ピクシブ百科事典

蛇の呼吸

へびのこきゅう

漫画『鬼滅の刃』に登場する能力・技術である『全集中の呼吸』の流派の一つ。
目次[非表示]

概要

鬼殺隊が、人食い鬼と戦うために編み出した、一度に大量の酸素を血中に取り込むことで瞬間的に身体能力を大幅に上昇させ、鬼と互角以上の剣戟を繰り出す“全集中の呼吸”の一つ。呼吸は師である育手もしくは剣士自身の我流により、様々な種類が存在する。

蛇の呼吸は水の呼吸から派生した流派の1つであり、蛇柱である伊黒小芭内が使用する。
特徴的なのは使用する日輪刀の形状。通常の日輪刀とは異なり、フランベルジュを思わせるうねった刃を持つ特殊な日輪刀を用いる。
蛇の名に違わずその斬撃は有り得ない程曲がる。単に曲がるだけでなく正確性も非常に高く、狭い木材の間を巧みにすり抜けて攻撃するなど変幻自在。
また、現状作中で登場している中では唯一の使い手である伊黒は首に這わせている白蛇(鏑丸)と意思疎通し、例え目が見えなくてもある程度の行動を可能にするなど、臨機応変な対応を可能としているため、他の蛇の呼吸の使用者も同じように蛇と意思疎通している可能性がある。
対応する日輪刀の色は紫色

剣技一覧

  • 壱の型 委蛇斬り(いだぎり)

間合いを詰め、横薙ぎに日輪刀を振るう。委蛇とはくねくねと曲がりくねっている様を表す。

  • 弐ノ型 狭頭の毒牙(きょうずのどくが)
敵の死角から蛇のようにうねる斬撃を放つ。

  • 参ノ型 塒締め(とぐろじめ)
塒を巻いて敵を締め付けるかのように、相手を取り囲むようにして斬撃を浴びせる。

  • 肆ノ型 頸蛇双生(けいじゃそうせい)
二つ首の蛇が相手に噛み付くように、敵を挟み込むようにして斬撃を食らわせる。

  • 伍ノ型 蜿蜿長蛇(えんえんちょうだ)
蛇行しながら広範囲の敵をすれ違いざまに斬りつける。蜿蜿長蛇とはうねうねと長く続いているものを指す四字熟語。

使い手


派生元

水の呼吸


関連タグ

鬼滅の刃 鬼殺隊
全集中の呼吸 日輪刀

関連記事

親記事

水の呼吸 みずのこきゅう

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「蛇の呼吸」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 8742

コメント