ピクシブ百科事典

聖槍十三騎士団

せいそうじゅうさんきしだん

聖槍十三騎士団とは、Light制作のPCゲーム「Dies irae」に登場する組織名。
目次[非表示]

独語表記ではLonginus∴Dreizehn∴Orden
略称L∴D∴O

概要

第二次大戦中、第三帝国の裏の裏で結成された国家すら滅ぼしうる十三人の魔人の軍団。
元々は政府高官の御遊びだったものを、本物の魔術師が本物の魔人の集団へと変貌させてしまった。
団内での上下関係は、首領のラインハルト・ハイドリヒと副首領のカール・クラフトが同格、その下にラインハルトの近衛である3人の大隊長、そしてその他の平団員といった風になっている。


各団員は占星術、ルーン、大アルカナを用いた黒円卓という魔法陣の霊的加護が宿っている。また、規格外のマジックウェポンである聖遺物を武器として自在に操る、メルクリウスの創始した超魔術・永劫破壊(エイヴィヒカイト)を使いこなす。
なお、各団員はメルクリウスから魔名と呪いを授かっているが、その内容は何かと嫌味ったらしいものが多い。
例)生粋の魔女であるルサルカに「マレウス・マレフィカルム(魔女狩りの教本)」という魔名を送っている。

目的

聖槍十三騎士団の目的は、世界に満ちている「既知感」という名の牢獄(ゲットー)の打破
その目的を成就するにはラインハルトを流出位階にまで引き上げる必要がある為、ベルリンと日本の2度に渡って大儀式:黄金錬成を行っているのである。
本編開始前のベルリンでの大儀式では、ラインハルトの創造を異界で永続展開する(本来、創造は時間制限がある)という流出一歩手前まで至った。本編での日本の諏訪原市の大儀式では、そのラインハルトを異界から帰還させて流出位階へと新生させようというものである。

ラインハルトに続いて異界へと行ってしまった3人の大隊長を除き、現存する各団員に対して「各々怒りの日まで魂を集めよ。さすればその量に見合った恩恵を与える」と双首領から言われており、平団員は「不老不死」「死者蘇生」といった各々の願いの為に魂集めに精を出している。

なお、本編における現世組の団員同士の仲はかなり険悪。
Dies irae ~Interview with Kaziklu Bey~の作中、すなわち1944~1945年時点ではラインハルトらが現世に存在した為に統制が取れ、比較的穏やかなムードだった。
しかし、彼らが不在となって長い年月を経た結果、人間関係が腐敗してしまった。大体はあの性格の悪い神父が原因なのだが。

メンバー

席次名前魔名
一位ラインハルト・トリスタン・オイゲン・ハイドリヒ愛すべからざる光(メフィストフェレス)
二位櫻井武蔵→櫻井鈴櫻井戒→?????死を喰らうもの(トバルカイン)
三位ヴァレリア・トリファ神を運ぶ者(クリストフ・ローエングリーン)
四位ヴィルヘルム・エーレンブルグ串刺し公(カズィクル・ベイ)
五位ベアトリス・ヴァルトルート・フォン・キルヒアイゼン櫻井螢戦乙女(ヴァルキュリア)→獅子心剣(レオンハルト・アウグスト)
六位イザーク・アイン・ゾーネンキント氷室玲愛太陽の御子(ゾーネンキント)
七位ゲッツ・フォン・ベルリッヒンゲン鋼鉄の腕(ゲッツ・フォン・ベルリッヒンゲン)
八位ルサルカ・シュヴェーゲリン魔女の鉄槌(マレウス・マレフィカルム)
九位エレオノーレ・フォン・ヴィッテンブルグ魔操砲兵(ザミエル・ツェンタウァ)
十位ロート・シュピーネ紅蜘蛛(ロート・シュピーネ)
十一位リザ・ブレンナー大淫婦(バビロン・マグダレナ)
十二位ウォルフガング・シュライバー悪名高き狼(フローズ・ヴィトニル)
十三位カール・クラフト水銀の王(メルクリウス)

※なお、席次は序列を示したものではない。


初期メンバーはラインハルトカール・クラフトヴィルヘルムシュライバーエレオノーレベアトリスリザヴァレリアルサルカの9人。
そこにヴァレリアが強制収容所で引き込んだシュピーネ高官からの偽槍製作の依頼で訪独していた櫻井武蔵を加え、ゾーネンキントは初めから予約席。
最後の一人であるゲッツ・フォン・ベルリッヒンゲンは城の戦奴の殺し合いから選出された。

関連タグ

Diesirae大隊長(Diesirae)

pixivに投稿された作品 pixivで「聖槍十三騎士団」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 40309

コメント