ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

アッシの概要でマス

CV:うえだゆうじ(ナンバーマンカラードマン役も兼任)

ナンバーマンのオペレーター。レアチップ大好き人間。

「~でマス」が口癖(数学の英語表記「math」とザマスをかけたシャレと思われる)。一人称は「ワタクシ」だったり、「アッシ」だったりする。

不健康そうな痩せ型の長身とぼさぼさの髪と糸目と眼鏡が特徴的。ナビであるナンバーマンと共にシリーズに何度も顔を出しているキャラクター。


名前の由来はカプコンデザイン室所属のイラストレーター『日暮竜二』さんからだと思われる。


シリーズでの出番でマス

初登場は『バトルネットワークロックマンエグゼ

WWWの手先として活動しており、熱斗達の通う学校に臨時教師として潜入。「バトルチップ集めが趣味」とアピールした時、熱斗のクラスからは「危なくない?」、「オタクってかんじ」と、悪い印象を受けていた。(ロックマンは「ホンモノのオタクに あく人はナシ」とフォローしたが…)

赴任の挨拶が終わってしばらくして、未来のWWW構成員にさせる洗脳放送を流すという事件を起こすが、ロックマンと熱斗とのネットバトルに敗北して熱斗から叱咤された末に改心。

その後は熱斗の地元、「秋原町」でバトルチップ専門店の「ヒグレヤ」を経営するようになった。

大園まりこを拘束した時に良心の呵責を覚えており、改心後はまりこに片思いしている描写がある。5ではデートをするまでこぎつけたらしく少なくともゲームでは悪い関係ではない模様。

元々チップマニアであり、WWWに入った理由も「お給料がいい。レアチップもいっぱい買える」と言う理由からであった。熱斗に負けたらスッパリと足を洗いWWWを脱退しても粛清される事もなく、ナンバーマンも「WWWの忠実な僕になれたら幸せ」と語ってるあたり、立場は下っ端の下っ端だった模様。

(一応、終盤にWWWのリンクの解除コードを教えてゆりこ、ワイリーの元一番弟子のおじいさんと共に誘拐されたが拘束されていただけで命に別状はなかった)


2では経営で溜まったお金を元に店を休業してレアチップを求めて世界を旅していた。その為ヒグレヤは休業中。

その途中、アメロッパに来ていた熱斗と出会い、ロックマンと喧嘩別れした熱斗に対して仲直りするよう説得した。仲直りした後はお祝いにチップをくれる。それもあの悪妙高い凶悪コンボの片割れである『フォレストボム1(✳︎)』である。

ちなみに彼のナビである「ナンバーマン」もこの時インターネットで行商を行っていた。


その後3では再び秋原町に戻り、新しい機械を仕入れて「ヒグレヤ」の経営を再開している。なお、プログラムの技術を少し学んだらしいが、かじった程度だったためプレスデータの改造を頼まれたことがあったが難解過ぎて歯が立たなかった。


4でもヒグレヤを経営している。ヒグレヤも儲かっているのか「ナナコさん」というバイトも雇っている(時給は安いらしい)。

謎のチップの相談を熱斗から受けた際にはダークチップの知識を出来るだけ伝えて絶対に使ってはいけないと念押しする。その後はヒグレヤのレジを担当。

ブルームーンではデンサントーナメントで当たる可能性があり、ナンバーマンとはソウルユニゾンも可能になった。その時のイベントはある事情からヒグレヤがタワシ屋に乗っ取られかねない危機に陥りヒグレヤを守る為に熱斗が宣伝に回ると言うもの。イベント最後のヒグレヤを守る為に立ち上がった秋原町の住民達の熱い声援の中ナンバーマンとバトルし、ソウルユニゾンが可能となる。

ちなみに1周目は必ずアクアマン&城戸舟子が相手なので対戦時期は2周目からになる。


5ではチームオブカーネルでチームメンバーとして登場する。ブルース版でも登場し、お手伝いをする事でヒグレヤの物置兼バックヤードをアジトとして提供してくれる。

なおレジはナナコさん任せになっており、たまーにレジ裏に佇んでいるくらいでブルースでは特に話かける事は出来ない。

パストビジョンによると、現在ヒグレヤが建っている土地は店を建てると儲からずに半年で潰れるというジンクスがあったらしい。


6ではチップの仕入れに出かけているので登場せず皆勤を逃したが、EDでは秋原小学校の面々に卒業式に祝電を送っていて、その後はヒグレデパートになるまで大繁盛したらしい。


トランスミッションではワイリーの側近である教授についてメールを送っている。


バトルチップGP』ではヒグレヤ経営をこなしつつ、大会にも参加している。


流星のロックマン2」のダブルスロットイベントで入手できる日記によれば、ヒグレヤは秋原町から別の街に移転し、10階建てのデパートに成長したらしい…マジかよ。


アニメでマス

アニメではWWWに所属しておらず、他人のレアチップの使い道の悪さに苛立ち、賭け試合で奪い取っていた。綾小路やいとが持つレアチップを狙い、単独で学校を襲撃した。その後は原作と同じく、改心して熱斗達の仲間になりヒグレヤを経営している。

また原作以上に金欠気味で、家賃や光熱費を滞納することが多かったり熱斗達に巻き込まれて散財することもあった。

因みに34話ではガウス・マグネッツの起こした事件の影響により世界に一つしかないレア度5のポルターガイスト(プラチナver)(やいと曰く「ビルを2,3件買える程高い」)を手に入れたり、やいとでさえ年に1度しか食べられないらしい超高級チョコレートケーキを熱斗達に振舞う程の羽振りの良い大金持ちになった事もあった(どう考えてもやいとの家のトンデモ財力を以てすれば手に入れるのは訳ないことだろうが…)。

アニメでは城戸舟子の保護者的存在である。また、まりこに説得されて改心したため、ゲーム版以上にまりこに片思いする描写が強くなり、恋敵のマサと張り合っている。

その他、ワンシーンのみで出番が終了したこともあった。

また、N1グランプリでサロマウッドマンに早々に負けてから、バトルチップに対する知識を買われ、緑川ケロと共に解説役として活躍していた。


漫画でマス

鷹岬版では原作同様に秋原小学校を占拠して洗脳放送を流すという事件を起こし、ガッツマンをデリートするが熱斗とロックマンにナンバーマンがデリートされてからはWWWには着いて行けないと脱退し、オフィシャルに協力する。


あさだ版ではナンバーマンが自立行動型ナビになっているため登場しなかったが小学一年生版には登場している。しかしナンバーマンが倒されてからはそのまま退場し改心することはなかった。


関連イラストでマス

『ヤケっぱちネットバトル!』


関連タグでマス

ロックマンエグゼシリーズ ナンバーマン バトルチップ

関連記事

親記事

ロックマンエグゼのキャラクター一覧 ろっくまんえくぜのきゃらくたーいちらん

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 76299

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました