ピクシブ百科事典

ツンドラマン

つんどらまん

ツンドラマンとは、ロックマン11に登場する8ボスの一人。
目次[非表示]

「僕のステージにようこそ」
「見せてあげるよ。凍りつくまで!」

CV:川田紳司(日本語版)、マイケル・T・コールマン(英語版)


※ネタバレ注意!


概要

DWN.085(有賀版表記ではDCN.85)
コサックロボット研究所出身の極地開拓&調査用ロボット。
テレビで知ったアイスダンスの魅力にとりつかれ、ブリザード吹き荒れる北極の氷上で、北極の動物たちを観客に1人練習を重ねてきた。

さながらフィギュアスケートの選手のような姿をしているが、これは自らコツコツと改造を重ねていった結果で、北極に送り込まれた際は極地対応のゴツい姿だったらしい。
改造によって初期よりも耐久性が落ちているが、本人は仕方ないと割り切っている。

自身の華麗なアイスダンスを北極に閉じ込めておくことは地球規模の損害であると断言しており、いつかは北極を出て人前でアイスダンスを披露したいという願望を持っているが、ワイリーの改造によってそれを増幅させることとなる。

ステージセレクトで飾りとなる頭のパーツがはみ出ているボスとしては歴代ではクイックマンスプラッシュウーマンシープマンに次ぐ四人目。ちなみにスプラッシュウーマンとは位置が同じ。

戦闘

飛び道具類は一切使わず、自慢のテクニックのみで戦うある意味男らしい戦闘スタイル。
基本的に画面の端から端まで、華麗でスピーディーで危険な舞いを披露しつつ移動するだけだが、ただ普通に滑るだけかと思ったら途中でジャンプしたり、スライディングでないとかわしづらい低空ジャンプで迫ったり、攻撃をはじくほどの高速スピンを披露したりとトリッキーな動きでロックマンを翻弄する。
スピードギアが発動すると、スピードスケートさながらの高速スケーティング攻撃とスピンジャンプによる絶対零度のブリザード攻撃を仕掛けてくる。

弱点武器はスクランブルサンダー。高速スピン中もダメージを与えられるほか、当て続けると感電によって膝をつかせられる。

特殊武器「ツンドラストーム」

Megaman 11 - Tundra Storm


ロックマンの上下に絶対零度のブリザードを発生させる。Xにおけるチャージストームトルネードの氷版と考えるとわかりやすい。
耐久力の低い敵は破壊でき、そうでない敵も凍り付いて動けなくなる。
トーチマンステージの迫りくる炎の壁も凍らせて一時的に動きを止めることができる。
パワーギア中はほぼ全画面に吹雪が及ぶ

余談

他のコサックナンバーズはコサック博士がワイリーによって無理やり悪事をさせられていた時に纏めて強奪されたがこのツンドラマンだけは唯一ワイリーが直接強奪している。
また、ロックマン4の時には姿を見せなかったがロックマン4の後に開発されたかその時が任務中でワイリーの強奪に遭わなかったは不明である。
更に言うと彼は本来コサック博士の所で定期検診を受けるはずなのだが博士は留守だったのだろうか?(→何かしらの用事が在った為にライト博士に紹介状を書いた可能性が有る)
ロックマン世界におけるロシア製ロボットであるのは間違いないだろう。

ツンドラマンを演ずる川田紳司氏はロックマンエグゼシリーズにて氷系ナビのコールドマンを演じていた。

関連タグ

ロックマン11 ワイリーナンバーズ Dr.コサック

同じ氷系ボス
アイスマン ブリザードマン フリーズマン フロストマン コールドマン チルドマン

コサックナンバーズ
ブライトマン トードマン ドリルマン ファラオマン リングマン ダストマン ダイブマン スカルマン

ロックマンシリーズ以外
油女シノ:中の人且つ派手な技繋がり、但し、シノの外見は正反対に地味。また、アシッドマン中の人が演ずるキャラとはチームメイト。
ジョー(VJ):同じく、中の人且つ派手な技繋がり。同一メーカー製作品の主人公。『何か一つのカテゴリーに憧れる』という部分も共通(ジョーはヒーローに)。→ただ、ロール(キャラクター)と共演したタツノコVSCAPCOMでは、ロールに、“クイックマンのコスプレ”呼ばわりされてた…

pixivに投稿された作品 pixivで「ツンドラマン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 26512

コメント