ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要

広義におけるネクロフィリア

広義では、死という概念そのものを欲し愛するという広いニュアンスの意味を持つ。

死体に欲情する性的嗜好を指し、屍姦、死体性愛(屍体性愛、したいせいあい)、死体愛好(屍体愛好、したいあいこう)とも呼ばれる。

この場合、死の形態(※1)は様々である。


※1:一例

死んだ生き物

死ぬ瞬間を見ること

死について語ること

生を持たない無機的なものを好むこと

生物を生の無い物として捉えたいという感情

etc...


狭義におけるネクロフィリア

一般には、死体に性的な感情を持ち、性交を行う死姦と同義とされることが多いが、これは狭義であり、語の使用例の一つに過ぎない。また、性交を行わずとも、死体を眺める、死体を収集する、死体と暮らすといった行為も含まれる。これを広義に当てはめるならば、元は生きていた死体のみならず、人形のように元から生を持たないものでも良く、さらには自らが抱いた死に関するイメージであっても良い。


死姦としてのネクロフィリア

死姦の項を参照されたい。


ネクロフィリアと見られるキャラクター

センシティブな作品


センシティブな作品


古きユアンシェン



虚乳の守護者


ジュリオ(※微血)


観察



いただきます



監視者


ジゼル・ジュエル


※他にございましたら追加の方をお願いします。


関連タグ

フィリア 死姦 屍姦 

異常性癖/性的倒錯 タナトフィリア

関連記事

親記事

死姦 しかん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4992536

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました