ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴
鮭と大根を煮込んだ料理。

概要

骨を取ってぶつ切りにした大根を甘辛く煮た料理。

味付けは、あっさりな醤油味ベースだったり、濃厚な味噌味ベースだったり、出汁でシンプルにまとめて仕上げたりと、様々。

鮭の臭みを消すために生姜などを加えるとより味が引き締まる。


pixivにおいて

pixivにおける鮭大根のイラストは、ほぼ『鬼滅の刃』の登場人物『冨岡義勇』絡みが多い(彼の好物が鮭大根であるため。普段無表情な彼が効果音つきで微笑むレベル)


関連タグ

和食 ブリ大根

概要

骨を取ってぶつ切りにした大根を甘辛く煮た料理。

味付けは、あっさりな醤油味ベースだったり、濃厚な味噌味ベースだったり、出汁でシンプルにまとめて仕上げたりと、様々。

鮭の臭みを消すために生姜などを加えるとより味が引き締まる。


pixivにおいて

pixivにおける鮭大根のイラストは、ほぼ『鬼滅の刃』の登場人物『冨岡義勇』絡みが多い(彼の好物が鮭大根であるため。普段無表情な彼が効果音つきで微笑むレベル)


関連タグ

和食 ブリ大根

コメント

コメントはまだありません

pixivに投稿されたイラスト

すべて見る

pixivに投稿された小説

  • 【鬼滅二次】生姜と鮭大根の食べ合わせ

    今更の鬼滅二次。任務報告を終えて本部からの帰り道、珍しく冨岡がしのぶを食事に誘った際の小話。
  • 鬼殺隊の策士

    【番外編】策士は役職者の心得を説く

    初めてましての方もそうでない方もこんばんは。ご覧いただきありがとうございます。 フォロー、ブクマ、いいねをくださった方ありがとうございます。コメントをくださった方、大変ありがたく読んでおります。ありがとうございます。 フォロー、ブクマ、いいねをくださった方ありがとうございます。コメントをくださった方、大変ありがたく読んでおります。ありがとうございます。 今回は「水柱と鮭大根食べる」お話。 さて、前々回「一ヶ月鮭大根禁止の刑」に処された水柱はその後どうなったのでしょう…、という番外編です。まだ始まってもいない「ぎゆしの」を期待する描写があります。 拙作に出てくる水柱、いじられたりいじめられたりばかりですがそこもまた彼の魅力。あの男前からのてちてちがたまらんです。 余談ですが鮭大根というハッシュタグがある事にビビりました(笑)おはぎもあるようなのでこれはいつか使うしかねェなァ。
  • 貶められた彼女は鬼殺隊に嫌われている

    貶められた彼女は鬼殺隊に嫌われている

    初めて二次創作に手を出したため、拙いところがあると思いますが、お手柔らかに……!
  • 【義炭】同じ時代に生きている貴方にぬくもりの味わいを

    義誕当日謎時間軸、相互名前呼び、恋人同士で肉体関係有前提。義誕と知らずにお世話をしまくる炭のご飯を食べる義のお話   クールで格好良い義ではなく若干ずぼらで眠そうな義なので注意。ぎゆ誕をぎゆたんでやりたかったので満足。ぎゆさんお誕生日おめでとうございました!  前回までの拙作にいいねブクマなどありがとうございました! 18禁義炭電子書籍無配DLやってます https://st19.booth.pm/items/1820579 常駐https://twitter.com/kasumi_mkm
    10,217文字pixiv小説作品
  • 思いつき詰め

    鮭大根と冨岡義勇の伽

    題名こんなんだけどちょっとシリアスめですかね… 冨岡さんがちょっとおかしくなってます。 鮭大根と冨岡さんです。 冨岡さんが好物を真っ正直に好物だとは思えない話です。 さて!ここで大正コソコソ話〜! 実は、鱗滝さんが鮭大根出した時、冨岡さんの怯えを嗅ぎ取って、もしかしてトラウマあった!?って、とても焦ってたそうですよ。
  • 今宵の月夜の様に

    今宵の月夜の様に

    初めてぎゆしの小説書きました。 本誌ネタバレ有り。 月見の夜に伊之助とアオイをくっ付けるつもりが、自分達がいい感じになってしまうお話。伊アオ要素はありません。 ※誤字脱字ご了承下さい。
  • 照り輝く鮭大根

    ※204話までのネタバレあり ほんわかぱっぱのさねぎゆ風味、幸せにしたくてご飯をつくってもらいました。
  • あまね妹救済鬼滅譚

    あまね妹救済鬼滅譚⑥

    オリジナル回です。原作関係ない話を考えるのはなかなか大変ですね。
  • 鬼の噺

    鬼殺隊軸。 ある文豪の回顧と、真実と。
  • 思いつき詰め

    お代は、またのご来店の際に

    本編はモブ+冨岡さんです。 おまけでぎゆしのです。 おまけなので読まなくていいです。 おまけなのにもしかしたら本編よりも長いかもしれないです。どうしてこうなった。 さて、ここで大正こそこそ話! 団子屋『鮭大根』は令和まで続く老舗になりますよ! 口下手ドジっ子ぎゆさんの翻訳しときます! 「(胡蝶が誘ってくれたのは嬉しいが、残念ながら)行くところがある。」 「(胡蝶は腹が減っているのだろう。隣町にも食事処はあるし、用事のある場所が、食事処なのだが、別に胡蝶を俺の用事に付き合わせる必要はないと思う。だから)ついてくるな。」 「いや、(俺の用事に付き合わせる必要はないから)ついてくるなと(言っただろう。だが、その様子ではついてくるのだろう。だから俺は出来るだけ早く着くようにしよう。胡蝶は腹が減っているのだからな。)」 「(知り合いだと)言っただろう。」 「……胡蝶。(顔色が悪い。もしや体調が悪いのではないか?任務帰りで疲れているだろうし早く休んだ方が良いだろう。)帰れ。」 「…その、……(申し訳ないが泣いた女を慰める方法なんて俺は宇髄じゃないから知らないし、俺はこういうことには慣れていない。だから)困る。(頼むから泣き止んでくれ。)」 「やはり、お前の作る鮭大根が2番目にうまい。(1番はもちろん蔦子ねえさんだ)」

このタグがついたpixivの作品閲覧データ

おすすめ記事

pixivコミック 週間ランキング

  1. 1

    原作:荒瀬ヤヒロ/漫画:晴田 巡

    読む
  2. 2

    餅田むぅ

    読む
  3. 3

    著者:湯瀬ライム,原作:杓子ねこ,キャラクター原案:NiKrome

    読む

pixivision

カテゴリー