ピクシブ百科事典

バレル大佐

ばれるたいさ

『ロックマンエグゼ』シリーズの登場人物。初登場は『ロックマンエグゼ5』。
目次[非表示]

概要

CV:千葉一伸樫井笙人(老年期)
アメロッパ軍の元軍人でカーネルのオペレーター。軍在籍時には「不死身のバレル」と呼ばれていた。
ゲーム版とアニメ版では設定が多少異なる。
名前の由来はロックマンDASHシリーズの登場人物「バレル・キャスケット」から。

※以下、ネタバレ注意!











作中での活躍

ロックマンエグゼ5 チームオブカーネル

アメロッパ軍の元総司令官。
とある人物の依頼から、復活したネビュラの野望を阻止するため、チームオブカーネルを組織。

ブルース版にも登場しており、闇に陥ったブルースをカーネルを使い、正常な状態に戻した。

  


じつは依頼人とはWWWの首領ワイリーのことである。
父親がワイリーの友人であり、ワイリーが彼に代わりバレルを育てた。つまり、ワイリーの実の息子リーガルとは義理の兄弟にあたる。
ちなみに、カーネルはワイリーがバレルに与えたネットナビである。


ロックマンエグゼ6 電脳獣グレイガ/ファルザー

父親が亡くなった後、育ての親であるワイリー博士に反対できず、電脳獣復活計画を進めるWWWの幹部として熱斗たちの前に立ちふさがる。

戦場で彼の父が亡くなった知らせを聞いたワイリーはバレルからカーネルを取り上げ、優しさのデータを抜き取り現在の冷徹な性格にさせた。そして、この優しさのデータからアイリスが作られたのである。

熱斗の担任の麻波剛とは軍人時代に空手で対戦したことがあり、そのときに友情が芽生え、彼をWWWに招き入れた。

物語終盤で電脳獣に立ち向かう熱斗とロックマンに協力し、二体のうち一体をカーネルとアイリスで打ち取った。しかし、その代償にカーネルとアイリスを失ってしまう。

EDにて、熱斗の卒業式の日には彼にコピーロイドを卒業祝いとして送った。

ロックマンエグゼ(アニメ)

第三期で初登場。
アメロッパ軍の大佐で「不死身のバレル」の異名を持つ。
本編中老衰で死亡するが、その時点では推定年齢50歳だったのに100歳ぐらいの老人の姿であった(その理由は後述)。
青年時代の姿は作中時間から遡って20年前の姿であり、劇場版ではこの姿で熱斗たちと共闘し、ネビュラグレイを倒した。また、ワイリーとは義理の親子ではなく、友人という設定。
最終回付近でパストトンネルを超え、20年前から現在の世界に駆けつけ、カーネルとのクロスフュージョンに成功。

最終回にて異常な老化の理由が明らかになった。人間の可能性を試すデューオとのクロスフュージョンの影響と、気の遠くなるほどの長い時間をかけ宇宙の旅をしたからである。
最後は映像通信で
「忘れるな熱斗君。私は不死身のバレルだ」
と言い残し、通信が途絶えた。

第四期ではビヨンダードの住人として登場。ピンチに陥った熱斗を助けた。
その後、グレイガ軍にカーネルを奪われ、カーネルと敵対することになってしまうが、熱斗たちの協力により無事帰還を果たす。

余談

実はエグゼ4でバレル・キャスケットをモデルにした晴さんというキャラクターを登場させる事が検討されたが、没になった。



関連イラスト

宇宙へ
バレとカネ


10周年ときいて
古い落書き



関連タグ

ロックマンエグゼ カーネル 大佐

pixivに投稿された作品 pixivで「バレル大佐」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 10344

コメント