ピクシブ百科事典

ラバーマン

らばーまん

ラバーマンとは、ロックマン11に登場する8ボスの一人。
目次[非表示]

「じゃっじゃぁ〜ん、ラバーマン登場!」
「ボクのパンチは痛いよ?」

CV:田村ゆかり(日本語版)、ボニー・ゴードン(英語版)


※ネタバレ注意!


概要

DWN.088。
室内アスレチック「ポインポインパーク」のインストラクターロボット。
1社による単独開発である他の8ボスと違い、彼だけは2社による共同開発によって造られた。開発元はコーゴーゴムとMOMOS ROBOT。
元々は衝撃テスト用に開発されただけあってそのボディは弾力性抜群で、よく跳ね、よく伸びる。
イレブンナンバーズ一の巨体だが、(演じたのが田村ゆかり氏なだけあって)そこからは想像もつかない可愛らしい声をしている。その可愛さとまん丸のボディが子供たちに大人気。
無邪気な楽天家で、楽しく跳ね回っていたいお年頃。たまに楽しくなりすぎて客を跳ね飛ばしてしまう事もあるそうだ。
トランポリンとボクササイズを融合した「ホップボクササイズ」なるエクササイズを編み出しており、それが主婦層には人気が急上昇している模様。

ワイリーによる改造後もその無邪気な性格は相変わらずで、ロックマンとの戦いも彼にとっては遊びらしい。

海外版では名前が「バウンスマン(Bounce Man)」に変更されている。
同作のパイルマン同様、日本名と海外名でここまで変わるのはシリーズで初めてである。
何故名前が異なるのかというと、「ラバー」だとゴムそのものを指す言葉であって「バウンス」だと跳ねっ返るといった意味である為だと思われる。
また、ロックマンがrockに麻薬の意味もあることから海外ではメガマンと呼ばれているのと同様に、rubberにはあの避妊具の意味があるのも変更した理由の一つだろう。

戦闘

ゴム製のボディを活かしてとにかくフィールド内を跳ね回る。たまに動きを止めては伸びる腕でパンチを繰り出してきたり、急降下して押しつぶしてきたり、スピードギアによってボディの弾性を高めつつ猛スピードで跳ねまくったりと忙しい。攻撃を受けてもポインと跳ね返って軌道が変わるので初見では動きが読みづらい。
弱点はパイルドライブだが、ヒットすると体がバラバラになって無数のパーツが跳ね回るという、少し恐ろしいカウンターが返って来るので油断は禁物。

ステージはスプリングマンクラウンマンの両方の要素が有りブンビーヘリやキャノペラなど、ジャンプに対抗してくる敵が多い。

特殊武器「バウンスボール」

Megaman 11 - Bounce Ball


正面と上下の3WAYで3つのボールを発射する。
十字キー入力で斜め上下向に撃ち分け、及び連射が2回まで可能。
反射するので、狭い通路で使うと効果がある。
パワーギアを発動すると背後にも同じ弾を同時に撃ち出す。

特性は前作に登場したリバウンドストライカーに似ているが、武器ゲージを2本使うそれとは異なり、こっちは通常時で1本、パワーギア発動時で2本使う。
そのためバウンスボールはリバウンドストライカーの完全上位互換であると言える。ストライクマン涙目。

余談

開発元の一つであるコーゴーゴムの元ネタは東洋ゴムと思われる。

関連タグ

ロックマン11 ワイリーナンバーズ

関連キャラ
モンキー・D・ルフィ:ゴム系能力の持ち主つながり→強化形態の"ギア4”名が"バウンドマン”と、海外名が酷似している。
ルールー・アムール/キュアアムール:中の人かつロボットかつチーム内席次末番繋がり→ロクキュア
テンテン:中の人且つ回避困難な攻撃を繰り出す繋がり→BORUTOでは、忍具のみならず、カラクリ迄口寄せした(コレもロボット繋がり?)。
美紗:中の人繋がり。天真爛漫・楽天家・無邪気等、性格面で共通点が多い。
ナビィ:中の人且つロボット繋がり。先述の美紗と同様に天真爛漫・楽天家等が共通、こちらは性別も同一。但し、少々(?)毒舌家。

pixivに投稿された作品 pixivで「ラバーマン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 22751

コメント