ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

解説編集

釈迦如来の生まれ変わりを自称する大川隆法(中川隆から改名)が教祖新興宗教団体。

正心法語、法シリーズ、霊言集など膨大な書籍を有し、様々な形でメディア展開を駆使し、現在も数を増やし続け、日本だけでなく世界中に支部を持っている。漫画家さとうふみやも信者の一人で、漫画で布教に協力している。


本尊とする神「エル・カンターレ」など、先行する新宗教「GLA」の影響を強く受け継いでいる。


様々な宗教神話天使聖人、歴史や伝説の偉人有名人たちを世界観に取り込んでおり、彼らを四次元~九次元からなる階層的な霊界のヒエラルキーに組み込んでいる。あと宇宙人


当初、GLA開祖である高橋信次は「七次元菩薩界」の存在としていたが、現在は異端の仙人という扱いを受け、教団内部の元GLAは脱退者が多い。

なお、この件に限らず事有る毎に教義・設定が変る事でも有名で、教祖である大川隆法と仲違いをした関係者は「善神の生まれ変わり」から「悪魔・邪神の化身」にされてしまう事が度々有る。

ひょっとしたら大川隆法氏は、創作者(ラノベ作家など)を目指しながら挫折した人なら心当りが有る場合が少なからず有るであろう「設定考えてる時が一番楽しい」タイプの人だったから、やたらと教義・世界観の設定変更が多発していたのかも知れない。


各書店に大量の書籍を並べさせており、教祖の著書はベストセラーの部類になっている。これは教団内部で検定試験が度々行われており、書籍の購入が事実上必須になっているためであるが、教祖の元妻の大川きょう子によれば広告費が大きすぎてあまり儲けてはいない。


信者のお布施のおかげで教団の財力は尋常ではないレベルであり、教団施設はやたら外装がゴージャス(悪趣味)である。秋山博康がユーチューブで大川氏出身の地域は山や川があり自然豊かだがあそこだけインドみたいな雰囲気で印象深い建物だと述べている。


大川隆法による託宣はイタコ芸としてネット上の一部に妙な定評がある。


政治的主張は右派的であり、疑似科学歴史修正主義的主張にも親和性を見せている。

・・・が、総選挙の公約で事実上の皇室廃絶を盛り込んでしまうなど脇の甘さも垣間見える。


2023年に絶対的なカリスマであった教祖の大川氏が急逝。教団内でも揉めているのか、後継者に関しては現在でも発表されていない。

それが影響したのか教団の信者数が減り続けており、教団の衰退は避けて通れないかもしれない。


参考資料

やや日刊カルト新聞2014年2月5日付記事

政治進出編集

理想的宗教国家の建設を目指して、幸福実現党を立ち上げ選挙に立候補したが……結果はお察しの通りである。

自力での政権確保など可能なレベルまではほど遠いのだが、地味ではあるが政治活動自体は続けている。ただ地方自治体の議会ではそこそこ当選しており、幸福実現党員の数名が活躍している。


なお、あくまで偶然だと思われるが、大川隆法氏や幸福の科学の関係者にヨイショされた政治家や政党は選挙で落選または議席数が減少し、逆に罵られた政治家・政党は選挙で当選または議席増となるケースがやたらと多く有る。

更には、幸福実現党の幹部より「この選挙の後に御帰天(早い話がぬ事)される予定です」と言われた政治家は、その後、5年以上、ピンピンしていた。

なお、これも、あくまで偶然だと信じたいが、大川隆法氏が1980年代後半〜1990年代初頭に「21世紀は日本の時代となる。アメリカは没落し代わりに日本が世界で最も経済的に豊かな国になり、中国と韓国は日本の属国になるだろう」と言った直後に、日本ではバブル崩壊が起き、アメリカでは主にIT関連企業の躍進による好景気が起き、更に続いて中国では経済成長が始まり、韓国は経済危機を乗り切った


アニメ映画製作編集

財力を元にアニメ映画をいくつも作っている。中映画興行成績で1位を取ることもある。


映画には大川隆法の過去世とされる神仏や彼をモデルにしたキャラも登場する。そうしたキャラの声を担当するのは子安武人である(ただし、子安氏は教団信者ではないと公言している。大川曰く、自分の声にそっくりなのだとか)。

子安氏以外のキャスティングもかなり豪華であるが、内容のほうは……

ちゃっかり第85回アカデミー賞長編アニメ賞にエントリーしていたりする(ノミネート落ち)。

子安氏もファンに対して観るのは推奨しない、観るなら自己責任で観てほしいと自虐的なコメントする。


ちなみに通常のアニメ制作における予算は元から格安な上に広告代理店による中抜きの噂などの悪評が絶えないが、教団作品の制作スタッフとキャストにはきちんと相応かつ正当な額のギャランティーが支払われたらしい。

それゆえ声優業界で数少ない相当なギャラが稼げるのは否めないようだ。また映画配給は東映東京テアトル日活等有名企業が担当。


子安氏以外の出演経験がある声優は、逢坂良太瀬戸麻沙美柿原徹也

金元寿子羽多野渉千眼美子梅原裕一郎大原さやか

村瀬歩立花慎之介安元洋貴伊藤美紀浪川大輔

三木眞一郎中村大樹神代知衣掛川裕彦井上喜久子

内海賢二高戸靖広増谷康紀白熊寛嗣銀河万丈

置鮎龍太郎藤原貴弘田丸篤志中野裕新井里美八代拓高橋広樹笠間淳鶴岡聡南原宏治野沢那智堀勝之祐

小島敏彦細井治田中敦子こおろぎさとみ笹岡繁蔵

大本眞基子芦川よしみ景山民夫室園丈裕工藤恵子

磯部弘川津泰彦中西妙子柴田秀勝岸野幸正水原リン松本佳子山本真理永井一郎黒田玲子風間信彦

溝上真紀子進藤尚美吉武範子服巻浩司渡辺武彦疋田由香里青山桐子雪野五月小嶋一成郷里大輔島田敏住友優子真山亜子小山裕香田中大文神谷浩史沼田祐介黒田崇矢小川知子今村直樹中尾良平藤本たかひろ福原耕平水城レナ小松由佳吉原ナツキ陰山真寿美こぶしのぶゆき大友龍三郎若泉絵子坂口哲夫阪脩矢田耕司平井啓二日比愛子松本孝平庄司宇芽香川圧美雪小清水亜美三石琴乃吉野裕行白石涼子千葉繁西村知道冨岡美沙子小松里歌織田優成麻生智久宮崎寛務松原大典宮坂俊蔵松村康平私市淳西川麻美牛田裕子橋詰知久秋田まどか赤羽根健治森岳志藤村歩平川大輔柚木涼香家中宏土田大川島得愛堀内賢雄清川元夢新田英人など


キャスティング協力は青二プロダクション81プロデュースを始め(フリー声優含む)有名な声優事務所によるもはや声優の無駄遣い満載と言うくらい豪華であり、これは後にあの某クソアニメでも類似ネタは起きるがそもそも子安曰く声優陣達は基本仕事を選べない、断われない大人の事情が(と言うのは大塚明夫が語る「声優魂」や関智一の「声優に死す」、岩田光央の「声優道」等の本書に声優業界ならではの特殊な事情があるのでそちらの本に手を取ってご覧になると良い)あるので悪しからず。(もちろん、ほとんどの声優は教団と接点はない。千眼を除いては…。)ちなみに上記以外の声優陣は他の宗教アニメに出演している。


長男の教団からの離脱編集

かつて、教団での理事を務めていた長男は離脱しており現在は自身が立ち上げた映像制作会社の傍ら「宏洋」の名義でYouTuberデビューしている。

その中で一部明かしたものとして、


  • 自分は要職にあったが宗教的な儀式は受けておらず教義は全く信じていなかった。
  • 総裁の意見は絶対であり幹部も同調しなければいけない・教団のやり方が嫌になった。
  • やはりYouTubeで語った一部の暴露により教団から嫌がらせが来た。
  • 大川隆法の息子ではなく、一人の人間として映像作品に携わりたい。

…等を語っている。


余談編集

2010年12月に対戦型宇宙人トレーディングカードゲーム「ワールドゲイナー」を発売。


関連タグ編集

宗教 新興宗教 幸福実現党 カルト スピリチュアリズム

ネット右翼 渡部昇一 下村博文 田母神俊雄

関連記事

親記事

新興宗教 しんこうしゅうきょう

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 27577

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました