ピクシブ百科事典

スカルミリョーネ

すかるみりょーね

スカルミリョーネとは、『ファイナルファンタジー4』に登場する敵キャラクターである。
目次[非表示]

バイオハザードシリーズに登場する怪物についてはスカルミリオーネを参照されたし。

概要

初出はFF4ゴルベーザ四天王のひとりで、「土」を司るネクロマンサー。自称死の水先案内人
暗黒騎士であったセシルが苦手とするアンデッド軍団を率いている為、セシル達への刺客に適任として派遣された。四天王の中では一番最初に戦うことになる。

第一形態は魔法使い風のフードを被ったような外見だが、倒された後はアンデッド型の第二形態となって復活。第二形態はゾンビ型のモンスターのような外見に姿を変えてバックアタックを敢行、ステータス異常を引き起こす呪いの歌で攻撃してくる。ちなみにシリーズでも高い人気を誇る戦闘BGM「ゴルベーザ四天王とのバトル」もこの第二形態戦が初登場。正体を知ったセシルたちを崖から突き落とそうとするが返り討ちとなり、自分が崖から落ちるという結末を迎えた。
しかし終盤にてゼムスの手によって復活。バブイルの巨人内部での再戦時は、最初から第二形態の姿で戦うことになる。セシルたちへの憎悪を燃やすも他の四天王共々討ち死にとなり、今度こそ復活することなくこの世を去った。しかしDS版では、四天王の怨念が結集した隠しボス・ゲリュオンが登場する。

DS版では大西小西氏がアテレコしている。

四天王の中でも最弱とのことで、同僚のカイナッツォからは「四天王になれたのが不思議なぐらい弱っちいヤツ」と見下されていた。
高慢なバルバリシアや実力主義者のルビカンテらも概ねカイナッツォと同じ評価だったと思われ、FF4TAではクリスタルから再生されて再登場した際には、「私を認めてくれたのはゴルベーザ様」だけという事が明らかになる。この台詞が示す通りゴルベーザに対する忠誠心はあったと思われる。なお、再生されて無理矢理戦わさせられていた為、倒されると穏やかに消滅する。二段構え+バックアタックは健在。

リメイク版FF1でもゲストとして登場し、追加ダンジョンのボスとして待ち構える。ご丁寧に本作でも二段構えのバトルを再現している(ギルガメッシュの変身は再現されてないのに随分な優遇である)が、おかげでバフが積みにくい。
おまけに第二形態で使用する毒ガスBC兵器顔負けの異様な高火力と化しており、プレイヤー間では「四天王最強だろw」との声まで囁かれている。


関連イラスト

第二形態を描いた物が圧倒的に多い。

スカルミリョーネ
土のスカルミリョーネ
スカルミリョーネ2
スカルミリョーネ


関連タグ

ファイナルファンタジー4
FF4TA ゴルベーザ アンデッド ゾンビ

pixivに投稿された作品 pixivで「スカルミリョーネ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 95547

コメント