ピクシブ百科事典

四代目風影

よんだいめかぜかげ

四代目風影とは、漫画『NARUTO』のキャラクター。

概要

CV:田中正彦

テマリカンクロウ我愛羅実父で、加流羅加瑠羅)の。本名は羅砂(らさ)
風の国の大名の軍縮の方針の中、妻・加瑠羅やその息子・我愛羅を犠牲にしてまでも里の力の強化を図っていた。実子である我愛羅に刺客を差し向けるなど、その親子関係は劣悪だった(我愛羅の回想に素顔が出ているが、息子を見る表情は冷酷だった)。
中忍試験の折に初登場するが、その正体は大蛇丸薬師カブトの交互による変装であり、本物は大蛇丸によって暗殺されており、木ノ葉までの道中にて側近と共に虫の集った死体姿で発見された。
第一部ではこの他に我愛羅の回想シーンでのみ登場。

使用する術は砂金を操る血継限界磁遁であり、守鶴一尾)が暴走した時もこれで対処する。また、術を発動させる際、我愛羅同様の目の隈が発生し、我愛羅と同じ術を使う(金角・銀角兄弟と同様の特殊体質なのかは不明)。

第四次忍界大戦では、薬師カブトの穢土転生によって蘇生され、息子である我愛羅を発見する。その際、我愛羅が五代目風影となった事やチヨバアが我愛羅を救った事、友ができたと言う事に驚きを隠せなかった。
「もう一度息子の価値を自身で確かめる」と言い、敢えて我愛羅と対峙し交戦するが、自身が操る砂金の盲点を突かれ、身動きが取れなくなった。この時、我愛羅の砂が妻・加琉羅の姿を象るのを見て、初めて「強くなった」「親はただ、子供を信じてやればいい」と親心を見せ、夜叉丸が「母に愛されてはいなかった」と偽りの告白をした真相を明かす。
風影としての責務や周囲からのプレッシャーのせいでもあるとはいえ、今までの己が我愛羅にして来た事こそが失敗だったのだということを悟り、加琉羅が母親として「どんな事があっても我愛羅を守る」と愛情を注いでいたことを教え、命を狙う程追い込んだことを父親と言うのもおこがましいと自嘲する程に後悔謝罪した。しかし、それでも我愛羅が自らを「父」と呼んでくれたことと、自分などとうに超えていた息子の成長にを流し、最後は我愛羅に里を守る事を願いながら封印された。

ちなみに、どのような形で大蛇丸に殺されたのかは一切語られていないが、二代目火影の使う穢土転生を大蛇丸が使えたのを三代目雷影二代目水影に語っていた事から推察すると、大蛇丸の穢土転生によって操られた柱間と扉間の二人と交戦して死亡した可能性が高い。

関連タグ

NARUTO 砂隠れ 風影 テマリ カンクロウ 我愛羅 加流羅 夜叉丸 バキ

pixivに投稿された作品 pixivで「四代目風影」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 160771

コメント