ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

CV:城雅子


※本家ロックマンにおけるロールについてはロールちゃんの記事を参照。


概要

PETと呼ばれる携帯端末に組み込まれたナビゲーションプログラム(ネットナビ)の一種。モデルになったロールちゃんの黄色い髪の毛の要素を受け継いでおり、本家と比べてロックマンに近いデザインとなっている。


オペレーターは桜井メイル

言い合うこともある熱斗とメイルの関係に対して、普段からロックマンと仲がいい。

ヒーリングが得意で、ロックマンの戦いをサポートする。

戦闘は不得手。ゲーム版ではロックマンを「ロック」(アニメ版ではそのままロックマン)と呼ぶほど親しい関係であり、アニメ版や漫画版ではロックマンに恋をしているという設定である。

特にアニメ版はロックマンとの相思相愛らしき描写が多め。バーチャルアイドル・AKIやメディに嫉妬する描写がある(特にメディとはロックマンと取り合いに発展する事も)。

また、エグゼ6のEDで熱斗とメイルが成人後に結ばれた際、ロックマンとロールも同時に結ばれる事となり、二人の特徴を掛け合わせて作られたナビ「ロックマン.Jr」が登場している。


ゲームでは戦うような描写があるものの、実際に彼女と戦えるのは一部の作品のみ。

殆どの作品のストーリー中で、メイルから彼女のナビチップがプレイヤーに送られるため、

もっぱらナビチップとして活躍する印象が強い。

4では「ロールチャーム」によるウイルスの使役能力や、腕を弓に変形させてチップを破壊する矢を放つ「ロールアロー」(こちらのチップも存在する)という意外な才能を発揮したほか、劇中描写としては初代で「ロールフラッシュ」で足場を作ったり、2で自身のコピーを遠距離から撃破したり、6でコピーロイドを使用して「ロールアロー」で敵を撃破したりも。

ナビチップ「ロール」は、額についたヘアバンドのようなものでロックマンに一番近い敵にダメージを与えながら、ロックマンのHPを回復する「ハートフラッシュ」を使う。使い勝手がよく、3からは3ヒットする攻撃になったので、アタック+などと組み合わせて簡単にダメージを稼ぎつつ回復することが出来る。


アニメ版では無印では自身のチップとコードが同じアクアタワー(バンク有)やサイクロンなどを多用し、N1グランプリ以降は綾小路やいとから貰ったレアチップ、トリプルランスを使用する。

初期は額のバンドで攻撃する「ロールフラッシュ」を基本攻撃としていたが、ハート型の飛び道具を飛ばす「ハートスラッシュ」を身に付けてからはこちらがメインウェポンに。ウイルスを浄化したり、相手に埋め込んで魅了させる事もできるもよう(カラードマンには食べられた事もある)。ちなみにAXESSからはバンクありの技に。

「ロールアロー」をバトルチップとして使っていたが、いつの間にか通常装備になり、額のバンドでの攻撃も「ロールウィップ」に攻撃名が変更された。


一度、WWWの策略により悪魔チップで操られ、子供向け番組とは思えないほどのSM嬢キャラに変貌した。日暮闇太郎のアドバイスで悪魔チップを排出され、元に戻った。

アニメ版のロールは、戦闘能力が不明瞭なゲーム版に比べるとそれなりに高いような描写が多い。

ゲーム版で障害物を目の前に設置できるため相性が悪そうなカラードマンやアイスマンにもN1グランプリで辛勝している。

特にカラードマンはゲームでは終盤のボスであり、ロールはネットバトルの末デリート寸前だったため、原作を知っている人からすると驚く描写だろう。

だが序盤ではファイアマンにも苦戦している。

ただし、上記の通りアニメのカラードマン戦前にはやいとから複数のレアチップをもらっている。

戦闘以外では、学校のセキュリティプログラムを利用して作られた壁の中の情報を頭の物体を差し込んで読み取り、パスワードの入力をする事もできる他、額のバンドによる「リングバイブレーション」で逆波長の音波を出して人間を操っていた超音波を打ち消したりもできる。


ちなみに『4.5』ではレディースデーの時に安く買い物が出来たり、テーマ曲が『バトル&チェイス』の主題歌「風よ伝えて」のアレンジになっているという小ネタがある。

保有するアビリティはシールド、フロートシューズ、ファーストバリアの3つ。


クロスフュージョン

ロックマンエグゼStream』で、ラッシュシンクロチップを使いメイルとロールがクロスフュージョンした姿。

なお変身する時の各ポーズが伊集院炎山のものと同じであるが、初回以降は左腕を正面で構える動作が省略されている。

「クロスフュージョン」の掛け声時のPETがアドバンスドPETのままだったり、背景が白い後光だったりと並んでクロスフュージョンする場面では少し目立ってしまう。(クロスフュージョン時の服がいつもと違う話でのみPETの形状と背景が熱斗と揃う)

息抜きクロスフュージョンロール


ロックマンXDiVE

2021年11月に想い人の最強形態と共に参戦。エグゼ出身キャラの中ではかなり遅れての参戦となった。ボイスはアニメ版のものは権利の問題からか流用されず喋らない。


戦闘中の前傾姿勢を反映してか他のエグゼ出身キャラとは異なりダッシュするモーションが割り当てられている。これができるなら本家フォルテのモーションをダッシュにできなかったのかという声がごく一部のプレーヤさんから上がっていた。なお、シリーズキャラでモーションが異なるのはこれが初で、2例目はXシリーズのアンジュピトールが該当する(あちらはスライディング)。


スキルは「ロールウィップ」や「ロールアロー」といったエグゼ4レッドサンの攻撃方法をさりげなく再現しており、ロールアローのチップ破壊は抗体シールド貫通のくらみ状態という形で再現されている。


肝心の性能は同シリーズ出身のあの赤ピクミンと同等かそれ以上のぶっ壊れという有様である…本当に熱斗くんとロックマンの身の回りはぶっ壊れしかいないのか…?


関連イラスト

バレンタイン・ロール!ロールちゃんロールちゃんロールウーマン.EXE

ロールちゃん3EXEロールハートをくれてやる


関連タグ

ロックマンエグゼ ネットナビ 桜井メイル メイル メイルちゃん

ロックマン 光熱斗 熱斗

ロール ロールちゃん ロール・キャスケット

関連記事

親記事

ネットナビ ねっとなび

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5107252

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました