ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

タップマンとは、『ロックマン3』及び『ロックマンエグゼ4』に登場するボスキャラである。

英語表記は"top man"。トップマンではないので注意。


プロフィール編集

長所:根回しが良い

短所:お調子者

好き:アイススケート

嫌い:ダンスの下手な奴

弱点とする特殊武器:ハードナックル、タップスピン。


概要(ロックマン)編集

DWN.021

オートバランサーが装備されており、体を高速で回転させて敵の攻撃をはね返す擬似シールド「タップスピン」が特殊武器。しかし目が回ってしまう上に高速で回転し続けると内部メカに負担がかかるのであまり長時間回転できないらしい。

頭からコマを飛ばすことができるので正月には人気者。


この作品から殆どのボスにバスターへの耐性が付いたが、このタップマン(とマグネットマン)はバスターのダメージが2のまま、かつ攻撃パターンも最も単調で、大抵1番手に狩られる運命にある。

弱点はハードナックル


入手できる武器編集

タップスピン編集

シールドシステムを利用した武器。空中でボタンを押すことでロックマン自身が回転し、回転中は体当たり攻撃でダメージを与えられるようになる。

ただし射程距離も効果時間も恐ろしく短い。

「シールド」システムと書いてあるが、タップマンみたいに無敵もないし敵の弾を防ぐこともできず、地上でも使用できない。


攻撃力自体は非常に高く殆どの雑魚敵を一撃で撃破できる。

一撃で倒せる雑魚敵は以下の通り19種類いる。

  • 帰ってきたモンキング HP:8
  • ギョライボウ HP:2
  • コマサブロー HP:6
  • ジャマシイ HP:1
  • ジャンクゴーレム HP:6
  • ダダ HP:1
  • ニューショットマン HP:3
  • パラシュー HP:3
  • ハリ・ハリー HP:6
  • ブブカン HP:4
  • ぺターキー HP:3
  • ペンペン HP:1
  • ポットン HP:1
  • ボムフリャー(ミサイル形態) HP:1+3
  • ボルトン&ナットン HP:1
  • マグフライ HP:1
  • メカッケロ HP:1
  • メットールDX(飛行タイプも可) HP:1
  • ヤンボー HP:3

中でも、モンキングとジャンクゴーレムを一撃で倒せるのはタップスピンだけなのでとても有効。

しかし、ボスや無効な敵など一撃では倒せない敵に仕掛けた場合は、相打ちとなって自分にもダメージを受ける。

発動中は常に攻撃判定が発生しており連続ヒットするため、無敵時間のない敵の場合は瞬時に大ダメージを与えることが可能。


武器エネルギーは回転中に敵と接触した時に初めて消費する。

1回辺りの消費量は1メモリ分だが、敵が「ダメージを受けた直後の無敵時間中」は、前述の連続ヒットの仕様から武器エネルギーが大量に消費されてしまうので注意が必要。


なお、『ロックマンメガワールド』だと攻撃すると弾かれる仕様が撤廃。相打ちダメージを受けることがなくなり、更には弱点になってるボスに攻撃を当てたときは武器エネルギーが消費されなくなるという調整を受けたためかなり使い勝手が良くなっている。


大乱闘スマッシュブラザーズシリーズにおいても、ロックマンのダッシュ攻撃として実装された。こちらは仕様が異なり、地上でのダッシュから横方向へ回転体当たりの竜巻旋風脚に近いものになっている。


タップスピンが有効なボスキャラクター編集

シャドーマン、ドクロボットK-176(クラッシュマンヒートマン)、ガンマ(第2形態)

ニードルマン(ワールド2)

スパークマン(スーパーアドベンチャーロックマン)


関連作品において編集

ロックマンワールド2』では後半のボスの1人として登場する。

弱点含めほぼ原作と変わらない。


スーパーアドベンチャーロックマン』ではボスの1人として登場。「死の曲芸師」という異名で呼ばれる。

CVは田野めぐみ


『ロックマンメガミックス』では、原作ゲームにおけるコマを飛ばす攻撃は登場しない他、回転の際、腕に内蔵されたロケットで加速するというオリジナルの設定がなされている(その設定は「アステロイドブルース」で描写される)、ロボットなのにメガネと言うなどアレンジが加えられている。

「メタルハート」では総動員の際にかっこつけてワイリーに突っ込まれたり、スネークマンと共に車から振り落とされるなどギャグキャラと化しているが、後半でスネークマンとスパークマンと共にロックマン救出に一役買うこととなる。オチではリベンジを望むワイリーに「ホントに懲りない人だ…」と呆れていた。

「史上最強の敵」の宴会シーンではハードマンに眼鏡を取られてあたふたしていた。

「アステロイドブルース」では一番にロックマンの前に現れ、タップスピンでマグネットマンと共闘。タップスピンの直後で目をまわしているからか、台詞に「〜」が付いていることが多い。


概要(ロックマンエグゼ)編集

エグゼタップマンまとめてみた。おまけ付き。

CV:緒方賢一

初登場は『ロックマンエグゼ4』。

頑固なコマ職人、匠転助の操るコマ型ネットナビ。本家とは違い老人であり、煙管で煙草を吸っている。手に持っている杖を紐に変化させ、自らを回し突撃させる。

殆どの攻撃を受け付けない小型のベーゴマを突撃させる「リトルスピナー」、自らがコマとなり敵に突進する「タップスピン」、自らがコマとなり敵を踏みつぶす「グリグリタップ」が必殺技。

初期稿では頭身が高く精悍な姿をしている。


作中での活躍編集

ロックマンエグゼ4編集

デンサンバトル/シティバトルトーナメントの対戦相手の1人、匠転助のナビとして登場。

オペレーターに似て頑固な性格。転助が即席で作ったナビであり、少々間抜けな所がある(突然予選のコガネナナフシ探索を続けようと言い出したり、意味もなく何度も「じょ~い」と言って熱斗と転助の会話に割って入ったりするなど)。

転助の双子の兄が主催するネットバトル同好会のナビとは仲が悪く、特に会長のナビとは犬猿の仲。しかし熱斗がネットバトル同好会の面々に接触することよってパワーアップを果たす。


ちなみに、1周目の決勝戦では必ずタップマンかスパークマンと戦うことになるのだが、周回制が前提となっている本作ではチップの攻撃力不足などの面からどちらも強敵となる。


ロックマンエグゼ(アニメ)編集

第2期で初登場。

ゲームと同じく匠転助のナビとして登場。

同好会のメンバー(ナビにはイゴマン(CV:桐井大介)、ショウギマン(CV:小野大輔)、ゲートボールマン(CV:保村真)、シアツマン(CV:野島裕史)がいる)とは違い、オペレーターともどもネットバトルが嫌いで、バトルチップは面倒でややこしいという理由から決して使いたがらない。

孫のコウスケと仲良くなりたい転助のために、オペレーター・ナビともに努力するが、途中で挫折。

しかし紆余曲折あって、なんとかネットバトル嫌いを克服。最終的にはコウスケのナビに「チップの属性は重要じょい」と自慢げに講義したりしていた。


関連イラスト編集

3b3s
タップさん


関連タグ編集

ロックマン ロックマン3 ロックマンエグゼ コマ メガネ

関連記事

親記事

ロックマン3 ろっくまんすりー

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 543606

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました