ピクシブ百科事典

ブルース

ぶるーす

「ブルース」とは、「bruce」と「blues」のカナ表記である。 タグとしては、主にカプコンより発売されたゲーム「ロックマン」シリーズに登場するキャラクターの作品に付けられる。
目次[非表示]

曖昧さ回避

  1. ロックマンシリーズ』の登場人物(blues)→本項ではこちらについて説明する。
  2. テンミリオン』の登場人物→ブルース(テンミリオン)
  3. どうぶつの森』の登場キャラクター(Bruce)→ブルース(どうぶつの森)
  4. アメリカ発祥の音楽ジャンルの一種(blues。1の名前の元ネタ)
  5. 特捜エクシードラフト』の登場キャラクター。→ドラフトブルース/村岡耕作
  6. 鉄拳』の登場人物→ブルース・アーヴィン(Bruce Irvin)
  7. バットマン』(DCコミックス)の登場人物→ブルース・ウェイン
  8. ハルク』(MARVEL)の登場人物→ブルース・バナー



1.の概要

ブルースはロックマンシリーズに登場するキャラクターである。
シリーズ毎に容姿や役割も大きく異なるが、赤を基調としたカラーデザインがなされている。

本家ロックマンシリーズのブルース

DRN.000
日本国外での名はProtoman(プロトマン)。
ライト博士が初めて作った戦闘用人型ロボットの試作型で、ロックマン・ロールちゃんを初めとするライトナンバーズの長兄にあたる(ロックマン達はその事実を知らない)。

完成して間もなく動力炉に欠陥があると判明した為に手術される事になるが、その手術で人格を変えられるのではという思い込みから、手術を前にして行方をくらます。
その後は機能停止直前にワイリーに発見され、動力がライト博士製の太陽エネルギーから原子力エネルギーに改造された(もしこれが本当だとしたら大破もしくはティウンティウンした場合、非常に危険な事態(核爆発的な意味で)になる可能性が高いが、作中ではそういったシーンは見られていない)。
その反動なのかは不明だが、戦闘において短時間しかパワーを発揮できなくなった。

孤独を愛し、自らの信念に基づいて行動する。
ロックマン達の前に姿を表す際には必ず特徴的なリズムの口笛を吹いており、黄色いロングスカーフをなびかせている。
ロックバスターに似た性能を持つ「ブルースバスター」と、試作型故に耐久度が低い弱点を補う為に楕円状の盾「ブルースシールド」を装備している(ブルースシールドは作品によってはロックマンが特殊武器として使用する事もある)。
ちなみにブルースバスターはチャージすると「ブルースストライク」に強化される。
設定上ではバスターに変形したまま通常の腕にはできないが、これは無視されて両腕とも普通の腕になっている画像(公式含む)が多い。

略歴

ロックマン3
初登場作品。
ロックマンの成長を試すために何度か戦いを挑んできた。
また彼が変装したと思われるブレイクマンというロボットも登場する(後述)。
ちなみに発売前のCMで現在とは異なる姿のブルースが登場している(初期デザインなのだろうか?)

1:03に登場。

  • ブレイクマン

ブレイクマン


ドクロボットK-176を全て倒した後に戦える謎のロボット(会えるのはこの時だけ)。
ブルースとの関連性は一切語られていないが、登場の仕方や外見・その後の展開から殆どのプレイヤーはブレイクマン=ブルースと認識している。
資料集のR20・R20+5のオフィシャルコンプリートワークス、またロックマンクラシックスコレクションのミュージアムモードに収録されているブルースのラフデザインや没イラストにブレイクマンが一緒に描かれていたり、ソフト内部にブレイクマンに変化するパターンが没データとして存在することから、設定上でも同一人物であることが伺える。
何故ブルースがわざわざ最後にブレイクマンに変装するのかは不明だが、ファンの間では「ワイリーの洗脳」「ライト博士(及びロックマン)に正体を隠すため」など様々な考察がある上に、メディアによって解釈も違っている。
ブレイクマン時はマスクを付けている関係でドット絵はモノアイに見えるが、設定上はっきりしていない(ギガミックスではモノアイで描かれている)。

ロックマン4
コサックキャッチャー撃破後に登場。ワイリーに誘拐されていた、コサックの娘カリンカを救出する。
その際ワイリーが「うらぎったな ブルースめ!!!」と言うが、言葉の意味の詳細は不明。

ロックマン5
冒頭でいきなりライト博士を誘拐するが、実際に攫ったのは変装したダークマンであり本人が再び悪の道に落ちた訳ではなかった。
ワイリー撃破後の崩壊する基地からロックマンとライト博士を逃がした。

ロックマン7
条件を満たすと再びロックマンの成長を試すべく戦いを挑んでくるが、3よりも攻撃パターンが増えている。
チャージ技のブルースストライクが初登場。

ロックマン8
CV:置鮎龍太郎(※実はラッシュと兼役でもある)
これといった活躍はないが、負傷したデューオを避難させたりデューオからの伝言をロックマンに伝えたりしていた。

パワーファイターズ
操作キャラの一人として登場。
EDにてライト博士と再会し「一緒に暮らそう」と言われるが、本人はそれを断った(この時のライト博士はブルースの動力炉を直そうと思っていたらしい)。

ロックマン&フォルテ
OPステージに登場し、キングの野望を阻止しようとするものの、斧で真っ二つにされてしまう。
終盤ではキングの盾を破壊し借りを返す。
また、フォルテでのエンディングにも登場。キング2世の設計図を破壊し、フォルテにロックマンに勝てないでいる理由を説く。

ロックマン9
ワイリー撃破後にライト博士の姿を模したロボットに騙されそうになっているロックマンの前に現れ、ワイリーの罠だと警告する為に現れる他、エンディングのワンシーンにてギャラクシーマンと共に映っている。
DLCにてナンバリングタイトルでは初めてプレイヤーキャラとなった。
プレイヤーとしての性能は4以降のロックマンと同じで、チャージショット(ブルースストライクかは不明)とスライディングが使える他、ブルースシールドはジャンプ中に構えるようになっている。
従来の設定通り防御力はロックマンより低く、敵から受けるダメージが基本的に大きい。
また彼専用のサポートアイテム「ブルースコイル」「ブルースジェット」が初登場。
ラッシュと性能は変わらないが、前者はバネ付き台座・後者はロックマン2のアイテム2号とそっくり。

ロックマン10
最初からプレイヤーキャラとして使用できる(性能は前作と同じ)。

ロックマン 星に願いを(OVA)
CV:高乃麗
ゲーム『ロックマン5』の中からビートと共にロックマンの窮地を救う為駆け付ける。
ちなみにこのOVAは日本国外向けに制作されたものなので、ロックマンがメガマンと呼ばれているのに合わせてプロトマンと呼ばれている。
何気に声付き作品の中で唯一女性声優が担当している。

ロックマンロックマンのブルース

「だがライト…覚えておけ。俺はアンタを許したわけじゃない」
「ロボットは命令通りに働くからロボットなのか…?では…俺はなんだ?」
「ずっと考えていた…武器を持って生まれた意味って奴を…
まだその答えは見つかっちゃいないが…あんたが与えた力で…この悪党をぶっつぶす!」

すまない


CV:佐々木大輔
原作とは違い、ライト博士の手を離れたさすらいのロボットという設定。
ただしブルース編冒頭のワイリーのセリフやライト博士の反応からして、詳細に差異はあれど大元のバックストーリーや経緯は、原作と比べて大きな差は無いと思われる。
ただライト博士を呼び捨てしており、ワイリー撃破後のEDでもライト博士の研究所には帰らず去っていった。

プレイヤーとしての性能は、他のキャラよりも移動速度とジャンプ力が高めになっている分、本家と同じく防御力は低め。
ノーマルショットはなく、通常弾はフルチャージバスターに相当する『ブルースストライク』が割り当てられている(ただし画面内に一発ずつしか撃てない)。
本家と違い立ち止まっている時にブルースシールドを構えるので敵の攻撃を防げるが、一度防ぐとシールドが弾かれて落ちてしまう(すぐに拾えば再び敵の攻撃を防げる)。

いわゆる隠しキャラであり、出現させるにはチャレンジモードを全問クリアしなければならない(これがかなり難しい)ので非常に厳しい。
救済措置なのか、公式サイトで専用のデータをダウンロードしても使えるようになる。

コピーブルース

ワイリーステージ3のボスラッシュを終えた後に戦うボス。
戦闘開始前の会話デモでは「ジョー以外にもこんなものまで作ってやがったのか」と舌打ちするブルースに対し「あんな奴らと一緒にするなよな…俺はアンタの『完璧』なコピーなんだからな!」と挑発している(ここでいう『完璧』は、恐らくオリジナルのブルースと違い動力炉の欠陥がない意味も含めているかもしれない)。
攻撃時のボイスも「爆ぜろ!」など、ブルースと比べて過激なものになっている。

戦闘時は二回の大ジャンプで壁際まで移動した後、ブルースストライクを三連射してくる(連射できる辺り確実にオリジナルより強化されている)。
ちなみに連射のパターンは上記を含めて三通りあり、床に立ったまま射撃してくるものと、小ジャンプを駆使して微妙によけ辛くしたものがある。
こちらの攻撃をシールドでガードする事もあり、オリジナルとは違って攻撃を受けてもシールドが手元から離れる事はない。

有賀ひとし版のブルース

ブルース


初登場はメガミックスの『戦士の休日』だが、時系列的にはギガミックスの『アステロイド・ブルース』にて初めてロックマンの前に現れている。
ゲームにはない人間形態があり、黒のロングコートにバイザーを付けている(髪型は心なしかロックに似ている)。
原作通りに口笛を吹きながら登場するも戦いには殆ど加勢せず、意味深な言葉を残す事が多い。
戦闘力はプロトタイプとは思えないほど非常に高く、その強さの為にフォルテから一方的にライバル視されているが、基本的には相手にしていない。
シャドーマンとは交流しているようだが、腐れ縁の仲である。
またサポートロボットのタンゴに懐かれているが、どう言った線で交流し合えたのかは不明。

設定的には原作とはほぼ変わらないが、ギガミックスの『アステロイド・ブルース』によればワイリーが修理の際に動力として『ロックマン3』に登場した小惑星αにあった地球外文明の高エネルギー『エネルギー元素』の1つを試験的に組み込んでおり、彼の持つ高い戦闘力と動力炉の異常はこのためだとされている。
しかし『暗黒の月』のアースによるとその動力がスペースルーラーズのエネルギー源と同様のものとなっており、ルーラーズの復活によって動力炉が共鳴を起こしたせいか、具合がかなり悪化している。
最終回の『光る明日へ』ではマースを破壊した後に生死不明となり、残された彼のヘルメットは後にスターマンに回収され、機能停止したタンゴ共々ワイリーによってライト博士の元に送られた。

国外でのブルース

Archie Comic Mega Manのブルース

ライト博士とワイリーに共同開発されたロボットで、軍事目的に開発されたと言う設定を持つ。
実験中に過負荷を起こし修理する事になるが、ワイリーが人格が変わる危険性を伝えた際にライト博士が自分の意見を聞こうとしなかった為、友人に対し「彼の反抗的な人格を消したい」と呟くのを聞いたことで誤解し、失踪してしまう。
数年後自分のエネルギーに限界を感じた事から一旦研究所に戻るも、ロックとロールの誕生を目前にした事で自分の居場所を奪われたと思い絶望。
最後にランファント遺跡で命を絶とうと思った所、そこに身を潜んでいたワイリーに回収されブレイクマンとして復活。
その後ロックマンの表彰式に怒りで乗り込み止めようとしたライトナンバーズを軽々と倒すが、ロールがロックマンを庇って重症を負い、更にラ・ムーンの電磁波により自身とワイリーナンバーズ以外のロボットが機能停止してしまう。
己の行動を後悔したブルースは駆けつけてきたライトに修復プログラムを渡し、復活したロックマン達と手を組んでラ・ムーンを倒しに行く。

国内版と違いロックマンとロールは彼が兄だと知っているが、これは隠している設定がなくロックマンを「兄弟」「弟」と普通に呼んでいる為。
またライト博士は彼を海外名のプロトマンではなく、国内版と同じく『ブルース』と呼んでいる。
だが様々な誤解が原因で今でもライト博士を許すことが出来ず、ロボットと人間が『家族』であると言う関係性を強く否定している。
そのため自身の製作者に感情を一時取り上げられながらもそれを許したオリジナルキャラクターのテンポに興味を持ち、一方的な八つ当たりをしながらも交流を深めている。

ロックマンとソニックのスペシャルコラボコミックでは、二つの世界を支配しようと企むワイリーとエッグマンを阻止する為、ロックマン・ソニックと共に戦った。
意外にも(?)ナックルズとの馬も合ったため、お互いアイテム2号に乗りながらロックマンとソニックを救助しに向かった事もある。

カートゥーン版のブルース

原作とは大幅に設定が異なる。
まずライト博士が作製したのではなく、ワイリーがライト博士から盗んだ設計図によって開発された戦闘用ロボットとして登場している。
そのためロックマンとは実の兄弟ではなくライバルと言う設定になっており、ワイリーの世界征服計画を実行するのに邪魔なロックマンを破壊する事を目的とする。

デザインも原作とは異なり筋肉の付いた青年姿となっていて、更に赤いパンツをはいている
特徴であるブルースシールドと口笛は取り消され、更に動力炉が完全な状態へと変更された(もちろん海外名の意味を完全無視する意味で)
性格も非情で挑発的、更に不良的で破壊好みとフォルテ丸被りで、性格に違わぬ典型的な悪人と言う原作から完全に掛け離れたオリジナル設定になっている。
恐らくこの設定は、タッフが完全に『ロックマン3』以降のシリーズをクリアしていないか、或いは当時海外によくあった『日本国内版設定の理解不足』による物だと思われる(どうしてこうなった)。
しかし事実上ブルースとロックマンはお互い兄弟である事には変わらない様子で、ロックマン自身はいつか彼と和解したいと思っているが、ロールは逆に否定している。

ロックマンエグゼのブルース

CV:松風雅也

熱斗のライバルの一人・伊集院炎山のナビ。
バトルチップを単独で使える仕様のオフィシャルナビで犯罪者達の間でも名が通っており、レベルも違う。
この作品では赤基調のボディは変わらないが、黄色いロングスカーフがなくなり、代わりに銀髪の長い後ろ髪が伸びている。
基本的なモチーフはロックマンシリーズのブルースだが、長い後ろ髪とソード系をメイン武器とする特徴はゼロ(ロックマン)に近い。
視界が効かなくなった時用の「ブラインドモード」がある。
人気な姿だが、何故か「フミコミザン」「イアイフォーム」などのチップの絵のモデルには選ばれなかった。
4.5ではプレイヤーが操作可能なナビとして登場。プレイヤーに対する口調は炎山と話す時と同様に敬語。(エグゼ5で熱斗がオペレートした時は敬語では無かったのだが。まぁ、仕方ない。)彼の為に用意されたBGMはロックマン3のEDのアレンジ。
6では改造カードを使用して炎山に話しかける事でFZ(ファイナルゼロカスタム)となったブルースと戦う事ができる。ただし、名前のモデルになったゼロ自体はロックマンエグゼTMに登場しているため、名前はあくまでファンサービスのような物だろう。
アニメでは作品後半からコミカルなシーンも増えている。
当初は炎山のことを「炎山様」と呼んでいたが、シリーズ中盤でダークチップに操られて以降は呼び捨てするようになる。
やがて炎山とのクロスフュージョンを経て過去の自分と向き合い、無事に元に戻った。

ちなみに鷹岬版では、四刀流の攻撃「ブラッディカルテット」というゲームでは登場しない技やムラマサスタイルにスタイルチェンジできたりした(ゲームではブルースはスタイルチェンジできない)。
また登場初期は原作と同じく冷徹な印象が強かったが、サイトスタイルが暴走して凶暴になったロックマンと激闘を繰り広げた末に正気に戻す事に成功し、笑顔で駆け寄ったかと思えば突然殴りかかって取っ組み合いの喧嘩に発展するなど、話が進むにつれてコミカルな面も増えてくる。

関連イラスト

ロックマンのブルース

ブル兄
夜風


ロックマンエグゼのブルース

ブル壁紙
オフィシャル



関連タグ

ロックマン ロックマンロックマン ロックマンエグゼ
スナイパージョー…ブルースがモデルとなっている
デッドライジング2…『オフ・ザ・レコード』にて彼のコスプレが隠し要素として登場する

pixivに投稿された作品 pixivで「ブルース」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2307036

コメント