2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

CV.種﨑敦美

概要

鬼滅の刃遊郭編にて登場。
まきを須磨と共に宇髄天元の三人の妻の一人。21歳。
前髪を上げて一つ結びをした髪型に、左目の下に泣き黒子がある。冷静で的確な判断力の持ち主。

吉原に巣食うを探るべく「京極屋」に潜入し、稼ぎ頭の蕨姫花魁こそが鬼だと気付いたものの、彼女からも怪しまれて身動きが取れなくなった。毒を飲んで病に罹ったふりをして京極屋から出ようとしたが、蕨姫花魁から彼女の分身である帯を渡されてしまい、切見世に逃れた後も監視下に置かれていた。天元が帯を仕留めた事で救出され戦闘に加わり、大量の毒を塗ったクナイ(後述)を飛ばす装置で援護した。
この後、前戦を離れる際に合流した炭治郎に密かにクナイを1本渡す(アニメではこの一連は変更された)。

上弦の鬼を倒したら一線から退いて、普通の人間として生きていきましょう」とケジメをつけることを前向きに提案するが、続けて「四人揃っていなくても恨みっこなし」と現実を見据えてもいた。

妻として彼女達の間に序列はなく、天元も皆平等に扱っているが、端々の場面で彼女が筆頭格のような印象がある。三人の中で最年長であり、実家の家格も宇髄家に次いで高い。
普段は性格的に衝突しやすいまきをと須磨を仲裁するまとめ役のようだが、毒消しされたとはいえ欠損レベルの負傷で満身創痍の天元に須磨が飛びついた時は、さすがに加減する余裕は無かったと思わしき描写もあった。

毒のクナイ

忍としての薬学知識を用いて、藤の花から開発した毒を塗ったくノ一の武器。
特殊な装置を使う事で一度に大量のクナイを鬼の体すら貫通する威力で撃ち出せる。効果としては数字を持たない鬼なら半日は体を麻痺させる事ができ、十二鬼月でも下弦の鬼なら一時的に動きを封じられられる。ただし、あくまで人間用の薬学知識に基づいて作ったものなので、胡蝶しのぶの毒のように鬼を殺せる程の威力は無い。また、しのぶの毒同様に多用すると鬼の情報共有能力で抗体を与えてしまうので、常に調合を変えつつ使いどころも考える必要がある諸刃の剣でもある。その為に、毒に関する知識を持った彼女達にしか扱えない点も変わらない。

キメツ学園

食堂勤務で、べらぼうに料理が美味く、神の舌を持つと言われている。
「売店と食堂に降臨する魅惑のくのいち」の一人。

関連タグ

鬼滅の刃 宇髄天元 まきを 須磨(鬼滅の刃) 
宇髄夫婦 宇嫁 宇雛

関連記事

親記事

宇髄夫婦 うずいふうふ

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「雛鶴(鬼滅の刃)」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「雛鶴(鬼滅の刃)」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2140416

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました