ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

曖昧さ回避じゃん


プロフィールじゃん

階級下忍(第一部)→ 上忍(第二部以降)
所属砂隠れ
忍者登録番号54-002
誕生日5月15日
星座おうし座
血液型AB型
年齢14,15歳(第1部)→18,19歳(第2部)→34歳(BORUTO
身長167cm(15歳)→175cm(18歳)
体重61kg(13歳)→61.2kg(18歳)
好きな食べ物ハンバーグ
嫌いな食べ物ほうれん草
戦ってみたい相手我愛羅以外
好きな言葉好機、逸するべからず
趣味カラクリ人形集め
声優加瀬康之

概要じゃん

砂隠れに所属する忍者で、語尾に「~じゃん」をつけて話すのが特徴。

人形劇の黒子のような黒衣を纏っており、隈取のような紫色のラインが引かれたメイクは登場する度に頻繁に変わっている。茶髪で素顔は父親似。


四代目風影こと羅砂とその妻加瑠羅息子であり、五代目風影である次男我愛羅にして長女テマリ


砂隠れの忍者の一部に見られる、指先からチャクラ糸を繰り出す「傀儡の術」で人間大あるいはそれより一回りほど大柄な傀儡を自由自在に操る「傀儡師」の一人。

なおカンクロウは作中用いていないものの傀儡の術は「操演・人身冴功」という名で人間相手にも使うことができ、敵を操れば同士討ちに、味方を操れば動作の補助に利用できる。

ただし他の忍術のレパートリーには乏しく繰り手自身を狙われると弱いため、戦いでは如何に敵の前に身を晒さずに立ち回れるかが重要になってくる。

理論上はチャクラ糸1本で1体、最大で指の数(=10体)の傀儡を操ることができるが、3体同時に操れるカンクロウも充分エリートの部類に入る。

傀儡は1部では包帯でグルグル巻きにして背負う形で持ち運んでいたが、2部では巻物に封印して携帯し必要に応じて口寄せするスタイル(封入の術・開封の術?)に変わっている。


使用傀儡はカラス・クロアリ・サンショウウオ、そして人傀儡のサソリ、その父と母。いずれもサソリの制作した傀儡である。


第一部の時点では下忍として登場。中忍試験第三試験本選の一人になるもやむを得ず棄権した。後に本選で戦う予定だった油女シノと直接対決をするも倒される(ただしシノも毒煙を吸ったためにサスケの援護ができない程ダメージを受けた)。二部では上忍に昇格している。険悪だった我愛羅とも打ち解け、良い関係を築いている様子。


第四次忍界大戦では奇襲部隊の隊長を任されており、その実力はかなりのもの。

さらに穢土転生されたサソリの遺言で「お前に父と母の傀儡も託す」と言われ、同じくチヨバアからは「こやつもサソリ同様傀儡に並々ならぬ愛情を持っておるのか」、「よき操演者に引き継がれた」、「サソリが父と母を置き土産としておいて逝ったのにわしがなにも残さんわけにはいかんの、今のわしがお前に残してやれるのは傀儡の奥義くらいなもんじゃ!その身をもって学ぶがよい」と言葉や技などを託される描写(アニナル)もあった。


第四次忍界大戦後(最終話/700話)では我愛羅の付き人をしている模様で五影会談のついでに、奈良一族に嫁いだテマリの様子を見に来たと思われる我愛羅と共に木ノ葉に来ていた。


初登場時は我愛羅と険悪な関係だったせいもあってか、年下の生意気な子供を酷く嫌っており、ぶつかってきた木ノ葉丸の服を掴みあげて殴ろうとするなど粗暴な印象が強かった。

しかし、中忍試験が開始してからは我愛羅の不安定さに振り回され気味な苦労人としての一面を見せ始めた他、情報収集の際に、ヒナタネジとのやりとりを見た直後で気が立っていたナルトの反応に苛立ちつつも言葉を選んで接するなど、言動も丸くなった。


俺の傀儡じゃん

カンクロウとくぐつ

カラス

カンクロウ(NARUTO)

ボサボサ髪と三つ目が特徴的な攻撃用の傀儡人形。最初期から使用している。

攻撃用と銘打たれるだけあって、黒布を纏う胴体や数対の腕には毒刃、毒針、毒煙など様々なギミックが仕込まれている。

単体での戦闘能力も充分高い傀儡だが、その真価は後述する『クロアリ』との連携で発揮される。


体格は人間に比較的近く、これを利用して自分そっくりに擬態させて相手の意表を突いたり、スパイ代わりに送り込んだりといった芸当もこなせる。


クロアリ

『カラス』に似たロン毛で面長の傀儡。こちらも比較的人型に近く、カンクロウが身代わりに用いた事もある。

多腕には鋸刃が備わっており、不用意に近付いた相手をギタギタのズタズタにできる残虐な人形。

しかしその本来の用途は「捕獲用」であり、樽型のボディを大きく開閉させて相手を呑み込み、捕まえる。


樽型のボディは完全な密室ではなく、ごく細いスリットが幾つか入っている。

ここに仕込み刃を展開させた『カラス』の手足と頭を次々に突き刺し、ユーモラスな名前とは裏腹に惨たらしく捉えた敵を仕留める「黒秘技・機々一発」はカンクロウの必殺技となっている。

音の五人衆編や「幻の地底遺跡だってばよ!」で使用され、どちらも中々にトラウマものである。

複数体作られているようで、二部では穢土転生されたサソリとデイダラを捕縛する際に2体が同時に口寄せされている。


サンショウウオ

カラス、クロアリに次ぎ二部から登場した、その名の通り山椒魚に似た大型傀儡。ちなみに頭髪は生えていない。

強固な装甲を持っており、胴体部分をドーム状に展開することが可能。その体の大きさ、硬さを活かしになる。

応用的な使い方として、敵の爆弾を装甲で包み込むように展開して爆発の威力を軽減した事もある。


鉄壁を誇る山椒魚はカンクロウが初めて持った「守るため」の術であり、風影となった弟である我愛羅を守る力を得たいと願ったがためである。


サソリ

赤砂のサソリが自分自身を改造する形で作り上げた「人傀儡」。チヨバア、サクラとの戦闘で中破していたが、彼の死後カンクロウが修理して使っている。サソリの生体部分が詰まっていた左胸の核は失われ空洞になっている。

五影会談編で初披露され、忍界大戦でも彼の切り札として活躍した。


人傀儡のため生前の忍術も使えるものと思われるが、そもそもサソリ自身が傀儡師であり単体で行使する忍術は潜脳操砂の術と砂分身程度しか披露していないため、生前から引き続き火炎放射や腰から伸びたブレード、腹部のワイヤーなど各所のカラクリを用いて戦う。

ただ流石にサソリの核が直接最大百体もの傀儡を操る術であった「赤秘技・百機の操演」は使えない模様。

新たな技として、両腕と首を外した空孔から無数のクナイを乱射する「赤秘技・機々三角」も披露している。

美青年の首がガポッと外れるという予想外のカラクリで読者を驚かせた。


父と母

幼き日のサソリがはじめて制作し、生前のチヨバアが最後に使用した、サソリ自身の父と母を模したペアの傀儡人形。かつて存在した人を模した傀儡ではあるが、人を改造して作られた「人傀儡」ではない。

カンクロウが使用する場面はないが、穢土転生されたサソリが昇天する直前に代々継いでいくようカンクロウに託した。


関連タグをよろしくな

NARUTO 砂隠れ

我愛羅 四代目風影 加瑠羅 テマリ バキ(NARUTO) サソリ(NARUTO) 油女シノ シンキ

砂の三姉弟 砂隠れの叔父さん

関連記事

親記事

砂の三姉弟 すなのさんきょうだい

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 11060044

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました