ピクシブ百科事典

ロックマン11

ろっくまんいれぶん

ロックマン11とはカプコンのアクションゲーム「ロックマンシリーズ」の第11作である。
目次[非表示]

概要

ロックマン生誕30周年を記念して2018年発売予定のロックマンシリーズの新作。
2010年以降にロックマン10で途絶えていた無印ロックマンのシリーズであったが、2018年に「ニンテンドーSWITCH」・「PS4」・「XboxONE」・「Steam」で8年ぶりに発売される事が発表された。

正式なタイトルは「ロックマン11 運命の歯車!!」
9と10では、原点回帰としてファミコン風グラフィックだったが今作では「ロックマンロックマン(ロックマン1のリメイク版)」以来のフルCGである。グラフィック全体の印象としては7・8・R&Fの路線に近い。直立時のポーズが「7」とほぼ同じ。

9並びに10ではスライディングとチャージショットが何故か廃止されてしまったが、ロックマン&フォルテ以来これらが復活する。
また、今作では特殊武器を装備するとロックマンの容姿が少し変化するようになっている。第一弾PVでは三つのブロックを落とす武器で頭部にブロックの意匠と腕が変化している姿がある。また、詳細は明かされていないがこれまでの特殊武器だけにとどまらず11で新システムが用意されており、「初心者から上級者にメリットがあるもの」とされている。
「ネジ」や「E缶」もある事からシステム自体は10から引き続き継承していると思われる。

開発は久しぶりにカプコンの内製であり、大阪のカプコン開発スタジオで行っている。

余談

スマブラ3DS/WiiUでロックマンのアイコンは歯車だったのだが、まさかの本家で歯車がテーマとなった。(なお、スマブラ3DS/WiiUで追加された参戦条件「将来新作の可能性があるタイトル」が実現した形にもなった)
ロックマンのデザインも、7や8の様な等身がやや高くなった様なものに戻りスマブラ参戦時のデザインに少し近い。

実は前にロックマンクラシックスコレクションのユーザーアンケートにおいて続編としてのロックマン11をユーザーは望んでいるかといったニュアンスの設問があった。
もしかするとその声が反映された可能性もあったと思われる。

東京ゲームショウ2017年でのカプコンのブースにおいて「ロックマンも忘れてません!」といった発言があったが、実はこの時から密かにロックマン11の開発が始まっていたという。既にロックマンクラシックスコレクション2のミュージアムモードに11のイメージイラストを忍ばせてあった。

11を開発するにあたって、過去作を現在の技術を使ってどう落とし込むかのテストを行っている。明かされたものによるとロックマン10ポンプマンステージを例として試作していた様子。

関連動画

ロックマン30周年記念&『ロックマン11』アナウンス映像

『ロックマン11』のアナウンスは3:35過ぎから
この動画を見る限りボイスも付くようだ(チャージショット時に声がする)。

外部リンク

シリーズポータルサイト内『ロックマン11』インフォメーション

関連タグ

ロックマン ロックマンシリーズ


MightyNo.9…フルCGという事でこれを連想した人も多かった。

pixivに投稿された作品 pixivで「ロックマン11」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 17206

コメント