ピクシブ百科事典

ドクター・オリヒメ

どくたーおりひめ

「ドクター・オリヒメ」とは、「流星のロックマン2」に登場するキャラクターである。
目次[非表示]

概要

CV:折笠愛
流星のロックマン2に登場する科学者。ロックマンシリーズでは珍しい、女性の黒幕。
ムー文明とオーパーツを研究している女性科学者である。
世界的に有名な科学者で、電波研究の第一人者であり著書も何冊も出している。

ゲーム版

エンプティーファントム・ブラックを配下に暗躍する謎の科学者。ソロとは利害一致のため、協力関係にある。
ムー文明の技術を悪用し各地で様々な事件を引き起こしている。
劇中に登場する物質化した電波、「マテリアルウェーブ」はもともと彼女の研究が元となっている。

本名は「オリ」。アマノガワ王国といわれる貧しい国の出身。
非常に優秀な知能を持っていたため科学者として立身していったのだが無能な権力者が戦争を引き起こし、幼馴染で最愛の恋人である「ヒコ」が死亡してしまう。
この経験から、「無能な君主」と「それになんの疑問も持たずに従う愚かな国民」が戦争を引き起こすと考え、
「優秀な能力を持つ人間が世界を支配することが正しい」という考えに至った過去を持つ。

物語終盤、ついにムー大陸を復活させ、「新・ムー帝国」の建国を宣言。
人類の「キズナ」を奪い、支配という名の「キズナ」で、世界中の人間をふるいにかけようとする。
だが、ロックマンがムー大陸の動力源である”電波の神”ラ・ムーに挑む。
ラ・ムーが破壊されてしまったため、計画を変更。ムー大陸を地球に落下させ自爆しようとしたが、ラ・ムーが暴走。
ラ・ムーの攻撃を受けそうになるものの、エンプティーが我が身を盾にして守り、一命を取り留める。
攻撃を庇ったエンプティーは消滅してしまうが、そこである”奇跡”を目にし、ロックマンの言葉もあり改心。
後の再会を約束しながらムー大陸を後にした。後のシリーズには登場していないため、消息は不明である。

アニメ版

ビジライザー同様に電波を見ることができる特殊なコンタクトレンズをつけており、星河スバルロックマンであることやウォーロックの存在も知っていた。
個人の戦闘能力は皆無のようだが、自分の周りにバリアを張る事ができる。
真の目的は、究極の電波生命体ラ・ムーを復活させ、自分の手で新世界の扉を開き、地球の電波環境を飛躍的に向上させることであった。
3つのオーパーツが揃ったことでムー大陸へのゲートが開き、ファントム・ブラックイエティ・ブリザードと共にムー大陸に突入し、3つのオーパーツをセットしてラ・ムーを復活させようとするが、3つのオーパーツを吸収してトライブキングとなったロックマンエンプティを倒され、崩壊するムー大陸の中に姿を消した。
ゲーム版とは違い、純粋な悪役として処理された。アニメ自体が打ち切り故、駆け足気味だったかもしれないが…

関連イラスト

エンプティ……



関連タグ

流星のロックマン 流星のロックマントライブ 流星のロックマン2 ロックマン
科学者 オーパーツ ムー大陸 エンプティー
哀しき悪役(ゲーム版)

関連記事

親記事

流星のロックマン りゅうせいのろっくまん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ドクター・オリヒメ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 242

コメント