ピクシブ百科事典

カンクロウ

かんくろう

カンクロウとは、『NARUTO』の登場キャラクター。
目次[非表示]

概要じゃん

CV:加瀬康之

砂隠れに所属する忍者傀儡師
四代目風影加瑠羅息子であり、五代目風影である我愛羅テマリ

第一部の時点では下忍だったが、二部では上忍に昇格している。険悪だった我愛羅とも打ち解け、良い関係を築いている様子。使用傀儡はカラス・クロアリ・サンショウウオ、そしてサソリ(赤砂のサソリが生前使用していたもの)、サソリの父と母(サソリの最初の制作傀儡にして、生前最後にチヨバアが使用していたもの)。

第四次忍界大戦では奇襲部隊の隊長を任されており、その実力はかなりのもの
さらに穢土転生されたサソリの最期の言葉で「お前に父と母の傀儡も託す」と言われ、同じくチヨバアからは「こやつもサソリ同様傀儡に並々ならぬ愛情を持っておるのか」、「よき操演者に引き継がれた」、「サソリが父と母を置き土産としておいて逝ったのにわしがなにも残さんわけにはいかんの、今のわしがお前に残してやれるのは傀儡の奥義くらいなもんじゃ!その身をもって学ぶがよい」と言葉や技などを託される描写(アニナル)もあった。

第四次忍界大戦後(最終話/700話)では我愛羅の付き人をしている模様で五影会談のついでに、奈良一族に嫁いだテマリの様子を見に来たと思われる我愛羅と共に木ノ葉に来ていた。
語尾に「~じゃん」をつけて話すのが特徴。顔の化粧はよく変わる。

初登場時は我愛羅と険悪な関係だったせいもあってか、年下の生意気な子供を酷く嫌っており、ぶつかってきた木ノ葉丸の服を掴みあげて殴ろうとするなど印象が悪かった。

カンクロウおめでと~


素顔は金髪であり、と同じ髪の色である。

俺の傀儡じゃん

カンクロウとくぐつ


カラス

カンクロウ(NARUTO)

 
もっとも初期から使用している傀儡人形。人間に近い外見を利用し、自分そっくりに擬態させたり、スパイ代わりに送り込んだりできる他、毒針や毒煙玉など様々なギミックで敵を攻撃する。

クロアリ

相手を捕獲するのに有用な傀儡人形で、顔が尖っている。腹は樽状になっており、相手を捕獲しギタギタのズタズタにできる残虐な人形。音の五人衆編や「幻の地底遺跡だってばよ!」で使用した「黒秘儀危機一髪」はトラウマもの。

サンショウウオ

その名の通りサンショウウオに似た大型傀儡。その体の大きさ、硬さを活かしになる。

サソリ

赤砂のサソリが生前使用していた傀儡人形。五影会談編で初披露され、首が外れたりする予想外のカラクリで読者を驚かせた。

父と母

幼き日のサソリがはじめて制作し、生前のチヨバアが最後に使用した、サソリ自身の父と母を模したペアの傀儡人形。カンクロウが使用する場面はないが、穢土転生されたサソリが代々継いでいくように託した。

関連タグをよろしくな

NARUTO
我愛羅 四代目風影 加瑠羅 テマリ バキ サソリ
砂隠れの叔父さん:最近では彼にが登場した。

pixivに投稿された作品 pixivで「カンクロウ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4619857

コメント