ピクシブ百科事典

ブラストマン

ぶらすとまん

ブラストマンとはロックマンシリーズに登場するキャラ。 また、ロックマンシリーズ初となるエグゼシリーズから本編のボスへと昇格したボスである。
目次[非表示]

無印

爆弾魔


「本物の爆発、見せてやるぜっ!!」
「アート・イズ……ビッグバーンッ!!」

CV:畠中祐(日本語版)、クリストファー・ハックニー(英語版)

概要

DWN.083。
B.B-BOMBカンパニー出身の元発破作業用ロボット。すぐにカッとなり感情を爆発させる性格。
映画やテーマパークの爆発効果を手掛けるバクハツアーティストで、クライアントの要求ならド派手な大爆発からセンチメンタルな小爆発まで何でもやってのける。

爆発業界専門誌「月間発破時代」で爆裂連載中の人気コラム「やっぱ発破!」では、毎月並ならぬ爆発への情熱を紙面に爆発させているそうだ。

現在は人気テーマパーク「フラワーランド」の新アトラクションをプロデュース中。

戦闘

発破作業現場で培った俊敏な動きで、自身の爆発欲の赴くままに爆弾をばら撒く。飛び上がりながらばら撒くパターンと放物線状に投げるパターンがあり、初見で安置を見切るのはなかなか難しい。追い詰められるとワイリーに組み込まれた“パワーギア”を発動させて己の膨れ上がった爆発欲を体現したかのような破壊力抜群の巨大爆弾を投げつけてくる。

なお、ステージには2のスナイパーアーマーの改良機「スナイパーアーマーG」や7のボムスレーを模した中ボス「スリル・ツイン号」が登場する。

特殊武器「チェインブラスト」

Megaman 11 - Chain Blast


地形や敵にヒットすると接着してカウントダウンが始まる爆弾を投げつける。接着してからは任意に爆破可能。すでに接着した爆弾に当てると連結し、爆風の大きさや威力がアップする。
パワーギア発動中は高威力の巨大爆弾となり、接着はせず即爆発するようになる。

余談

英語版声優のハックニー氏は同作のライトットの兼役である。



EXE

絶望のブラストマン



実はこちらの方が先に登場している。
ロックマンエグゼ6』で初登場したWWW所属のナビで当初は誰がオペレーターであるかは伏せられていた。
口癖は『クォォォォォォォッ!』というシャウト。

体内に電脳酸素を取り込んで燃焼させる事で、高火力の炎を発生させられる。

光熱斗に嫉妬する新垣コジローの心に漬け込んで一時的に彼のネットナビとなり、警備ロボを操るよう仕向け、才葉学園に火事を起こした。
基本装備はエアーボンバー

その叫び声などからu-CAPCOMの『好きなナビ投票』にて4位を獲得している。

数少なく貴重な炎属性のナビでありながら、ゲーム最序盤に登場する故の弱さを持っていた事、『エグゼ6』で導入されたシステム・ウイルスバトラーではネットナビなのにラスボスとしてメットールと一緒に現れたことからネタにされ、『6』発売当時のネット掲示板では某唯一神とまではいかなかったものの、カルト的な人気を誇っていたようである。誰が呼んだか「ウイルスマン」。

元ネタはロックマン&フォルテに登場するバーナーマンの没案であるブラストマンから(バーナーマン自体はエグゼ4に登場)。


















ネタバレ注意!!

その正体は熱斗達の担任教師・麻破剛のネットナビであった。
物語中盤、ダイブマンと共にロックマンの中に眠る電脳を狙ってロール達を人質に取るがロックマンに再び敗れ、以後は登場しない。
オペレーターは結構見せ場があるのにあんまりである。

アニメでは本人こそ登場しないが、BEAST+第3話のバトルチップ通信販売機の画面に表示されたチップの一つとして登場(何気にアニメにメガクラスチップが出る事は珍しかったりする)。

麻破剛の由来はアーケードゲーム「ソニックブラストマン」と「マッハGoGoGo」の三船剛から。

関連タグ

ロックマン11
ロックマンエグゼ

歴代爆発系ボス
ボンバーマンクラッシュマンドリルマンナパームマンバーストマングレネードマンパイレーツマンコマンドマン

歴代炎属性ナビ
ファイアマン ヒートマン フレイムマン バーナーマン ナパームマン チャージマン

pixivに投稿された作品 pixivで「ブラストマン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 25155

コメント