ピクシブ百科事典

おくりびと

おくりびと

『おくりびと』(Departures)は、2008年に公開された邦画。監督は滝田洋次郎。音楽は久石譲。
目次[非表示]

概要

 本木雅弘が『納棺夫日記』を読んで感銘を受け、作者である青木新門宅に何度も訪問し映画化の許可を得る。しかし脚本には青木の宗教観が反映されておらず、結末も異なったことから「別の映画として作成して欲しい」という意向を受け、『おくりびと』として映画化された。
 チェロ奏者の夢を諦め、手違いから納棺師として働くことになった青年が、世間の差別を受けながら自分の確執と向き合う物語。
 第81回アカデミー賞外国語映画賞、および第32回日本アカデミー賞最優秀作品賞などを受賞した。
 映画のキャッチコピーは『キレイになって、逝ってらっしゃい。』

あらすじ

 チェロ奏者で東京の弦楽器団に勤めていた小林大悟は、楽団の解散により妻の美香とともに山形へ帰郷。再就職先を探していると、「旅のお手伝い」と書かれたNKエージェントという、旅行代理店と思わしき求人広告を見つけ、面接へ向かう。
 しかしそこは納棺(Nou-Kan)という仕事をする会社であった。大悟はなし崩し的にそこで働くことになったが、妻には「冠婚葬祭関係の仕事」としか言えず、結婚式場に就職したと勘違いされる。
 NKエージェントの職員は大悟含めて三人。面接を受け持った社長の佐々木と、大悟の父と同じように、息子を捨ててきたという受付の上村。
 初仕事は夏場、死後二週間経った老婆の腐乱死体の納棺であった。社長のアシスタントとして働きながら、大悟は仕事の厳しさを痛感する。
 同郷の仲間や葬儀の列席者などからあらぬ差別を受けながらも、少しづつこの仕事にやりがいを見出していた大悟だったが、妻に納棺師という職業がバレてしまい・・・?

インターネット上において

 一時期、ふたば☆ちゃんねるなどにおいて、『おくりびと』のタイトルをもじったり、さらには大悟が死化粧を施す画像に別の画像のコラージュを行うブームがあった。公式の静謐な雰囲気も相まって、なんともシュールな画像となっている。
 また、レスリングシリーズにおけるバキュームベッドを用いるSMプレイを、『ダークおくりびと』と呼ぶ。圧縮する作業が納棺に似ているからだとか。

主要キャスト

小林 大悟:本木雅弘(幼少時:井桁雅貴)・・・本作の主人公。納棺師という職業にやりがいを感じていくが、妻の帰郷や友人からの差別、自らを捨てた父との確執に葛藤する。

小林 美香:広末涼子・・・大悟の妻。職業はウェブデザイナー。納棺師という職に嫌悪感を示していたが、あることがきっかけで大悟を受け入れるようになる。

佐々木 生栄:山崎努・・・NKエージェント社長。自らの妻を9年前に無くし、それから納棺師を始めたという。独特な生死観を持つ。愛飲しているタバコはロングピース。

上村 百合子:余貴美子・・・NKエージェントの受付係。佐々木の納棺に魅入られ、一人息子を置いてNKエージェントで働く。

平田 正吉:笹野高史・・・地元の銭湯「鶴の湯」の50年来の常連客。職業は火葬夫。「死は門である」という信念を持つ。

山下:杉本哲太・・・同級生の友人。役所づとめで、母のツヤ子が経営する銭湯をマンションに建て替える計画を進めており、度々揉めている。大悟が納棺師と知り、「もっとマシな仕事さ就けや」と白い目で見る。

山下 ツヤ子:吉行和子・・・山下の母。地元の銭湯「鶴の湯」を経営する。息子と建て替えの件で度々揉めている。

スタッフ

監督 - 滝田洋次郎
脚本 - 小山薫堂
制作 - 中沢敏明 / 渡井敏久
製作総指揮 - 間瀬泰宏
音楽 - 久石譲
撮影 - 浜田毅
編集 - 川島章正
配給 - 松竹

データ

公開 - 2008年9月13日(日本) / 2009年2月27日(台湾) / 2月27日(香港) / 5月29日(アメリカ) / 6月3日(フランス)
上映時間 - 130分
製作国 - 日本
言語 - 日本語
興行収入 - 64.6億円

関連タグ

映画 / 邦画 / 葬儀 / エンバーミング / 映画の一覧
ダークおくりびと

外部リンク

おくりびと - Wikibepia
おくりびと - ニコニコ大百科

pixivに投稿された作品 pixivで「おくりびと」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 237104

コメント