ピクシブ百科事典

百日紅

さるすべり

ミソハギ科サルスベリ属の落葉中高木。もしくはそれをタイトルに用いた杉浦日向子による日本の漫画作品。
目次[非表示]

曖昧さ回避

  1. ミソハギ科サルスベリ属の落葉中高木。ひゃくじつこう。 →サルスベリ
  2. 杉浦日向子による日本の漫画作品。※この項で解説
  3. くすぐりをテーマにした学園ホラーフリーゲーム

漫画『百日紅』

百日紅(さるすべり)は、杉浦日向子による日本の漫画作品。
『漫画サンデー』にて、1983年から1987年まで連載された。
2015年には葛飾応為の方に焦点を当てた『百日紅 ~Miss HOKUSAI~』が原恵一監督、Production I.G制作により長編アニメーション映画化。お栄(CV:)が火事を見に行ったり男娼を一応買おうとしたり、(視覚障害の上体が悪い)と遊んだり、する。なお杏は料理が出てくるNHKドラマ『ごちそうさん』でヒロインを務めており、北斎の声は『孤独のグルメ』の主人公役を演じる松重豊があて、原作者も美味しそうな食品の表現で定評があるが、多分偶然。

葛飾北斎やその周囲の人々の日々を描いた物語。
時代設定としては、「お栄ちゃん」こと葛飾応為が父親である師匠から「アゴ」と呼ばれ(他のお子さんは出てくるけど他所にいて、アゴはパパと同居という設定 なお娘は師匠である御父上を「テツゾー」と本名で呼ぶ)、そのわんこが一匹もふもふしているごみ溜めのようなアトリエへ「池田善次郎」(まだデビュウする前の渓斎英泉)が居候し(という設定はオリジナルらしいのだが)歌川豊国派の筈の歌川国直が出入りしている頃。

 単行本は実業之日本社から全3巻(絶版)、ちくま文庫から上下巻(単行本未収録のやつ収録)が出ている。

関連タグ

 植物 サルスベリ 杉浦日向子

pixivに投稿された作品 pixivで「百日紅」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 42073

コメント