた後に下痢になった場合、ほとんどはカンピロバクターが原因。また、まな板包丁を介して野菜に付着することがある。

症状

発熱腹痛下痢がみられる。サルモネラ菌による食中毒に似ているが、サルモネラ菌よりは軽症であることが多い。
数日から1週間程度で回復することがほとんどだが、子供高齢者では稀に重症になることもある。

治療方法

水分を十分に補給し、下痢による脱水症状を防ぐことが大切。
重症の場合は入院して点滴を受けたり、菌を殺すを服用することもある。

予防方法

  • 肉類加熱調理
  • 肉を調理した後のまな板や包丁はよく洗ってから再利用する。


関連タグ

食中毒 食中毒の一覧 細菌
腸管出血性大腸菌O157 サルモネラ菌 ノロウイルス 鶏肉 生肉

外部リンク

カンピロバクター - Wikipedia

関連記事

親記事

食中毒 しょくちゅうどく

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「カンピロバクター」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2593

コメント