ピクシブ百科事典

ロックマンワールド2

ろっくまんわーるどつー

ロックマンワールド2は、カプコンより発売されたGBのアクションゲーム「ロックマンワールド2」に関連する作品に付けられるタグ。ただし、他のロックマンワールドシリーズと共通する「ロックマンワールド」タグを付けられ、このタグを使わない作品も多い。
目次[非表示]

ロックマンワールド2とは、カプコンから発売されたゲームボーイ用のアクションゲームである。

概要

ロックマンワールドシリーズ二作目。
ファミコン版『ロックマン2』及び『ロックマン3』を元に再構成したアレンジ移植作品。

システムは3に近く、ラッシュスライディングE缶がロックマンワールドシリーズ初登場。前作と同様に後半ステージは簡略化されている。

BGMが大半がオリジナル(武器入手時とゲームオーバーのBGMは本家『3』のアレンジ)であり、操作感覚や画面演出にも他のシリーズ作品と異なる部分が多い。
これはロックマンワールドの他作品と違う会社に外注し、その会社がロックマンの事をよくわかっていなかったためらしい。

この作品のみ、ワイリーは撃破後土下座せずに脱出船で逃走し、その後ロックマンに(ワイリーマシンをキャプチャしたミサイルで)撃墜されてドクロ型のキノコ雲と共に炎上。そしてそのままエンディングになり、事実上生死不明になってしまう。
ロボットが人間に危害を加えることを禁じたロボット三原則第一条に明確に反しているおいロボット三原則はどうした
ワイリーの数々の悪行に耐え兼ね彼への直接攻撃を行おうとするも、(前述のロボット三原則で)ワイリーに説得され未遂に終わったロックマン7よりも先に、ロックマンイレギュラー化は始まってしまっていたようだ…。

なお、Dr.ワイリーの最期…とはならず、次作では普通に出ている。なんだこの科学者。

ロックマンシリーズにおいてワイリーが土下座しない作品は珍しく(他だと『10』ぐらい)、ましてやそのまま天誅されてしまうのはこの作品くらいであるため、これも後述する不評の一因なのかもしれない。

登場ボス

ロックマン2

メタルマン
エアーマン
クラッシュマン
ウッドマン

ロックマン3

ニードルマン
マグネットマン
ハードマン
タップマン

オリジナル

クイント

評価

BGMは賛否両論だがメロディラインそのものの評価は概ね好評。
演出の違いなどに違和感がある。難易度は従来のシリーズに比べて低め。
といった理由でシリーズファンからは低く評価される傾向にあり、人によっては黒歴史扱いされることもある。

ただし、特にバグは無く、グラフィックも酷くはなく、難易度もアクションゲームとして簡単すぎるというほどではないため、シリーズファン以外からの評価はそう低くはない。
全体的に難しめなワールドシリーズの中でも、「サクッと遊んでサクッとクリアしたい」時に丁度よく、取っ付きやすい難易度だったりする。

一説には他の作品と下請け会社が違ったからといわれている。

関連タグ

ロックマン
ロックマンワールド ロックマンワールド3 ロックマンワールド4 ロックマンワールド5
未来からの挑戦者:ワールド2の続編という非常に不思議な立ち位置にある作品。

関連記事

親記事

ロックマンワールド ろっくまんわーるど

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ロックマンワールド2」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 17060

コメント