ピクシブ百科事典

千手仏間

せんじゅぶつま

「NARUTO」に登場する忍者。初代火影・二代目火影兄弟の父親(メイン画像右)。
目次[非表示]

概要

CV:奥田啓人

後に木ノ葉隠れの里を開くことになる千手柱間初代火影)と千手扉間(二代目火影)の実父大筒木アシュラの遠い遠い遠い子孫にあたる。
顔立ちはやや柱間に似ており、この頃はまだ額当てが一般的ではなかったためか、常に白い鉢巻を巻いている。身長180cm、体重71kg。

忍びの里が出来る前、「傭兵」として戦場を駆け抜けてきた猛者であり、敵対するうちは一族相手に息子たちと共に戦い続けてきた。

厳格な性格で、三男千手瓦間を亡くした際も泣くそぶりも見せないどころか、「子供が戦い続けるような世界は間違っている」と疑問を呈した柱間に対し容赦なく鉄拳制裁を加えるなど短気な面が見受けられる。
周囲の大人を含め、仏間達はとにかく戦争で勝利する事に躍起になっており、扉間には内心で「バカ」呼ばわりされているなど、あまり尊敬される父親では無かった。

であるうちはマダラと柱間が密かに交流していた事実を知り、うちは一族の情報を引き出すよう命じたが、失敗に終わっている。

なお、は登場していないが、先立たれたのかどうかは不明。

戦闘能力

剣術を得意とする。ではなく忍者のため非常に身軽で、頑丈なの重さも物ともせずに動く。当時のうちは一族当主・うちはタジマと互角に渡り合った。

親戚


関連イラスト

仏間とタジマで現パロ(キャラ崩壊注意)
劇場版HASIRAMA【カラー版】


脇役の為ピンで描かれることはあまりなく、息子やうちは一族とともに描かれることが多い。

関連項目

NARUTO 木ノ葉隠れ 父親

関連記事

親記事

千手一族 せんじゅいちぞく

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「千手仏間」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 127167

コメント