ピクシブ百科事典

目次[非表示]

「暖かい…ずっとここに居たい…」

CV:江口拓也

概要

十二鬼月下弦の壱である魘夢が従える配下の人間の1人。
魘夢の敵である鬼殺隊の「精神の核」を破壊する為、鬼殺隊士の1人・竈門炭治郎の無意識領域に侵入する。

通称にある名の通り結核を患っており、死の恐怖から逃避する為に眠り鬼・魘夢の幸せな夢に縋っていた。
夢を見せて貰う事を報酬に鬼殺隊の「精神の核」の破壊する手駒として動き、炭治郎の無意識領域に侵入するが、その心の風景のあまりの美しさに感動して、炭治郎の優しさの化身に触れた事でただ泣くことしかできず、戦意を喪失してしまう。
また、炭治郎が目を覚まし現実に引き戻される際、炭治郎の優しさの化身である光の小人(メイン画像で青年の手の中にいる生き物)の手を掴んで離さなかった為、炭治郎の心の一部である光の化身はそのまま青年の心に宿り、青年の心を明るく暖かく照らした。

不治の病の苦しみから逃れる為ならば、一時は人を傷付けてさえ良いと思う程に追い込まれていたが、炭治郎の心の中に入りその優しさと暖かさに触れた彼は、目が覚めた頃には元の心優しい青年に戻り、魘夢の討伐に向かう炭治郎を「気を付けて」と優しく笑って見送った。

そして魘夢の討伐によって汽車が脱線した後は、脱線の衝撃で負傷してさらに右目が潰れたと思しき三つ編みの少女に寄り添って、これまた傷だらけの身で手を貸して助けていた。

ちなみに炭治郎と縄で繋がる際に、夢に入る手順を一つ一つ確認しながらしていた事から、彼は他人の夢に入るのは作中が始めてだった模様。

備考

今でこそ抗生物質の普及を始めとした医学の進歩で完治する病となっている結核だが、代表的な治療薬であるストレプトマイシンが発見されたのは1944年の事。
その為に、大正時代どころか戦後間もない頃まではろくな治療法もない「死の病」の代表格であり、患ってしまったら大人しく静養し、自然治癒に向かう僅かな確率に縋るしかない病気であった。
この事は、作中では深く触れられていないものの、当時「不治の病」扱いだったこれに罹患してしまった彼の絶望を考えれば、鬼の甘言に乗ってしまった精神状態も無理からぬ事。
その後彼がどうなったのかは不明だが、自然治癒して生きながらえたと信じたいところだ……。

関連タグ

鬼滅の刃 無限列車編 魘夢 竈門炭治郎
無限列車 三つ編みの少女 糸目の少女 短髪の青年
鬼滅の刃の登場キャラクター一覧

都井睦雄…同じく結核が原因で希望を失った青年。こちらは実在の人物で誰からも助けてもらえず周囲の人間を恨み悲惨な事件を引き起こす

麻伎…同じく難病が原因で黒幕の配下となった人物。こちらは堕ちるところまで堕ちて主人公と敵対したために最後まで救われないまま退場した。

関連記事

親記事

魘夢 えんむ

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「結核の青年」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「結核の青年」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 645559

コメント