ピクシブ百科事典

諏訪原市

すわはら

諏訪原市とは、light開発のPCゲーム「Diesirae」に登場する地名。
目次[非表示]

概要

Dies irae』本編の舞台。人口80万人程の政令指定都市
町の歴史は約60~70年程と浅いが展望タワーや遊園地などが存在し、人の出入りが盛んな行楽地として栄えている。

景観や施設の背景は神奈川県横浜市に似ているが、地図上は千葉県と茨城県の県境付近に存在する。

街の名所


月乃澤学園

主人公藤井蓮らが通う3年制私立高校。
生徒数は約600人程で、諏訪原市が作られた頃とほぼ同時期に建築された。
蓮にとっては失いがたい日常を象徴する場所であり、物語上重要なイベントが多い因縁の地である。
一応進学校だが、スポーツ特待生が優遇されている面もある。

殺し合いじみた暴力事件を起こした生徒が退学処分にならなかったり、女子の制服の構造が二の腕剥き出しだったり(エリー曰く「考えた奴は頭おかしい」)、売店でキムチ梅干サンドなるアレな食品を販売してたりと、色々ぶっ飛んでいる。


本作は「学園伝奇バトルオペラADV」と銘打たれてるが、実際のところ真っ当に学園生活してるのは序盤の序盤だけだったりする。



諏訪原市海浜公園

デートスポットであり、夜景が綺麗なため夜になるとカップル客が多くいる。
物語序盤に発生した諏訪原市首刈殺人事件の第一現場である。


遊園地

諏訪原市大きな娯楽施設の一つであり、多くの一般人が訪れている。
作中では(戦場的な意味で)やや影が薄い。
マリィが乗りたがった観覧車がある。


博物館

その名の通り諏訪原市の博物館。
作中では刀剣博が開催されており、ここでマリィが運命的な出会いを果たす事になる。


クラブ・ボトムレスピット

諏訪原市のアンダーグラウンド。
刑務所や軍基地の脱走者、密入国者、破門されたヤクザ、警察に追われている密売人、家出組などなど、行く場所の無い連中の吹き溜まりとなっている。
本編時点でのリーダー的存在は遊佐司狼
海外製の銃を仕入れられたり、組織的にコンビニ強盗したりと中々の犯罪力を誇る。

作中では司狼らの拠点という事もあって、中盤辺りで戦闘が発生しやすい場所である。


本城病院

本城恵梨依の父親が経営する病院。
医療ミスを必死に揉み消したりしてるらしい。
作中で蓮と司狼が放り込まれた病院である。
ルートによって戦闘による被害の有無がはっきりしている場所でもある。


諏訪原タワー

市全体を見下ろすことができる展望台や飲食店があり、多くの一般人が娯楽施設、デートスポットとして利用している。
初めて人の形で形成されたマリィ香純が連れて行った場でもある。


教会

氷室玲愛リザ・ブレンナーヴァレリア・トリファが住居にしているロマネスク式の教会。
その流れで、何度か蓮も私的に訪れることになる。
聖槍十三騎士団の諏訪原における拠点であり、地下には騎士団の象徴とも言える黒円卓が存在する。

以下ネタバレ








































正体

諏訪原市の正体、それは氷室玲愛の聖遺物
聖槍十三騎士団からは「シャンバラ」と呼ばれる地。

住民の数はラインハルト・ハイドリヒの武装親衛隊の数と常に同数になるようになっており、諏訪原市の住民全てがラインハルトの為の生贄である。
第二次大戦期、ラインハルトカール・クラフトが当時日本に駐在していたカール・ハウスホーファーを利用して調査させた。
世界中で霊質に優れた土地がいくつか存在したが、その中でも上位に位置したのがこの諏訪原市だったのである。

もちろん戦後に政令指定都市として開発が進んだのは、裏で聖槍十三騎士団の影響があったのは言うまでもない。
諏訪原市をここまで大規模な街へと造り変えたのは、騎士団の中でもとりわけ表の世界とつながりの濃かったロート・シュピーネだった。
戦後、シュピーネがただの医学留学生にすぎなかった本城恵一郎(恵梨依の祖父)に富と栄誉を保証し、代わりとして恵一郎の故郷である諏訪原を儀式の贄として発展させたのである。
その結果として誕生したのが医療都市・諏訪原である。


上記の8つの街の名所はスワスチカと呼ばれる特殊な場所である。
聖遺物の使徒を殺害、もしくは一定上の一般人を虐殺すると解放され、その場所の儀式の方陣が完成する。
8つ全てを解放して線で繋げると(ハーケンクロイツ)となる。

これら8つのスワスチカとの五色を持って黄金を練成する。


以下さらなるネタバレ
































他作品での諏訪原

ifの続編である神咒神威神楽では穢土諏訪原として登場する。
ほとんど崩壊しているがその面影は残っており、東征軍の面々が訪れる場所はどこか見覚えのある光景ばかりである。

コメント