ピクシブ百科事典

沼鬼

ぬまおに

漫画「鬼滅の刃」の登場人物(アニメでは「沼の鬼」表記)。
目次[非表示]

「里子?誰のことかねぇ この蒐集品の中にその娘のかんざしがあれば喰ってるよ」

CV:木村良平

概要

主人公炭治郎鬼殺隊の剣士になって初めて戦った鬼。とある街に潜み、夜な夜な16歳の少女を攫って喰っていた。
額から短い角を生やし忍装束を思わせる黒い服を着た三人組。一人の鬼が三体に分裂した存在であり、互いを「俺」と呼び合っている。
一本角の鬼(メイン画像参照)は冷静なリーダー格、二本角は感情的で口数が多く、三本角は常に憤怒の表情で苛立ったように歯軋りをして一切言葉を発しない(歯軋りは人間だった頃からの癖だとか)。
「女は16歳が最高で、それ以降は刻一刻と鮮度が落ちていく」という偏執的な思考の持ち主。また、犠牲者の簪やリボンなど装飾品をコレクションしている。

血鬼術

上述の分身の他に沼のような異空間を作る能力を持つ。
普段は沼の中に潜み、夜になると壁や地面に出入口となる水面を発生させて少女を引きずり込んでいた。沼の中には犠牲者の衣服が漂っている。

最期

一本角と三本角は炭治郎を沼に引き込むが、水の呼吸陸ノ型・ねじれ渦で首を斬られる。
禰󠄀豆子と戦っていた二本角も炭治郎に両腕を切断され、鬼舞辻無惨について尋問されるが、無惨への恐怖からほとんど錯乱したように襲い掛かったため、炭治郎に頚を斬られ絶命した。

なぜ彼はそれ程までに「言えない」と怯えていたのか。炭治郎はその理由を、後日の矢琶羽朱紗丸戦で知る事になる。

余談

無惨の手で鬼にされる回想シーンから忍装束を着用しており、三人に分裂する事、沼の血鬼術は土遁の術を想起させる事などから、人間だった頃は忍者であったと思われる。

単行本のおまけ企画『キメツ学園』でも変質者として登場している。

関連タグ

鬼滅の刃 鬼(鬼滅の刃)

半天狗…分身する鬼つながり。しかしこちらは強さが桁違い。
セッコ…同時期にアニメ版に登場した液状化能力者。性格も同じような下衆。ちなみにアニメ版で担当した声優十二鬼月の下弦の陸を演じており、アニメ最終回で沼鬼とは逆に無惨に殺されてしまった。

関連記事

親記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「沼鬼」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 36838

コメント