ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

ルシフェル(グラブル)

るしふぇる

「グランブルーファンタジー」に登場する原初の星晶獣であり、「天司」と呼ばれる一群を指揮する天司長。空の特質である「進化」を司る。
目次 [非表示]

旧フレーバーテキスト

正義と永遠を司る大いなる者の足元に傅くは、六つの翼を有する誉れ高き栄光の戦士。

傑出した力は全ての命に平穏を与えるために振われる。

闇に蝕まれ、助けを求める民に手を差し伸ばし、正義を執行する。


現フレーバーテキスト

原初の星晶獣群である天司を指揮する天司長。

とある星の民の研究者が空の世界の特質である「進化」に興味を持ち、その管理を司ることを目的とし造り出された。

星の民をして最高傑作と言わしめた圧倒的な力は、空の世界に生きる人々を守り、支えるためだけに振るわれる。

そんな絶大なる力に似合わぬ優しき双眸は、今日も蒼き空のどこかから、人々の変遷を見守っているだろう。


概要

レジェンドガチャで入手可能な光属性SSR召喚石。分類は「プロヴィデンスシリーズ」。

特殊な召喚石ゆえ、特別な事情を除いて天井が不可能。


神撃のバハムートのルシフェルと容姿・声優を同一とするが、これはスターシステムによる採用であり、設定はグラブル独自のものとなっている。なので本家のルシフェルとは全くの別人であり関連性は一切無い


2023年3月22日にはアップデートによって限界超越が可能になった。なお、限界超越が可能になった召喚石はバハムートに続いて2例目。


召喚石

光ある生のため、この力を揮おう!

容赦はしない。パラダイスロスト!


召喚

パラダイス・ロスト
☆☆☆~★★★敵全体に光属性ダメージ(特大)味方全体の攻撃20%UP
★★★★敵全体に光属性ダメージ(特大)味方全体の攻撃30%UP/味方全体のHP回復
★★★★★敵全体に光属性ダメージ(特大)味方全体の攻撃30%UP/味方全体のHP回復/活性効果

加護

☆☆☆~★★☆光属性攻撃力が100%UP
★★★光属性攻撃力が120%UP
★★★★光属性攻撃力が130%UP
★★★★★光属性攻撃力が150%UP

限界超越

限界超越後召喚効果の活性が純白の翼付与に変化する。召喚時ダメージ計算が光属性から自属性10倍になる。
レベル210加護効果が全属性に変更。全属性攻撃力150%UPになる。
レベル220サブ加護効果「回復性能10%UP」が追加
レベル230召喚時ダメージが強化。加護効果に「敵が特殊技使用時、弱体効果1つ回復/純白の翼効果」を追加。
レベル240サブ加護の性能強化
レベル250メイン加護に「最大HP50%アップ」追加、召喚時ダメージ強化、召喚効果にディスペルガードを追加、サブ加護の性能強化

限界超越をする事により、サブ加護(Lv220時)が追加されバハムートと同様に全属性対象の攻撃力アップにメイン加護が強化。限界超越を進めることで回復性能、耐久面が大幅に強化されていく。特に高難易度や古戦場HELLなどでのメイン召喚石、サブ召喚石として非常に強力。

エピソードも用意されており、限界超越時/Lv230/Lv250の合計3つ。またLv200/Lv210/Lv250でマイページ設定が可能。マイページボイスもそれぞれ異なる。


必要なトレジャーがバハムートと同様に刻の流砂が必要となり、最大まで上げるには刻の流砂以外に金剛晶も必要となるのもバハムートと一緒。刻の流砂の入手難易度が非常に高いことを踏まえると、余程の事がない限りは限界超越のみで様子を見て、そこから入手トレジャーと相談して限界超越レベルを上げていくのが理想だろうか。






人物像

「空の行方を、委ねよう」

CV.櫻井孝宏


容姿は「神撃のバハムート」に登場する"熾天使時代のルシフェル"を基にしている。


暁色の六枚羽を背負い、「天司」と呼ばれる一群を指揮し、導く「天司長」


星の民ルシファーが空の世界の特質である「進化」に興味を持ち、「進化」を管理し司る者として造られた原初の星晶獣。「未熟ながらも進化を重ねる世界」である空の世界と、その空の世界の人々の変遷を様々な形で支え見守ってきた。天司達は皆基本、ルシフェルの司る「進化」の補佐のためにルシファーによって造られた。

創造主であり"友"でもある星の研究者ルシファー自らが「最高傑作」と称え、他者からの評価も「完璧」であり圧倒的な美しさを持つ。


空の世界を愛しており、何千年もの間空の世界の動向を見守り、彼の持つ圧倒的な力は空の世界のためだけに振るわれる。

(ルシオ曰く空の民はルシフェルの庇護によりなんとか絶滅せずにいたという)




人間関係

「天司長」という立場、そして圧倒的な力と美しさを持つ故かありとあらゆる人物たちから様々な感情を寄せられている。


主人公こと特異点はルシフェルが司る「進化」において重要な人物であり、観測していた。ルシフェル亡き後は空の世界とサンダルフォンを託している。

創造主であり"友"でもある星の研究者ルシファーからは「最高傑作」と称えられているが、無意識下で預言者の写身故の不完全を補完するため、ルシフェルを半身としてあてがい完全性の心地を得ていた。

同時期に造られたベリアルからは「公明正大、無私無欲で退屈な奴」だと評価し、心酔するルシファーから贔屓されているせいかあまりよく思われていない。

バブさんことベルゼバブからは圧倒的な力と美しさを持つルシフェルと、それを再現した圧倒的な「知」の力を持つルシファーに嫉妬していた。

部下である四大天司はルシフェルに絶対の忠誠を誓っている。

同じく部下であり、神秘追跡のためルシファーと共同で造ったラジエルはルシフェルを敬愛している。

原初獣であるコスモスは、共に行動したのはコスモスの写身とはいえ覇空戦争後の星晶獣たちを共に導いた。

同じく原初獣のメイガスからは、あまりよく思われていない模様。


その中でも特にサンダルフォンとの関係性は、シナリオイベント「どうして空は蒼いのか」シリーズで中心となっており深い関わりを持つ。

サンダルフォンは星の民ルシファーの指示により、特に役割を知らされないままルシフェルが造った天司。その真の役割はルシフェルのスペアだった。

だがサンダルフォン自身、(紆余曲折あったものの)ルシフェルのことを心から慕っており、ルシフェル亡き後は彼の意思を受け継ぎ現天司長となりルシフェルの愛する空の世界を守っている。

研究所の中庭で珈琲を共にしたり、彼の前では不器用になったりとサンダルフォンの存在は他とは違うようだ。


ルシオとは同じキャラクターを基にしているため、(仮初の姿なものの)非常に容姿が酷似しているが、似て非なる存在であり、ルシオ、ルシフェル、そしてルシファーは3人共別個体のキャラである。



シナリオイベント

どうして空は蒼いのか

シナリオイベント『どうして空は蒼いのか』にて初登場。


メインストーリーにて、主人公とルリアが出会った際、ルリアのザンクティンゼルでの召喚によって発生した大いなる咆哮で、「パンデモニウム」の封印が緩み、その隙に「パンデモニウム」から脱出したサンダルフォンが、四大天司の羽を奪い、島を落とし人々を混乱や恐怖に陥れる「災厄」を引き起こした。

サンダルフォンは、ルシファーの指示によりルシフェルが造り、直属の麾下でもあった天司であり、二千年前に星の民に反旗を翻した叛乱に参加したため、パンデモニウムに収監されていた。

サンダルフォンは主人公を空の底に突き落とし、主人公を助けるためにルリアとビィが大いなる咆哮を再度発生させることを利用して、パンデモニウムを解放して世界を破壊しようと目論んでいた。しかし、ルシフェルが事前にその目論見を察知し、パンデモニウムの封印の要を抑えていたため、パンデモニウムの解放には至らなかった。

また、ルシフェルは主人公落下時に主人公を「特異点」と呼んで、行く先の覚悟を聞き、それに納得したのか主人公を救った。(これは後のルシフェルが主人公に課す試練の時に答え合わせされる。)

災厄を起こしたサンダルフォンの真意は、ルシフェルへの自身の存在証明と嫉妬や愛憎だった。ルシフェルは役割が無ければ上下関係もないサンダルフォンの無垢な言葉が安寧だったということ、サンダルフォンの劣等感に甘んじていたことを謝罪した。しかし、サンダルフォンはルシフェルの言葉を聞き入れなかったために、ルシフェルは共に罰を受けようと、彼を自身のコアに眠らせ、全空を揺るがした「災厄」は幕を閉じる。


ルシフェルはこの世界の神大いなる存在と少なからず関係があるのか、イベントクリア後エピソード「竜の試練」にて、代理人として特異点である主人公に竜の試練、プロトバハムートを課す。

この試練をクリアすると好きなバハムートウェポンと交換できるゲーム内アイテム「バハムートの鉤爪」が入手できる。

クリア後のエピソードで、「仲間と高め合い、庇い合い、個では到達できぬ力と覚悟に至る」人間と空の世界の進化が此処まで至ったことにルシフェルは感嘆する。そして、それはルシファーと同様に世界の行く末を予測しているルシフェルにとって数千年の悲願であったことがうかがえる。それをいつかきちんと説明しようと主人公に語るが、その約束はルシフェルの退場によって果たされなかった。

ルシフェルは自身の白い羽根を主人公に授ける(後にルリアの手に渡る)。この白い羽根が後に『000』で重要な役割を果たす。

また、最後に"友"であるルシファーとの因縁をほのめかしていた。




『失楽園』どうして空は蒼いのかPart.II

舞台はサンダルフォンが起こした「災厄」からしばらく時間が流れ、壊滅状態であった街の復興が進み、復興祭が行われていたある日のこと。到達不可区域のカナンの神殿にて、ルシフェルはサンダルフォンの眠る繭に語りかけていた。「災厄」をきっかけに、ルシフェルは自身の役割に終わりが近づいていると認識し、空の民らの可能性を信じて、空の今後の行く末を自然のなりゆきに委ねること、天司長"最後の務め"を終えたら天司の役割を還元することを宣言する。

天司の役割が還元され自身も役割がなくサンダルフォンと同じ立場になることなど、ちょっとした先の未来を考えていた矢先、「何者」かの凶刃を受け、斃れてしまう。

これを機に空の世界に再び災厄が襲いかからんとし、天司の因縁もまた訪れることになる。


指教の天司であるハールート・マールートに天司長ルシフェルに危機が及んだこと、そして彼がいる「到達不可区域のカナン」に向かってほしいと頼まれ、主人公達はカナンへ向かう事になる。

各々が最善を尽くし力を合わせ強化されたグランサイファーに乗り「天国の門」を突き進むがその道中、天国の門により生じた歪んだ時空には主人公達に様々な過去の幻影を見せた。

その内容はルシフェルとルシファーの対峙、ルシフェルが自身の造物主であり友であるルシファーを断罪し、両者が袂を分かつ瞬間だった。ルシファーが世界を滅ぼす程の実験体を造り、ルシフェルはそれを阻止しようとしていたことを主人公達は知ることになる。

その後、ベリアルによる妨害があったものの、主人公、ルリア、ビィがナイトサイファーに乗りカナンの地に辿り着く事に成功する。


カナンの神殿にて、羽と首から下を切断され五感も失い、残骸となったルシフェルは、「カナンに辿り着いた誰か」にサンダルフォン宛へと伝言を託すことにする。

幸いにもその「カナンに辿り着いた者」は、サンダルフォン本人だった。

サンダルフォンはカナンに辿り着き繭の世界に迷い込んだ主人公達と再び相見え、ルリアの叱咤により心情の変化が訪れ繭の世界から脱出し、ひとりルシフェルの気配を辿り神殿の先を進む。するとそこにはルシフェルの残骸があった。

サンダルフォンは無意識にルシフェルの残骸である首を抱きしめ、ルシフェルと対話ならぬ対話を重ねた。伝言にはサンダルフォンに天司長の座と力を継承するということと自分達は「災厄」の罰を受けなければならないこと、そして天司長"最後の務め"である「ルシファーの遺産」を破壊してほしいという内容と、全てが終わった暁には役割は自分で決めると良いということ、あるいは天司の役割を還元しただの命として生きていくことも良いだろうということを伝え、そこで伝言は終わってしまう。

サンダルフォンは今際になっても世界のことばかりを案じるルシフェルに激昂するが、その直後に誰宛でもないルシフェルの独白が流れた。


「どうして......どうして空は蒼いのか......」


人は原理を教えても幾千年も問い続けることに、ルシフェルは「問い」は「願い」なのだという結論に至る。そんな彼の「問い」で「願い」は......


「私の問い......は......もう一度あの中庭で......君と珈琲を......」


とても小さな、ささやかな「願い」だった。


後に続く台詞が「......」なのだが、ボイスで聞くと「サンダルフォン」と言っている事がわかる。

その最後の最後にルシフェルが発した言葉は、サンダルフォンの心の根底を揺さぶり、覆した。そして罪を背負い約束を果たすため、サンダルフォンは天司長の力と意思を継承したのだった。


イベントクリア後に加入するサンダルフォンのフェイトエピソード内では、ルシフェルの発した最後の言葉にあるように、彼らの珈琲にまつわるエピソードが見れる。始原の珈琲の木はかつてルシフェルが空の世界にもたらしたものだったということなど、空の世界における珈琲の起源にルシフェルがいる事が窺える。

また、サンダルフォンはルシフェルがきっかけで珈琲が好きになった事がわかる。



『失楽園』の後日談エピソードであるマルチバトル・アバター解放クエスト『楽園追放』にて、主人公とビィはサンダルフォンが毎晩のように繰り返し見る悪夢を覗き見ていた。そこから場面が一転して、ルシフェルの記憶の断片を覗き見ることに。ルシファーの研究成果である「ルシファーの遺産」を「純粋な絶対悪」「悲しすぎる」と評し、空の世界のためにとルシフェルが封印していたことがわかる。

その後ルシフェルは主人公の脳内に直接語りかけ、空の世界とサンダルフォンを託した。



『000』どうして空は蒼いのかPart.III

物語オープニングにて、サンダルフォンの夢を通してルシフェルの記憶の断片を見る事ができる。その記憶の断片から、彼がサンダルフォンの叛乱軍への参加の理由もわからない事について、他者からの「完璧」という評価を否定していたり、天司長として様々な重責を背負い、苦悩していたことがわかった。

叛乱の際にサンダルフォンが「空の民も星の民もお前の大切な物を壊してやる、ルシフェルー」と叫んでいるところを見てしまい、「サンダルフォンが中庭で何を考えていたか」とルシフェルが苦悩するシーンがある。これが後のエンディングの伏線になる。

また、当時の天司の組織関連もここで明らかになる。


物語中盤では、ベリアルの言及によって、ルシフェルが人知れず一人で空の世界を守り抜いていた事、「災厄」が起き、サンダルフォンをコアに眠らせるまでの約二千年間、彼にずっと隙が無かったこと、そして、ルシフェルがベルゼバブから襲われた時に、繭を守るためにベルゼバブに一矢報えなかったことが分かった。(その為、襲われた時は繭のそばにいたが、残骸はかなり離れた場所にあった)


そして、ベリアルがルシフェルの肉体とルシファーの首を縫い合わせ、新たな身体を得たルシファーがついに目覚め、二千年の時を超え、ルシファーが復活する。


物語の後半には、復活したルシファーが神の塔エテメンアンキへ向かい、そこでルシオと対峙する。元々ルシフェルは星の民の研究者であるルシファーが空の特質である進化に興味を持ち、それを管理し司るために造られたが、ルシファーとルシオの会話にて、預言者(=ルシオ)の写身(=ルシファー)である己の本能的欠乏感、不完全性を補うための半身として(そして己が持ち得ぬ「力」を補完する外部組織としても)ルシフェルを造ったという事も明らかになった。


物語クライマックスにて、ルシファーとの死闘で仲間たちの存在を認識し、「空の世界を守りたい」というサンダルフォンの願いに、ルリアが持っていたかつて授けられたルシフェルの白い羽根が反応する。自身の羽と四大天司の羽、そしてルシフェルの羽によりサンダルフォンは十二枚羽になり、ルシファーに最後の決戦に挑む。

最終決戦、ルシファーとサンダルフォンの一騎打ちでルシフェルの意思と共にサンダルフォンが放ったパラダイス・ロストでルシファーに打ち勝ち、長年の因縁に決着を付けた。

立ち絵やサンダルフォンの奥義演出にて、ルシフェルはサンダルフォンの後ろにおり、ストーリー内ボイスでもサンダルフォンの「パラダイス・ロスト」の台詞と共にルシフェルのボイスも聞き取れることから、最終決戦の場にルシフェル本人はいないものの、ルシフェルの意思は共に在った事が窺える。


物語エンディングにて、預言者が開かれた次元の狭間にルシファーとベリアルを送り込み封印するが、その次元の狭間にルリアも引き寄せられてしまう。ルリアを助けるために最後の力を振り絞り、ルリアを主人公の元に送り届けたサンダルフォンは意識を落とす。目を覚ますとそこはかつてルシフェルとサンダルフォンが語り合った場所である研究所の中庭によく似た場所であり、ルシフェルが目前に佇んていた。

ルシフェル曰く、その場所は「魂の出発点であり終着点」であるという。

サンダルフォンはそこで「叛乱」と「災厄」について謝罪する。かつて繭の中ではルリアに本当の意味で反省していないと叱咤されたが、ここでは「贖罪のためにも罪を認める」と語った。そんなサンダルフォンにルシフェルは「世界中の人々が永遠に許さなくても、君の存在は永遠に私の安寧だ」とエールを送り、それに呼応してサンダルフォンもルシフェルは「あなたの存在も永遠に光です」と返した。

ルシフェルと再び言葉を交わし、空の世界で生きていく事を決意したサンダルフォンを彼は見送った。かつて毎日のようにサンダルフォンが言ってた「いってらっしゃい」を今度は自分が口にし、自分がサンダルフォンと同じ立場になる事で、かつて問いかけた「サンダルフォンが中庭で何を考えていたか」が少し分かる気がすると独りごちる。

サンダルフォンが去った後、ルシフェルは寂しそうな表情を見せ、サンダルフォンと再び会える刻をルシフェルは待ち続けるのであった。


余談だが、『000』イベント終了記念としてガチャで普段は天井入手ができない「召喚石ルシフェル」を特別に天井入手できるガチャが開催された。またこの時のPU率も普段のPU率よりもかなり高く設定されており、「召喚石ルシフェル」がほしい騎空士達にとってはうってつけのガチャだった。『000』復刻時にも同様に天井入手ができるガチャが開催された。

また、この復刻を機に、「召喚石ルシフェル」のルリアノートのフレーバーテキストが「神撃のバハムートのルシフェル」から「グランブルーファンタジーの天司長ルシフェル」に変更された。


『THE MAYDAYS』

『どうして空は蒼いのか』シリーズイベントの正当な後日談イベント。今までのシリアスな雰囲気から一転してギャグテイストのイベントになっている。

イベント本編にはルシフェルは出てこないものの、エピローグにて、サンダルフォンがイベント内での一連の騒動の功績を"天司長"として残すシーンがある。

これは人知れず空の世界を守ってきたルシフェルへの報いであると同時に、ベリアルが言及していた「ルシフェルに報いたか?」の一つのアンサーである事が窺える。

また、かつて叛乱時は「ルシフェルの大切なものを壊してやる」と息巻いていたサンダルフォンが、このイベントでルシフェルが守りたかったものが少し分かったと語るシーンもある。


ゲーム外でのその他展開

有名アクセサリーブランド「Q-pot.」とのコラボに抜粋。サンダルフォンにルリアとビィ、四騎士と共にパティシエの姿に扮している。

コラボアクセサリーやコラボカフェメニューなど、また店内では特別描き下ろしのオリジナルストーリーも収録され、コラボカフェ店内ではその音声内容も聞ける。その音声内容からルシフェルはパティスリー“ル・シエル”のオーナー兼トップパティシエという設定で、コラボカフェに来店したプレイヤー達を仲間たちと共にもてなしてくれた。

コラボカフェ店内限定の音声のため、現在聞くことができないがQ-pot.公式サイト内でのオリジナルストーリー内容を扱った記事から、少しだけ内容を見ることができる。


リアルイベント・グラブルフェスでのアトラクションとしてサンダルフォンがグランサイファーの一角を間借りし喫茶室を経営するという設定を再現した「カフェ ミレニア」があり、メニューの一部にルシフェルのラテアートがある。


サンダルフォンのキャラクターソング「Ain Soph Aur」MVにルシフェル(とベリアル)が登場している。本MVはフルアニメーションとなっており、アニメになり動くルシフェルが見られる。

またMV内にて、ルシフェルがサンダルフォンを後ろから抱きしめ羽で包むというシーン(以降、騎空士達からはあすなろ抱きと呼ばれる)があった。

キャラクターソング発売記念として公式Twitterではイラストチームによるルシフェルの応援イラストが公開された


また、グラブルフェスで行われる3Dモデルを用いたキャラクターライブではサンダルフォンのライブにルシフェルにまつわる演出がされており、年々異なる演出でルシフェルがライブに出演している。

サンダルフォンはキャラクターライブ初登場時から毎年出演しており、ルシフェルのあすなろ抱きなどはもはや恒例になりつつある(いつもの)



騎空士達からの人気

上記の記載からわかるようにルシフェルはイベントシナリオ道中で退場(死亡)しているにもかかわらず、根強い人気を獲得しており、今も彼の復活を望む声が絶えない。




関連タグ

グランブルーファンタジー 星晶獣 天司

サンダルフォン…ルシフェルが造った天司であり直属の麾下。ルシフェルの意思を受け継いだ現天司長

ベリアル…かつての自身の副官で同時期に造られた存在

ルシファー…星の民であり、ルシフェルと天司達を造った造物主。ルシフェルと見た目(主に顔)がそっくり

ルシオ…ルシファー、ルシフェルと見た目がそっくりだが、全くの別人

関連記事

親記事

天司 てんし

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1684314

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました