ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

高崎地区で運行していた485系のお座敷車両、「やまなみ」「せせらぎ」を、お座敷列車という大口団体輸送専用コンセプトの決定的陳腐化による需要減少により、組みかえて多客臨時輸送へも充当できる、汎用性のある座席車へと仕立て直したジョイフルトレイン。2011年に再デビューし、引き続き高崎に配置されている。名称は群馬県の県鳥であるヤマドリから。

4両編成だった「やまなみ」「せせらぎ」を統合した形になっており、「せせらぎ」に「やまなみ」の中間モハユニットを組み込んで6両編成となっている。「やまなみ」「せせらぎ」時代は客単価の関係からグリーン車扱いであったが「リゾートやまどり」化改造に際し、定員が増加することから全車普通車(485系700番台へ改番)・座席は2+1列配置とした。「やまなみ」の先頭車は盛岡支社(岩手県)向けのジョイフルトレイン、「ジパング」へ転用された。

181系の生き残り

先頭車のクハ485-703号、クハ484-703号はもともと181系のサロ181-1102号、サロ181-1104号として製造された。181系の晩年にグリーン車補充のために製造されたのに由来し、もとから485系への編入を考えて485系の車体で製造された。1978年製。

181系撤退後の1982年に485系に編入され、のち特急ひたちの短編成化に伴う先頭車不足のため先頭車化改造と普通車化を行い、そして「せせらぎ」化改造の時に車体を載せ替えた(台車は検査期間短縮のため修繕済みのあらかじめ用意された予備品と振り替えることが多く、新造時のものを履き続けるとは限らない)ため、実際には車籍とわずかな部品くらいしか継承していないが…。

既に485系自体が、定期特急から撤退、臨時・団体用としても一般車も全廃しており、残るはJR東日本の各種観光・団体車両のみで、元祖国鉄型特急電車の終焉はもちろん、すべての国鉄型特急電車の終焉(他に残るは東日本の185系と西日本に残る381系だけ)すら看取りかねない状況となっている。

関連イラスト

リゾートやまどり
Resort Yamadori



関連

JR東日本 485系 181系 群馬県 ジョイフルトレイン

関連記事

親記事

485系 よんひゃくはちじゅうごけい

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「リゾートやまどり」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2907

コメント