ピクシブ百科事典

ラッシュ(ロックマン)

らっしゅ

ゲーム「ロックマン」シリーズに登場するキャラクター。
目次[非表示]

概要

ロックマン」シリーズに登場するキャラクター。
CV:高乃麗(CDドラマ)、置鮎龍太郎(ロックマン8)、高木渉(ロックマン星に願いを)、木村亜希子(ロックマンエグゼ)、小西克幸(ロックマン11)

ライト博士が作った犬型ロボットで、主人公ロックマンを様々な形でサポートしてくれる。
背中の収納からアイテムを出してくれたり、ロックマンと変形合体したりと多機能だが、本人は改造されるのが嫌いらしい。
登場はロックマン3からで、前作のアイテム1~3号の役割を引き継いだ形となる。
ただのサポートメカであったアイテム1~3号とは違い犬型ロボットとすることでキャラクター性を持たせている。それに加えロックマン相棒としての側面も持つ。
体つきや短い尾からすると元となった犬種はドーベルマンではないかと思われる。(後述)

ロックマンの参戦した「スマブラ3DS/WiiU」にも上必殺ワザ(復帰ワザ)の「ラッシュコイル」として登場。ラッシュの背中のバネを使用してロックマンがジャンプするというもので、ソニックの上必殺ワザ「スプリングジャンプ」と近い。フィールド上で使用した場合、一定時間残り、他のファイターも使用可能な点も一緒である。
なお、ラッシュ自身は一切動けないため、ステージ外で使用した場合、ラッシュは問答無用で奈落の底に突き落とされることになる。まるでどこぞの配管工相棒のようである……。

モンスターハンター4Gでは、オトモアイルー用のコラボ装備に、ラッシュを象った武器「ラッシュハンマー」が登場している。

バリエーション

  • ラッシュコイル - ラッシュの背中から強力なスプリングを出してロックマンが乗った反動で高い所に飛ばす。初期装備として持っている事が多い。5のみ腹部からスプリングを出してロックマンが乗った反動でラッシュごと跳ね上がり、さらにロックマンがジャンプする事で二段ジャンプ形式で高所に飛べる。
  • ラッシュジェット - 乗ると空中を自在に移動できたが、4からは仕様変更され横に自動的に推進し、上下に軌道を変更するタイプになる。また8のみ、長時間飛行が可能となった為か一部のステージでのみ使える。パネルを取ると、メットールのような3WAY弾をショットボタンを押している間、高速で発射する。ラッシュ初登場から6を除いて全て登場している。
  • ラッシュマリン - 水中移動用の潜水艇タイプ。水中でしか使えない汎用性の少なさからか4以降は廃止された。
  • ラッシュスペース - ロックマンワールドシリーズで2から見られるようになった宇宙航行できるタイプ。ほとんどイベントデモ専用であったが、ロックマンワールド5ではシューティングステージでプレイヤー操作ができる。単独で大気圏突入が可能。
  • ジェットアダプター - 6でこの形態でロックマンと合体するとジェットロックマンになる。ブースタージャンプ型でエネルギーが切れると地上に降下して自動でチャージされる。
  • パワーアダプター - 6でこの形態でロックマンと合体するとパワーロックマンになる。チャージすると特殊ブロックを破壊できる。
  • ラッシュサーチ - 地上で使うとランダムでアイテムを発掘するが、たまにロクでもないゴミ等を掘り出す事がある。隠しアイテム・通路を探知すると吠えて知らせて隠しアイテムの場合はその後に掘り出す。ラッシュが敵からダメージを受けると中止する。
  • スーパーロックマン - 7でのラッシュ合体。ジェットとパワーの両方を兼ね備えたような形態。
  • ラッシュバイク - 8の横移動用のバイクであるが、あまり活用する場面がない。
  • ラッシュチャージャー - 空から回復アイテムをばらまく。8ではE缶がない為その代用とも言える。
  • ラッシュボンバー - 上空から爆弾をばらまく。8では超強力な全体攻撃があるため出番は少ないかも。
  • ラッシュクエスチョン - ランダムでアイテムを一個出す。運要素が強い為活用しにくい。低確率でライフ・武器エネルギーを全回復する弥七を出す事がある。


  • 正式名称不明(ラッシュ変形案・未使用) - 3でのバリエーションの原案にあるラッシュの変形形態。ラッシュジェットに似ているが、口からドリルが飛び出ており、胴体にスノーモービルのようなキャタピラがある事からドリルタンクのようなものとした案だったと思われる。ラフイラストはロックマンクラシックスコレクションのミュージアムモードに収録。

ロックマンエグゼ

【アイコン】ロックマンEXE ウイルス


(1番下段の右端)
姿は原典に比べて、耳の垂れた子犬に近くなった。というか原型がない。同じサポートプログラムのビートタンゴも同じサイズだが、原典がラッシュ同様のサポートロボットであるゴスペルだけ異常にデカいラスボスな事には突っ込んではいけない。
ロックマンエグゼ1〜トランスミッションまではウィルスとして登場し、倒すとユカシタというバトルチップが入手出来た。ただし、攻撃するときだけ顔を出し、すぐエスケープで逃走する。
3からはナビカスプログラム『ラッシュサポート』が登場。漸く初代同様ロックマンのサポートキャラに返り咲いた。ちなみにエグゼ2に登場したのはホンキノラッシュ。攻撃こそ普通に通るが10回顔を出してる間に仕留めなければやはり、逃走する。

ウィルスなので初代みたいに潜水艦やバイクに変形しないし、ロックマンと合体はしない。(そもそもロックマンは他のナビの力で姿を変えるので実質ラッシュの力を借りて変身する必要が無い。)

6では扱いがネタ方面に走っており、特定の場所で『ラッシュフード』を使うと、ラッシュが橋になってくれる。一度橋になったら踏まれ続ける。

アニメ版ではウィルスでは無く、光祐一朗が作り出した電脳犬として登場。
第1期24話でメイルに与えられた。
偶然手に入れた力のおかげでディメンショナルエリアで無くとも現実世界に実体化ができるうえに食べ物の匂いまで分かる。さすが犬である。
また作り出した穴から大量のウィルスを召喚したり、ロックマン達を避難させるなどして熱斗達のサポートを行う。しかし、ピンチになると…やっぱり穴を作り出して逃げる。
第3期では特殊なシンクロチップに姿を変え、メイルをCFロールに変身させる。
ちなみに何気に二足歩行できる。

姿が初代とは似ても似つかない理由はロックマンDASH2に出てくる予定だったキャラクターのデザインを流用したかららしい。(もし、ロックマンDASH2に出ていたら姿の似ている猿型のデータとの掛け合いが見られた事だろう。まさしく犬猿の仲の構図になる。)

ロックマンX
当時の「メガアーマー」が20年の時を超えて「GIGA ARMOR」
ロックマンXには登場しなかったラッシュがラッシュヤークトに形状もドーベル型に。
またライドチェイサー『ADU-R381B キャバレリー』に変形する。
ちなみにビートも含まれている。

関連タグ

ロックマン
後のシリーズに登場する仲間たち
エディー ビート

pixivに投稿された作品 pixivで「ラッシュ(ロックマン)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 16169

コメント