ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

CV:大浦冬華

英語版での名前は「Geo Stelar」である。歴代ロックマンシリーズの主人公と比べて少々性格が後ろ向きだが、優しい心の持ち主である。
宇宙ステーションで父親が行方不明になったショックで不登校になっていたがウォーロック達との交流を経て普通に通い続けるようになる。
普段から掛けているゴーグルは父親が持っていた「ビジライザー」というもので、電波を視覚できるようになるもの。

後ろ向き思考も続編では改善されていき、『3』では周りを拒絶するジャックをかつての自分と重ねて気に掛けたり、友を救うためにソロと戦う意志を示すなど、精神的に成長していた。
普段は好戦的なウォーロックに振り回されるが、マニア知識を披露させて逆にタジタジにさせる事がある。

苦手な食べ物はニンジン。(2のイベントより)
不登校でなおかつインドア派ではあるが、何気に身体能力は高く、トラックに追いかけられた際はトラックに追いつかれずに道路を何周も走っていた。

ネタバレになるため詳細は伏せるが、1~3全作品のラスボス戦後において命の危機に遭っているという、200年前のヒーローもびっくりな悪運の持ち主でもある。
ただ、スバル本人は目立つような事に抵抗感がある性格であるため、自分がロックマンである事を知っている人物は限られている。そのため『3』エンディングまではロックマンとしては有名だが、200年前のヒーローと違って星河スバルとしては無名である。

FM星からやってきたウォーロックと出会い、電波変換してロックマンとなる。アニメ版ではウォーロックによればスバルと大吾は特別で精神を操る事ができず、電波生命体と電波変換した際も自分の意識を保つことができる。
名前の由来はおうし座プレアデス星団()から。(ちなみに、スバルの友人にはおうし座のボスキャラに電波変換するキャラがいる。)

人間関係

家族


友人


S.S.ロックマン

流星 Fly High
予測不能な運命(ノイズ)に挑め。


作中では終始「ロックマン」と呼ばれているが、別のゲーム作品で異なるロックマンが同時に登場する際は、区別のために「シューティングスター・ロックマン」または「S.S.ロックマン」と表記される。 詳細はシューティングスター・ロックマンを参照。

余談

彼の家族を演じた声優陣はいずれもロックマンシリーズのOBばかりで、母親のあかねを演じたのはロックマンエグゼロックマンラッシュを演じた木村亜希子女史、父親の大吾役はロックマンエグゼBEASTキラーマンを演じた大西健晴氏、そして相棒のウォーロックロックマンX4エックスロックマンエグゼシャドーマンを演じた伊藤健太郎氏と歴代ロックマンを演じた声優が大半を占める。
なお、ロックマンシリーズには珍しく純粋な人間が変身するロックマンである。(アニメを含めればロックマンエグゼCFロックマンがある。なお、ロックマンZXは身体を機械化した人間が変身する為、純粋な人間が変身するとは言い難い。)

スマブラSPではスピリッツとして登場。ボディは何故かリヒターである。

関連タグ

流星のロックマン 響ミソラ ウォーロック 主人公

似ているキャラクター

関連記事

親記事

流星のロックマン りゅうせいのろっくまん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「星河スバル」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「星河スバル」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2161730

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました