ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

まいてつ

まいてつ

Lose製作のPCアダルトゲーム。なお、ここでは全年齢版『まいてつ -pure station-』、並びにそれをベースとしたテレビアニメ『レヱル・口マネスク』についても述べる。
目次 [非表示]

概要

Loseの3作目となるPCアダルトゲーム。2016年3月25日発売。

鉄道の発展が事実上停止した世界で、一地方都市、ひいては鉄道の再興を目指す物語が描かれる。


キャラクタースチルにはE-moteが採用されているのも特徴。


2018年7月26日にPS4へ移植した全年齢版『まいてつ -pure station-』が発売され、2020年1月16日ではSwitchでもリリースされた。

さらに2020年10月30日には無印とpure stationをまとめ、かつ続編を追加した「完全版」にあたる『まいてつ Last Run!!』が発売されている。


『まいてつ Last Run!!』を最後にLoseがゲーム制作から撤退し、メーカー自体も解散となった。

しかし2023年に全年齢版まいてつを再編集・バージョンアップしたレヱル・ロマネスク origin」が制作されることが決定。PS4とSwitchで2023年12月21日に発売予定。

メーカーが解散してもまいてつのレールは存続していくこととなった。


遊べる媒体をまとめると以下の通り。今から始める人は『pure station』か『Last Run!!』、もしくは追加パッチ等込みのセットを買うことを推奨。

  • 無印(R-18版):PC
  • pure station(全年齢版):PC・PS4・Switch
  • Last Run!!(R-18版):PC
  • レヱル・ロマネスク origin(全年齢版):PS4・Switch

推奨スペック

以下の記述は無印版のもの。

  • ブランド:Lose
  • 発売日:2016年3月25日
  • 価格:9800円/15800円(まいてつ&ものべの 仲良しセット)
  • ジャンル:e-motionノベル
  • 対応機種:Windows 7/vista/8/10
  • メディア:DVD-ROM + DLカード
  • 推奨環境:CPU:2.66Ghz メモリ:2G 解像度:1280×720 HDD:10G以上 DVD-ROM DirectX9.0c以上
  • VRAM:256MB以上

ストーリー

鉄道車輌を制御する人型モジュール・レイルロオド。

旧帝鉄8620系蒸気機関車のトップナンバー機、8620の専用レイルロオドであるハチロクも、他の数多のレイルロオドたちと同様、大廃線に伴って廃用され、長い眠りについていた。

大廃線による鉄道事故で家族を失くし、隈元県は御一夜市の焼酎酒造、右田家の養子となった少年、右田双鉄。

長じて帝大へと進学した彼は、第二の故郷を、工場誘致による水汚染から救うべく、御一夜へ帰還。

そこで偶然にハチロクを目覚めさせ、そのオーナーとなる。

双鉄とハチロクとは、それぞれの目的を達成するため、行方不明になっている蒸気機関車8620の捜索を決意。

双鉄の義妹で絵描きの日々姫、御一夜市長兼御一夜鉄道社長ポーレットらと力をあわせ、8620復活を目指し、奮闘努力を重ねていく。


登場人物

  • 右田双鉄

まいてつ単行本2巻発売しました!

cv.望月英

主人公。ひょんなことからハチロクを目覚めさせ、パートナーとなる。過去に鉄道事故で家族を亡くしており、それがトラウマになっている(そのため右田家の養子になっている)。このトラウマが影響してか、恋愛感情というものを理解できず、はては女性の裸を見ても基本興奮する事すらしない。水汚染を招くエアクラ工場誘致に反対しつつ、御一夜市を再興させることを目指す。


ハチロク

cv.種﨑敦美

メインヒロイン。旧帝鉄8620形蒸気機関車トップナンバー機8620専用レイルロオドであり、右田双鉄をマスターとする。プライドが高く、高圧的な態度を見せることもあるが、それは自身の存在と仕事に絶対的な責任を持っているからであり、本来は温和で礼儀正しい性格である。基本誰に対しても敬語を使い、「○○様」と敬称をつけて呼ぶ。自身を『物』として割り切っており、『物』として他者の役に立てることを心から願っている。


  • 右田日々姫

日々姬ちゃん

右田家の次女で、双鉄の義理の妹。絵のうまさに定評があり、御一夜市各地で看板などを描いている。学園の先輩の稀咲の影響で、表面上エアクラ工場誘致に賛成しており、素の隈元弁も標準語に矯正しようとしているが、すぐに訛りが出てしまう。ひそかに双鉄に恋心を抱いているが、伝えることができないでいる。


  • 雛衣ポーレット

ポーレット

フランク人の血を引く金髪碧眼の女性。御一夜市市長でありながら、御一夜鉄道株式会社の社長でもある。れいなのマスターであり、重度の鉄道マニア、まいてつの一人。市長で社長という多忙極まる立場であるため、体調を崩してしまう描写が度々ある。双鉄とは、同じレイルロオド保持者であることと、エアクラ工場誘致反対仲間であることで知り合い徐々に仲を深めてゆく。


  • れいな

しゅっぱつしんこう!

御一夜鉄道キハ07S専用レイルロオド。ポーレットをマスターとする、ハチロクより小柄で幼さが目立つレイルロオド。しかし元は鉱山鉄道で活躍しており、その栄枯盛衰を目の当たりにしてきた。

ガソリン車からディーゼル車に改造された影響により『処理落ち』という現象を起こしていまい、たびたび運転中に居眠りをしてしまうという欠陥を抱えている。


  • 右田真闇

センシティブな作品

右田家長女。右田一酒造元の杜氏であり、双鉄と日々姫の姉。思慮深く、杜氏としても経営者としても抜群の才能を持つ。相当苦労して双鉄を守っていた時期があるらしく、双鉄は彼女に頭が上がらない。


  • 宝生稀咲

学園生でありながら、隈元銀行御一夜支店長を務める少女。一人称は「ボク」。年上の双鉄を呼び捨てにしている。エアクラ工場誘致賛成派であり、後輩の日々姫に多大な影響を与えている。


  • 蓑笠凪(左)&早瀬ふかみ(右)

凪ふかみ

クマ川くだりをコンビで行っている親友関係の二人。性格は真逆といってよいほどで、快活な凪と弱気なふかみでバランスを取りあっている。


オリヴィ「ムナカタlet's go together!」

冥国製の汎用型レイルロオド。Ⅸ号機関車に乗務している。外見は幼いがロールアウトはハチロクよりも前というベテランで、保線の知識も豊富。みかん鉄道に大きな愛着を抱いていたが、御一夜鉄道へ移籍する。


  • ニイロク

ニイロク

旧帝鉄特急型電車クハ26系トップナンバー車両クハ26000編成専用レイルロオド。

帝鉄が存続の希望としていた全線電化のために製造された試験型車両のレイルロオドであり、非常に高性能。しかし帝鉄解体に際して整備体と車両を失っており、運転体のみが試験運転士である赤井清春に引き取られた。車両を失った際のある一件が原因で、表情で感情を表せない。


アニメ『レヱル・ロマネスク

『まいてつ -PURE STATION-』を元に、ゲームには登場しないキャラクターを登場させ、ゲームとはまた別の物語を展開するアニメ『レヱル・ロマネスク』が、アニメ制作会社「サエッタ」により制作。

2020年秋アニメとしてTOKYOMXで放送。また、ABEMAAmazonプライムビデオ、dアニメストアなどでのネット配信も実施。声の出演は上坂すみれほか。


2023年7月から再放送も実施され、2023年秋には第2期が放送。放送局に変更はないが、制作は横浜アニメーションラボとクラウドハーツに変更となった。


詳しくはレヱル・ロマネスクのページを参照の事。

登場キャラクターについてはレイルロオドの項目も参照。


ASMRボイスドラマ作品

まいてつは音声作品としても展開しており、幾つかシリーズが発売されている。

発売されているのは癒しを主目的としたASMRをメインとしたシチュエーションボイスドラマとなっている。

制作はDLサイト等で音声作品を多数販売しているメーカー「RaRo」とタイアップ。

音声は全てコンシューマ版やアニメの声優が担当しており、全ての作品が全年齢対象となっている。


まいてつのアニメ化企画『レヱル・ロマネスク』に合わせて制作されたシリーズ。

レヱル・ロマネスクの追加エピソード作品という位置づけでアニメと連動した作品となっている。

登場する各レイルロオドに焦点を合わせたシリーズになっており、レイルロオド達の性格や設定をより深く知ることができる。

とはいえ、メインはASMRを中心とした癒しであり、まいてつやレヱル・ロマネスクを知らない人でも十分楽しむことができる。



此方はまいてつに登場するキャラクターによるASMRシリーズ。

内容の作り自体は蓄音レヱルシリーズと左程違わず、こちらもASMRを中心とした癒しがメインで、同じくまいてつを未プレイでも十分楽しむことができる。


余談

2024年1月29日時点で、Googleで本作を検索しようとすると入力が終わる前に全く無関係な作品重大すぎるネタバレが提示されてしまう事態が発生している。


同年1月10日まで本作の色々を全部セットにして500円セールが行われていたため、2週間ズレていれば色々と危ないところとなっていた。


関連項目

鉄道

C62 - こちらはRailway~ここにある夢~というゲームに32号機の実物が登場している。

SL人吉 - 現実で運行されている、8620形牽引の営業列車(機関車は8620形58654号機、435人目の妹)。量産型であるため細部に違いがある。現在、本線で運行できるSLとしては日本最古である。

そのものズバリの8620号機は青梅鉄道公園にて保存されている他、梅小路蒸気機関車館に初期の特徴が残る8630号機が動態保存されている。


くま川鉄道 - 御一夜鉄道と同じ地域を走る現実の路線。令和2年7月豪雨により被災し現在全線運休中。21年3月18日現在、国の助成金制度を利用し復旧費用の97.5%を国に負担してもらう方針な模様。


鳳翔(艦隊これくしょん) - 上記58654号機が製造された大正11年に建造された艦船に由来を持つ別作品キャラ。


淫魔降臨デビル☆カーニバルハチロクが登場


ミストトレインガールズ - 列車題材のアダルトゲームという共通点あり。コラボイベントがミストレの生放送内で告知された際、第3弾のシルエットがまいてつを連想させるものだった。後に2022年6月8日にコラボすることが判明し、ミストレ内でコラボキャンペーンを行うことも発表された。異世界転移という事でミストレの世界に飛ばされた一方、ハチロクたちレイルロオドだけでなく双鉄も飛ばされている。飛ばされる前にはひよこの所へと向かうはずだったが、こちらは飛ばされた先で合流を果たした。2023年6月にはコラボガチャも復刻する。


ステーションメモリーズ! -ハチロク、れいな、すずしろ、ラン、しろがねが登場したほか、徳島るとはハチロクやみくろの妹、神居コタンはランの姉にあたり、ニイロクに至っては新阪ルナ粟生津しいら象潟いろは根雨つむぎ等、たくさんの「妹」が登場している。なお、茅沼みゆきは、レヱル・ロマネスクに登場したかにこの姉にあたる。


外部リンク

Lose オフィシャルサイト

まいてつ -PURE STATION-(Switch版) 公式ページ

レヱル・ロマネスクorigin ウェブサイト

DLsite 蓄音レヱルシリーズ販売ページ

DLsite かさなるASMRシリーズ販売ページ


まいてつ - Wikipedia

関連記事

親記事

Lose るーず

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4763371

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました