ピクシブ百科事典

ラ・ムー

らむー

複数の意味があるが、pixivでは日本のロックバンドの「ラ・ムー」であることがほとんど。
目次[非表示]

概要

ラ・ムーは日本のロックバンド。
1988年から1989年まで1年半ほど活動した。

当時アイドルであった菊池桃子ボーカルを担当したが、それほど大きな話題にはならず活動期間は短かった。

その他のラ・ムー(pixivでのタグ使用は無い)

  1. 太陽神の化身とされるムー大陸の伝説上の支配者。
  2. 1に由来する「流星のロックマン2」のラスボス。本項で解説。
  3. 1に由来する大黒天物産株式会社が運営するスーパーマーケットの名称。


流星のロックマン2におけるラ・ムー

『流星のロックマン2』に登場するラスボスで、地球が出来た頃から存在していたとされるロックマンエグゼシリーズ流星シリーズ全体で見てもかなりスケールのでかく、エグゼシリーズの根幹設定すら揺るがしかねないボスでもある。(ネット社会よりも先に電波文明が存在していた事になる為。)
『この世に電波を齎した神』と呼ばれており、人々は彼を奉ってムー大陸文明を興したとされる。
その異名に嘘偽りはなく、ドクター・オリヒメによって復活させられると無尽蔵にムーの電波体を作り出して世界中を襲撃して見せた。電波体に対抗策を持たない人々にとっては、この作戦は非常に効果的であり、人々は我が身可愛さに隣人を見捨ててムーの国民になろうとするなどブラザーバンドで回っている社会を崩壊寸前に追い詰めていた。しかし、エランドを召喚して一斉に電波変換されなかった事を考えれば、これでまだ生易しい方である。
(実は流星シリーズのラスボスを探しても世界中のブラザーバンドを崩壊寸前にまで追い詰めた敵はいない。)

ロックマンとの戦闘は体に格納したオーパーツを保護するスターキャリアーを破壊するところから始まる。
このスターキャリアーがある間は本体にダメージが全く行き届かず、破壊後に第二形態に移行する事で初めてダメージが入るようになる。しかしながら、第二形態への移行はオーパーツが見えていない間は全くダメージが入らない上に左右に移動するようになるなど攻撃が当てにくくなる事も意味する上に、ブレイク性能を持つ「マテリアライズ・ドリル」「マテリアライズ・ブレード」(第二形態)、足元に波紋を発生させる「電波の波紋」、完全ガードが難しく、バリアやインビジブルを引き剥がす「ムーのイカヅチ」攻撃も非常に強力な物が揃っている為、闇雲に動いて攻撃しない方が良いだろう。特に第一形態でバトルカードを使いすぎると第二形態戦が苦しくなる。
また、選んだバージョンによって格納しているオーパーツは異なるが、属性は一律で無属性となっている。

関連タグ

ムー大陸 支配者

関連記事

親記事

ロックバンド ろっくばんど

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ラ・ムー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 108

コメント