ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要編集

1946年に小林一三の片腕で東京宝塚劇場社長、後楽園スタヂアム社長、日活社長を歴任した吉岡重三郎によって設立された東京興業株式会社が前身。

映画館不動産飲食店経営を主な事業とする。

かつてはキャバレーボウリング場も運営していたがボウリングブームの終焉や映画の斜陽化に伴い経営不振に陥り、西洋環境開発の子会社としてセゾングループの傘下に入っていた時期もあった。

経営の要であったホテル、不動産も2007年の世界金融危機に端を発する不況の影響で、2009年から2013年にかけてその多くを手放した。

現在は既存のテアトル系の映画館に、日活、シネカノンから受託した館を加え「テアトルシネマグループ」として運営。いわゆるミニシアター系の映画を中心に配給する。


沿革編集

1946年:東京興行株式会社として設立。テアトル銀座を開館。

1955年:銀座に映画館・テアトル東京を開館。同時に社名を東京テアトル株式会社に変更。

1981年:テアトル東京閉鎖。

1983年:セゾングループに協力を要請し、西武都市開発(後の西洋環境開発)が東京テアトル株式の37%を取得。

1987年:テアトル東京の跡地に銀座テアトルビルが竣工。東京テアトルと東邦生命保険の共同所有となる。

1990年代:セゾングループが東京テアトルの株主筆頭となり、東京テアトルはグループの傘下企業となる。これに伴い、1993年に同グループ内の企業が個別に運営していた映画興行を委託されることとなる。

1999年:大株主だった東邦生命保険が、翌年には西洋環境開発が続けざまに経営破綻。東京テアトルは銀座テアトルビルを購入し、企業として独立した。

2009年:シネリーブル(日活)、およびヒューマントラストシネマ(シネカノン)より映画館運営を受託。

2013年:銀座テアトルビルを売却。


主な配給・製作作品編集

実写編集

修羅雪姫(2001年)

南極料理人(2009年)

パンドラの匣(2009年)

前田建設ファンタジー営業部(2020年)

花束みたいな恋をした(2021年)


アニメ編集

劇場版それいけ!アンパンマンシリーズ1999年~)

劇場版かいけつゾロリシリーズ(2012年~)

百日紅〜Miss HOKUSAI〜(2015年)

映画きかんしゃトーマスシリーズ(2016年~)

この世界の片隅に(2016年)

クラユカバ(2024年予定)


関連タグ編集

邦画 / 日本映画

セゾングループ


外部リンク編集

東京テアトル株式会社

東京テアトル映画部 (@theatres_movie) | Twitter

東京テアトル - Wikipedia

関連記事

親記事

邦画 ほうが

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 352

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました