ピクシブ百科事典

ロックマン(キャラクター)

ろっくまん

ここでは、株式会社カプコンが販売・メディアミックス展開しているアクションゲーム作品「ロックマン」シリーズの主人公、ロックマン(無印)について説明する。
目次[非表示]

シリーズ全体としての概要は『ロックマン』を参照。

概要

水中ステージへ!
終わりの無い痛みは



200X年、ライト博士に作られた家庭用お手伝い用ロボット。シリアルナンバーはDRN.001
ロックマンシリーズ』の主人公。人とロボットの双方を愛する心優しい性格。身長は132cm、体重は105kg。精神年齢は人間で10歳ほど。
元々は家庭用お手伝いロボットの「ロック」だったが、Dr.ワイリーの世界征服を止めるため、
ライト博士に志願して改造してもらい、戦闘用ロボット「ロックマン」になる。
腕に装備した、「ロックバスター」が武器。
ただし、戦闘用に生まれ変わっても、戦闘以外の活動をしなかったり、家庭用ロボットとしての機能が失われている訳ではなく、平和な日常時は、本来の「ロック」として、ライト博士の手伝いをしながら普通の日常を送っている。
そのため、ライト博士やロールからはロックと呼ばれることがほとんどである。

戦闘用としては間に合わせに等しい形で生まれたロックマンが、ワイリーの野望を幾度も阻止する程の戦果を挙げているのは、決してライト博士の技術が優秀なだけとはいえない。
ロックマンが戦うロボット達があくまでも「任務」等を理由に戦っているのに対し、
ロックマン自身はただの家庭用ロボットの時から持っていた「純粋に平和を望む心」と共に戦っており、この事が「平和」と「戦闘」という二つの概念に矛盾が生じる事無く、限界以上の性能を引き出し続けている所以となっていると言っても過言ではない。
…だが、そんなロックマンも一度だけ丸腰の人間にフルチャージしたロックバスターの銃口を向けた事がある。これが未来でのエックスの電子頭脳への慎重さをライト博士が重視していた原因の一つであるとされる。
この辺りのやり取りはゲーム、漫画、海外でセリフなどが違うのだが、特に海外だと、

「I AM MORE THAN A ROBOT!! DIE WIRY!!」
(訳:俺はロボットを超えた存在だ!!死ね、ワイリー!!)

と、物騒極まりないことを言っている。見るからに殺る気満々である。

他にも2の漫画版で「ロボットなら絶対人間を殺せないはずだぞ!!」と抵抗するワイリーに、
「殺さなくてもおまえを こらしめる方法はいくらでもある」
といって「百年くすぐりの刑」などを提案し、ワイリーを驚愕させている。

皮肉にもロックマンから遥か未来、最後のワイリーナンバーズは悩むことがない故に目の前に「敵」が現れたなら人であろうと叩き切っている上ロックマンの名を冠する存在は最後のワイリーナンバーズとは対照的に人間と同じ思い悩む心を持ちながら、今ある世界を守るために人類を皆殺しにし、システム史上最大のイレギュラーと呼ばれるのであった。

ただし、あくまで本編での話であってクロスオーバー作品では「ロボット三原則」関係なく相手が人間だろうがなんだろうが構わず撃ちまくっている。
ついでに、あろう事かスマブラSPのクリアゲッターでロックマンで実績解除すると「ロックマンがワイリーにクラッシュボムを撃っている」構図が見られる
ワイリーは土下座でかわしているが、もはや外道

一部作品のみの機能として、ロックマン8での「水中を泳ぐ機能」やロックマンワールド5のチャージ型ロケットパンチ「ロックンアーム」がある。

心臓部は太陽エネルギーを利用した「R.S動力炉」であり、どういう理論で変換しているのかは不明だが、太陽光エネルギーをロックバスターの弾丸(ソーラーブリット)にして撃つ事が可能。
胸部から腹部に位置する内部には複数のROMソケットがあり、ここに倒したボスのチップ(EPROMとの事)を装着する事で特殊武器が使えるようになる。(現在でもこの設定かは不明)
また、特殊武器を使う際の姿はその武器に相当する色に変化するぐらいだったが、
11ではロックマンエグゼソウルユニゾンクロスチェンジのように特殊武器の持ち主の意匠を併せ持った姿に変身する。
この現象はボディのコーティング素子がプリズム状になっており、
特殊武器装備時に動力から発生する特殊な波長がそれの屈折率を変えるために起きるもの。

どういう仕組みかは不明だが、ロックから戦闘形態であるロックマンになる場合はロックマンワールド5のプロローグを見る限りでは閃光に包まれて瞬時に変身している。ちなみに『1』のスタッフロールだと帰路の途中でロックマン→ロックに変化する。

『9』、『10』では物語上説明がされていないが、チャージショットやスライディングが使えなくなった事で退化した形になったが、『11』で何事もなかったかのように元に戻った。
そして、初の宿敵であるワイリーが過去に生み出した「ダブルギアシステムの試作型」を装備するというかつて無かった展開がある。

『11』でロックマンの潜在能力には「武器エネルギーを消費する事なく特殊武器を使える」というものがある事が判明。ただし、これは特殊チップを装備しないと発動できない。
ある意味、他作品で客演(特にスマブラ)する際に特殊武器を連発できる事に一つの理由づけが付いたと言える。

名前の由来は「ロック音楽」と「ロックオン(照準)」からとされる。
ヘルメットは脱ぐ事ができ、外したときの髪型は歴代ロックマン恒例のものになっている。
DASHロック・ヴォルナット、岩本マンガ版のエックスバンダナをつけていないときの光熱斗
カラーリングが青なのは、初代当時はゲームの主人公が赤系統のカラーリングが多かった事による差別化を狙ったかららしい。

メットは頭頂部から展開して覆うような形だが、どういう仕組みなのかは不明(2のタイトル画面と4のオープニングデモで確認できる)。
ただし、ロックマン7ではライトットから手渡されて装着している。
頭頂部の物体は太陽エネルギーを効率よく採り入れるための機構になっている。
また、これが無いとロックマンはダメージを受ける量が通常の二倍になる為、防御装甲のひとつでもある。

強化形態はロックマン6ではラッシュと合体して飛行が可能になった『ジェットロックマン』とパワーに特化した『パワーロックマン』、7ではその両方の能力を兼ね備え、かつ、チャージショットが腕を飛ばす「ハイパーロケットバスター」に変化した『スーパーロックマン』が登場した。
「vs.シリーズ」においてはエックスマジンガーを合わせたかのような外見の巨大形態『ハイパーロックマン』が登場している。

なお、『ロックマンゼロ』シリーズで最期が描かれているエックスゼロとは異なり、初代ロックマンはその後どうなったかの言及が全くされていない。

最初は自分の意思で改造を望んだ設定ではなかった!?

上記の通りロックは自ら志願して改造を望み、ライト博士がやむなく戦闘用に改造したのがロックマンというのが現在広まっているロックマンの誕生ストーリーである。
しかし、実はロックマン1のストーリーでは「ライト博士がロックを呼び出し自身の手によって生まれた6体のロボットの心臓部を回収すべくロックマンに改造した。」とある。
ロックマン3の取り扱い説明書にも『1』のストーリーはその様に書かれているのである。
現在のストーリーに変更されたのはロックマン4からで、オープニングデモの前半部においてロックマン誕生の経緯について触れられている。
長いシリーズを重ねれば設定が変更されることも普通にあることなので、深く突っ込むのも野暮というものである。

ロックマンのセリフ

シリーズでゲーム中にロックマンがセリフらしいセリフを言うようになったのは『6』から、
と思われがちだが実はロックマンワールド4が先。
それまではゲーム中には殆どセリフがなかったのである(後述のスマブラ参戦でボイスが無いのはそのせいか?)。

漫画作品

ロックマン(池原しげと)

コミックボンボンで連載された初のコミカライズ化されたロックマン。
初期の頃はアトム顔で有名だったが、2及び6で原作顔に変更された。
正義感は強いものの、口が荒っぽいことでも有名で、容赦なくワイリーナンバーズを破壊する過激な態度が見られる。その一方でナイトマンの仇をとろうとしたケンタウロスマンの事情と正体を知ってしまった後、悲しみのあまり涙を流した程、優しい一面もある。

ロックマン(出月こーじ)

コミックボンボンで池原版が連載終了してから、ロックマン8が発売された翌月に連載が開始。
普段はロックの状態が多いが、事件が起きるとロックマンにチェンジする描写が見られる。上記の比べるとサッカーが得意で、より少年らしが強調されている。作風の関係かコミカルなシーンが目立つ。

ロックマンメガミックス(有賀ヒトシ)

コミックボンボン増刊号で連載。休載後はエンターブレインから新規作品が追加された。
原作同様、ワイリーによって操られた兄弟たちを食い止めるために自ら志願した。
普段は物静かで心優し性格であるが、自らも犠牲にすることも辞さない、芯の強さを持っている。ライト博士同様、ロボットたちを道具にしか認識している周囲に対して、心を痛めている。

ロックマンちゃん

初代ロックマンの幕間を描いた漫画作品。
基本はギャグ漫画ではあるのだが、所々シリアスであり、ライト博士の作るロボットが暴走し、その度に計画の首謀者であるワイリーをロックマンが見逃してしまう事が国連で問題視されていることが語られている。
ワイリーが謝っても許さない機能をプログラムするよう国連に要請されるも、ライト博士はロックマンの強さは「他者を許し、信じる心」にあるという持論からこれを拒否している。

そして、とある回では自身の仲間となる思考するロボットの複数のプロトタイプと対面する。

ロックマンさん

初代ロックマンの後日談を描いた漫画で、ウェポンチェンジ能力を活かして歯科医となっていた。
バージョンアップ可能なお手伝いロボットとして制作された背景からか、自然と髪が伸びる機能がある上に最新型のパーツを組み込んで修理が可能。現在は大人のボディを使用している。
なお、戦闘能力はリミッターで封印されている。
聞き上手な性格でライトナンバーズの悩みを聞いて回っている。

ちなみにこの世界観ではワイリーが起こした事件の影響からか、思考回路の生産や新型ボディへの移設は禁止されているとのこと。また、思考回路がライトナンバーズなどに組み込まれているおかげで感情や味覚が存在しているらしい。

これらの設定はカプコンが公式に監修したものである。

その他シリーズ作品

ロックマンゼロ4

アバンに設計図が登場している。

流星のロックマン

「2」にて、配信限定の特別な『リアルブラザー』として登場。
「ベルセルク・シノビ・ダイナソーの3つのバージョンのうち2つ(ベルセルク&シノビ又はダイナソー)を収録している」という変則パッケージである本作の性質を利用し、
『プレイしているソフトに入っていないバージョン』のプレイヤーとして扱われ、
ゲーム中に登場する『オートブラザー(収録されているバージョンの片方を担当)』と組み合わせることで、最強形態「トライブキング」になれるという、
ぼっちプレイヤーの救世主」と言える存在。

同じ要領で、作中の登場人物「LM(レジェンドマスター)シン」も配信された。

外部出演

大乱闘スマッシュブラザーズ


第4作『大乱闘スマッシュブラザーズ for Nintendo 3DS / Wii U』から参戦。

豊富な飛び道具やワザを持つ射撃型ファイター。相手の戦闘領域外から攻撃を仕掛けるのを得意とする。
ファミコン時代のロックマンをモデルにしており、その再現性は非常に高く、ファンからは「ドット絵でもないのにここまで正確にトレースするとは…」という驚きの声も上がっている。

詳しい解説はロックマン(ファイター)を参照。

スーパーマリオメーカー

マリオの外観が変わるシステム「キャラマリオ」のラインナップの一つとして登場。
穴に落ちると「ティウンティウン」のSEが鳴り、コースクリアすると『2』のステージクリアBGMが流れる。
無論中身がマリオの為、ロックバスターは撃てない。

実は原作のドット絵より小さい(原作そのままではない)。

スーパーロボット大戦X-Ω

2017年12月13日から期間限定で、ロックマン、ブルースフォルテの3人が参戦した。
声優は『8』に準拠している。
公式サイトではロックマン参戦記念としてロックカン サウンドE缶なるものが用意されている。

ドラガリアロスト

2019年11月29日にコラボイベントが開催され、唯一のコラボキャラとして配布された。
スマブラ同様ボイスなどは無い。

当時「銃」の武器種が無かった為「ロッド」扱い。
スマブラでも使用したメタルブレードとリーフシールドを使用するが、
高難易度ボスとしても登場、上記に加え、アトミックファイヤー、バブルリード、クイックブーメラン、クラッシュボム、エアーシューター、更にはなんとタイムストッパーまで使用する。

また、ワイリーもワイリーマシーン2号を引っ提げて登場した。

ロックマンXDiVE

2020年にロールちゃんブルースと共に参戦。
ボイスは最新作『11』における福原綾香氏のものを使用している。

ダッシュをするエックスとは違い、本家同様にスライディングで移動するなどと言ったこだわりの一面がある。

イベント中には強化形態であるスーパーロックマンも参戦している。
更に特殊武器系のロックマン(サンダービーム)も参戦することに。

声優

椎名へきる(OVA〜ロックマン・ザ・パワーバトル
折笠愛ロックマン8スーパーアドベンチャーロックマン
藤野かほるMARVELvsCAPCOMMARVELvsCAPCOM2
小椋美輝ガンスパイク
小林由美子ロックマンロックマン
福原綾香ロックマン11ロックマンXDiVE

余談

pixiv内では、ロックマンシリーズのイラストが数多く投稿されているが、他のロックマンと区別がつくように、無印シリーズのロックマン(ロック)が描かれたイラストを投稿する際は、このタグをつけてもらうと、見分けられる事が出来る。

関連イラスト

ロックマンお絵かき
ロックの日2018



関連タグ

カプコン ロックマン 池原しげと 有賀ヒトシ 岩本佳浩
ロックマンシリーズのキャラクター一覧

表記ゆれ
岩男

関連記事

親記事

ロックマンシリーズのキャラクター一覧 ろっくまんしりーずのきゃらくたーいちらん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ロックマン(キャラクター)」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「ロックマン(キャラクター)」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1926497

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました