ピクシブ百科事典

沖神

おきかぐ

『銀魂』に登場する沖田総悟と神楽のノーマルカップリング。
目次[非表示]

概要

銀魂』に登場する真選組一番隊隊長・沖田総悟と、万事屋で働くヒロイン神楽ノーマルカップリング

NLでありながら商業アンソロジー(非公式)が多数発売されるほどに同士の間で人気があり、pixivにおけるNLカップリング及び銀魂関連のカップリングにおいて投稿数1位を誇る。
「おっかぐ」と読まれることや、「沖楽(おきらく)」などの表記揺れもある。

男女でありながらライバルでもあるため、二次創作においては「嫌よ嫌よも好きのうち」「喧嘩するほど仲がいい」いわゆる“ケンカップル”として描かれる事も多い。年齢差は4歳差。

作中での二人の関係

原作においては第17訓で対決してから顔をあわせれば殴り合いに発展するほどの仲の悪さ、いわゆる犬猿の仲であり、どちらも互いを恋愛対象として好きである描写はない。ただし、喧嘩ばかりしているのかというとそうでもなく、互いのことを認め理解している様子や、息の合った場面を見せることもある。

柳生篇では二人で協力して敵を倒すなどの面も見ることが出来る他、六角編では幾度の喧嘩により互いの強さを理解した上での信頼関係も覗かせている。
また、名指しで嫌味を言ってくる沖田に対して「あいつ(沖田)絶対私のこと好きアルよ うぜー」と神楽が言っていたり(原作コミック6巻第27訓)、2年後編ではバカイザーが身を挺して神楽さんを土方から庇い、その後神楽さんがバカイザーを膝枕していたり(37巻第326訓)、「嫁のもらい手がなくなりそ」とぼやく神楽に沖田がだったら俺がもらってやろーかプロポーズまがいのことを言っていたり(死神篇)、神楽の仮病を沖田が最初に見抜いた上、そよ姫をうまく丸め込んで国葬を仕組みながらも、「俺と決着つけるまで 死んだりなんか…しやせんよ」と言っていたり(52巻第457訓~459訓)…と、ファン歓喜のエピソードも多々ある。

さらば真選組篇では真選組解体とともに人斬りを名乗り、刀を持ったまま街を徘徊する沖田を神楽が止めて励ましたり、のちに神楽のピンチを沖田が助けていたり、別れ際に喧嘩したり…と、この2人ならではの絆を感じさせられる場面も多い。

銀ノ魂篇(2年後ネタバレ)

674訓(ちょっとした感想)


最終決戦から2年後、新八の元に宇宙へと旅立っていった神楽の娘を自称する神流が現れる。自身は神楽の分身のような存在であり父親はいないと語る神流と、そんな彼女の存在に衝撃を受ける新八の前に、今度はマフィアとなった沖田が現れる。
神流が神楽の分身であると訊き、手合わせを挑む沖田だったが、戦いの最中ふと「神楽が地球へと帰還しており、どこかからこの様子を窺っているはずだ」と言いだす。
その発言に若干の戸惑いを見せる神流の前で沖田が新八に対しナイフを向けた瞬間、沖田は神流によって蹴り飛ばされる。その際粉塵の中から現れた神流は不自然に足だけ長くなっており、続く交戦の中で露わとなった彼女の姿は幼女ではなくなっていた。そんな神流の姿に沖田は、神楽の娘など最初からおらず神流こそが神楽であると言い放つ。
神流の正体や、地球の仲間に対し顔を合わせづらいとの神楽の気持ちを見抜いた沖田は、そんな彼女の帰還を「おかえり」と迎えている。

関連イラスト

おきかぐ
さらば×××


月が綺麗な夜に
沖神つめこみ2


3年Z組銀八先生

やっちまた
ぽかぽか


2年後ショック

二年後もこんな相変わらずの喧嘩ップルだと思っていた。
ガラ空きだぜ


万事屋よ永遠なれ

冲神
劇場版


神沖性別逆転篇

JK夫妇
沖神



関連タグ・項目

銀魂 沖田総悟 神楽
沖楽 / 沖田×神楽 5年後沖神 神沖 DOM(銀魂)
NL 銀ノマ 神楽受け ケンカップル
これはいい沖神 これだから沖神は 沖神ファミリー 沖田ホイホイ
OkiKagu (※) 冲神 오키카구
※英字は完全一致だと大文字と小文字が区別されてしまうため部分一致検索を推奨。

他言語記事

OkiKagu

外部リンク

沖神wiki

関連記事

親記事

銀ノマ ぎんのま

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「沖神」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 230434318

コメント