ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

この名の元ネタであるダンテの『神曲』に登場する怪物についてはマレブランケ


ファイナルファンタジー4』に登場する敵キャラについてはスカルミリョーネを参照されたし。


概要


サメの遺伝子をベースとし、T-abyssを使用して作られたたB.O.W.。二足歩行で、行動パターンにサメの要素はない。

雑魚クリーチャーの一種で、キャンペーンモードが終盤に差し掛かった頃、満を持して登場する。


高難易度モードのINFERNALでは配置が増やされており、序盤から出現する他、終盤になると事あるごとに顔を出してくる。

また、最初から後述の半身状態で襲ってくる場合もある。


戦闘力

右腕は鋭利な、左腕はあらゆる攻撃を防ぐに変異している。

見ての通り接近戦を得意とし、雑魚クリーチャーとしては頭一つ抜けた攻撃力とHPを持つ。攻撃力に至ってはレイチェルウーズラスボス以上。


また、この敵が登場する場面は非常に狭い(細長い)ことが多いので、リベレーションズ特有のシステム「回避」をうまく使わないと滅多刺しにされて殺される。


知能が高く、こちらの照準に合わせて盾で防御してくる。

デコイにも反応しない。

半身化能力

上半身と下半身で耐久性が異なり、片方ばかり攻撃してると、ダメージを受けた側だけ壊れて半身状態になる。

乱戦時はペースを崩されるため厄介。

  • 上半身
    • 這って移動し、槍で攻撃する。
    • この状態でも攻撃力はウーズより高い。
    • 移動速度がかなり増しており、素早く接近してくる。
    • 余裕がなくなったのか、能動的に盾を使わなくなった。
    • もちろん盾に攻撃してもダメージは無い。

  • 下半身
    • ふらふら移動するようになる。
    • このため照準を合わせ難い。
    • 移動速度は通常時以上、上半身時未満。
    • 断面から触手が伸びていて、ここから電撃を発して攻撃する。
    • こう見えて、電撃はスカルミリオーネの最高火力なので危険。


弱点

特効武器はハンドガンと電撃G。

胴の抉れた赤い部分に攻撃を当て続けると怯み、体術が狙える。

最もダメージが通る部分は通常時・上半身時が頭部、下半身時が触手。


パルスGが通用するので、柔軟な対応が可能。


  • 通常時
    • 動きが鈍い。
    • 攻撃の前に溜めが入るので、回避のタイミングを掴みやすい。

  • 上半身時
    • 盾を構えられない。
    • ガラ空きの頭部に連射を叩き込めば大ダメージと共に怯ませられる。

  • 下半身時
    • 雑に連射しても倒せる。
    • 自信があるなら弱点の触手を狙っても良い。

レイドモード

冠タイプのみアサルトライフルとショットガンが有効で、他のタイプはキャンペーンモードと同じくハンドガンと電撃Gが有効。


高難易度になるとウーズの如く通路に配置されていたり、複数のスカルミリオーネと乱戦させられたりと、スリリングな体験が出来る。

INFERNAL同様、最初から半身状態で出現するステージもある。


関連タグ

バイオハザード・リベレーションズ ウーズ B.O.W.

モルガン・ランズディール


ネプチューン(バイオハザード):シリーズ的にある意味先輩。

関連記事

親記事

ウーズ うーず

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 60368

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました