ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

人物像

「ストラビンスキー科学アカデミー」に所属している。

名前からしてスラブ系と思われ(ミドルネームに父親の名前が入っている。セルゲイビッチとは彼の場合はセルゲイの子という意味)、ロシア連邦のロボット工学の科学者であると思われる。

居城はクレムリン宮殿風、ステージBGMはロシア民謡風など、各所にロシアンテイストが見られる。

年齢は30代~40代とみられ、ライトやワイリーよりも若い科学者である。

クレーンゲームが好みであるらしい。

キリル文字で名前を書くとМихаил Сергеевич Казакとなる。


ロックマン4

初登場作品は「ロックマン4」。ライト博士と並び称される天才科学者、Dr.コサックのが造ったロボットが突如として世界8大都市を占拠し世界に宣戦布告した。

Dr.コサックは本来、世界征服を企むような人物ではない。実は、Dr.ワイリーに娘のカリンカを人質に取られ、ロックマンを倒すように脅迫されたため、仕方なく協力をせざるを得なかったのだった。

コサックステージ4でコサックを倒すとロックマンに謝罪し、娘のカリンカと再会を果たす。

余談だが、コサックステージのボスの部屋の前にあるシンボルマークはCを三日月に見立てたものに赤い星がついたデザイン。

Dr.ワイリーが黒幕で、カリンカを人質に取られてロックマンを倒すように脅迫されたため、ブルースを味方につけたが、ブルースの真の目的はカリンカの救出にあり、コサックの居城で対決を迎えたロックマンとコサックの前に現れたカリンカの証言で黒幕とばれる羽目になる。


ロックマン5

前作の「ロックマン4」と違い開発した「ビート」をロックマンに渡すのみになっている。

FC版ではビートの設定に名前のみだが、PS版ではナビモードのナビゲーターとして登場。


ロックマン11

直接的な登場は無いが、コサックロボット研究所製作のロボットとして、ツンドラマンが登場。


その後の扱い

ロックマン5」以降は、シリーズ番外編である「ロックボード」に主人公の1人として登場しているが、「ロックマン11」まで長きに渡って存在に触れられなかった。その「ロックマン11」においても「コサックロボット研究所」という名前が出てくるだけ。


「ロックマン8」の企画段階ではデューオの制作者とされていたが製品版では設定が変更され未登場に終わり、「ロックマン&フォルテ」のキャラクターCDでも無視されている。


ロックマンワールドシリーズにも登場せず、ロックマンワールド3ロックマンワールド4に登場する4の8ボスやビートは誰が制作したのか不明となっている。


派生作品

そして「ロックマンX」シリーズではライトやワイリーと違って音沙汰無し。エックスゼロと並ぶ存在となる、「最後のコサックナンバーズ」なる者も登場していない。

アクセルが登場当初「ロックマンの歴史を繋ぐ第3のヒーロー」と紹介されたことでコサック製かという予想もあったが結局制作者は不明のままである。

ロックマンゼクスアドベント」では元ネタを同じくするマスター・ミハイルが登場。こちらはワイリーとライトをモデルとした二賢人が若々しい見た目なのに対して、こちらは本家とは逆に老人の姿になっている。


ロックマンエグゼ3」ではフォルテの製作者として登場するが、カリンカは登場せず。


漫画版

ゲーム本編とは異なり、各コミカライズ版ではその後も登場している。

池原しげと版では、『5』や『蘇るブルース』においてさらわれたライト博士の代わりにロックをサポートするが、『6』では世界最強ロボット選手権の是非を巡ってライトと物別れに終わり、以後登場せず。

有賀ヒトシ版では、その後も娘と共にセミレギュラーとして登場し、ロックマン達をサポートする。ちなみに、コサック製のロボットたちは、ライトやワイリーと同じように「コサックナンバーズ」とまとめられている。ロックマン9の一件でライト博士が逮捕された際には戦おうとするロックマンを整備している。

出月こーじ版では『8』に登場している。


製作したロボット

DWN.025ブライトマン

DWN.026トードマン

DWN.027ドリルマン

DWN.028ファラオマン

DWN.029リングマン

DWN.030ダストマン

DWN.031ダイブマン

DWN.032スカルマン

DWN.085ツンドラマン

ビート


余談

「ロックマン4」の8大ボスはDr.コサックが作ったものであるが、製造番号はDCN.ではなくDWN.になっている。

カプコンの広報誌『クラブ・カプコン』のQ&Aコーナーによれば、これはコサックが作ったロボットにワイリーが改造を加えたため、となっている。


コサックの研究所である居城は雪が降り積もっているので寒冷地に存在していると思われる。現実的にはロシア国内であると推測される。

現実ではロックマン4が発売された頃はソビエト崩壊が起きてまだ記憶に新しい頃であった事、当時UFOキャッチャーが流行しだした頃であった為ある意味時事ネタが入っている。また、本名の元ネタはゴルビーこと「ミハイル・セルゲイビッチ・ゴルバチョフ」だと思われる。


関連イラスト

すまない、カリンカ


関連タグ

ロックマン ロックマン4 Dr.コサック

トーマス・ライト アルバート・W・ワイリー

ブルース カリンカ

コサックナンバーズ


容姿が何となく似ている人たち

阿部寛

ネイキッド・スネーク

関連記事

親記事

ロックマンシリーズのキャラクター一覧 ろっくまんしりーずのきゃらくたーいちらん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 21444

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました