ピクシブ百科事典

ギャル文字

ぎゃるもじ

≠″ャ」レ文字ー⊂レよ⊇ωナょ文イ夲τ″ぁゑ。(訳:ギャル文字とはこんな文体である。)
目次[非表示]

木艮旡要(概要)

っτゅ─カゝ、了勺゙/らカゝら言ゎせナニらぁ⊇ω<″らレヽ言売めτ├─セ″・/ー⊂レヽぅカゝ、言売めナょレヽ方カゞ了勺マぉカゝιレヽっτゅ─カゝぁ?(訳:ってゆーか、アタシらから言わせたらぁこんぐらい読めてトーゼンというか、読めない方がアタマおかしいってゆーかぁ?)

…以下、真面目に解説

概要(こっからはホントに大真面目に)

ギャル文字とは、平仮名・片仮名・漢字を幾つかのパーツに分解し、別の文字あるいは見た目の似た記号に置き換えたモノで構成された文体・文章の事。
日本語学的には「分字」に分類された一種の文字遊びである。
ギャル文字に限らずネットスラングにもそれに分類されるモノもあり、信者の事を「儲」とするのも一種の分字となる。
ここでいうギャル文字は、主に文字通り若い女性の間で流行しているものを指す。

一見してあまりにも読み難い構成であることや、一般的に使われる極普通の日本語とはかけ離れた字面ゆえに、そう言ったモノに対し強烈な嫌悪感を示す人も多い(当のギャル本人ですら読めなかったとか)。
事実、一部SNSでは「ギャル文字を用いての友達申請お断り(酷い場合はそのままNGユーザー入り)」とするユーザーも多く、「アンチギャル文字」とも言えるコミュニティも少なくない。

互いに通じあえる仲間内でならまだしも、公の場で他人と関わる場でおおっぴろげに用いると一般常識を疑われかねないので、TPOを考えて避けるべきである。

そういった事情もあってかブームも下火となり、今となっては完全に廃れている。

90年代半ば~後半のコギャルブーム時代に、ギャル文字の前身とも言うべき手書きギャル文字が流行り、その独特の文字体は『おひさまフォント』などに受け継がれている。
「。」が大きい、跳ねが強調されている、微妙に崩れている、「け」や「は」や「な」の間が離れている、「***(…)」「→(ー)」が頻繁に使われている、太字がゼリービーンズのように書かれる、などの特徴を持っていた。当時のカラーペンブームと相成って、ゲル状のインクのカラーボールペン(ハイテック、ユニボールなど)、ミルキーペン、ラメ入りペンで書かれる率が高かった。漫画絵アニメ絵絵画などの手書き文字とは違い、絵心がない人でもそれらしくできるのが特徴だった。バブル期以前にもモコリンペンなどが出ていて、女子中高生の間で似たような絵柄が流行っていた。

そのボールペンアート、パンクのような独特のタッチは、ハッキリした線で丸みを帯びた萌え絵オンリーだったアニメ絵の世界にも影響を与えたという。

関連タグ

ギャル ギャル絵 言葉遊び
暗号 日本語でおk

外部リンク

≠″ャ」レ文字├″ッ├]厶(ギャル文字ドットコム)
ギャル文字(アニヲタWiki(仮))

関連記事

親記事

ギャル ぎゃる

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ギャル文字」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 14480

コメント