ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要

映画『ALIEN』シリーズに登場する架空生物。

ゼノモーフ幼体の第二形態であり、白いヘビウナギのような形状をしている。

名前の意味は『胸を突き破るもの』であり、後述する生態が由来となっている。


生態

エッグチャンバーから飛び出したフェイスハガーによって生物の体内に植えつけられる。

成長が完了するまで宿主の体内に「へその緒」の様なもので繋がり潜伏しているが、ある程度の段階まで成長しなければ宿主には自覚症状が出ないため寄生させられた事に気が付かないケースがある(レントゲンやプレデターのセンサーによる確認は可能)。

成長するまでの期間には個人差があるが、体内から出てくる際は宿主の体を食い破って出てくるので、その際宿主は凄まじい激痛に襲われて死亡する。

外科手術による摘出も可能ではあるが、現時点において、外科手術により生存できた人間は4作目のクローンリプリーのみ。


この形態でも力はかなり強いが、プレデター並の握力があれば首をへし折ることも可能。

動きはかなり俊敏であり、小ささも相まって捕獲は困難。

数回脱皮して短時間の内に完全体になるので、逃すと潜伏されて洒落にならない事態に陥る。


また、宿主のDNAを吸収して性質を受け継ぐことがあり、寄生する生物に形状に差異が出てくる。


種類

ドッグ(バンビ)バスター

犬(完全版では牛)に寄生したチェストバスター。

手足がある。


クイーンチェストバスター

センシティブな作品

発生確率の非常に低いスーパーフェイスハガーから寄生させる個体で潜伏期間が長い。

将来的にプレトリアンを経てクイーンエイリアンに成長する。

他のゼノモーフはこれが寄生している生物は殺さないという習性がある。


プレデリアン・チェストバスター

プレデリアン・チェストバスター

プレデターに寄生したチェストバスター。

DNAを吸収した結果、口部にその特徴が現れている。

プレデターがゼノモーフを狩りの対象としている以上、存在自体はそう珍しくもないと思われる。

初登はゲーム『エイリアンVSプレデター2』の追加パックで、あるフェイスハガーが瀬死のプレデターに寄生し、誕生後、人の死体の体内に寄生、進化し、誕生した。

映画AVP2に登場した個体は元がクイーンな為か、直接人間の妊婦に寄生できる技を身につけている。


余談

有明海ワラスボという魚が生息しているが、目が退化した顔や口部の鋭い牙など、外見がチェストバスターそっくりである。

もしくはゼノモーフのインナーマウスか。

食用として用いられており、刺身干物として加工される。


なお、「エイリアンVSプレデター」のダークホースコミックが刊行したクロスオーバー「SUPERMAN vs ALIEN」では、共演したスーパーマンを宿主にしていた。パワーを失った状態のスーパーマンの胸部を食い破り出てこようとしたが、その寸前にパワーを取り戻したスーパーマンは、体内のチェストバスターを腹筋の筋力で押し潰し、そのまま圧殺してしまった

(その直後スーパーマンは、口からチェストバスターだったゲロを吐いた)。


エイリアン3」は、複数の準備稿脚本が書かれたが、その一つには、「胸部ではなく頭部を食い破り現れる『ヘッドバスター』」という亜種が登場している(決定稿には未登場。他にも、様々なゼノモーフの亜種が登場していた)。


また、パロディとしてコメディSF「スペースボール」にも、それっぽいものが登場。

エイリアン一作目にて、チェストバスターに胸を食い破られたケイン……にそっくりな男性(演者は、ケインを演じたジョン・ハート本人)が、宇宙ステーション内の食堂で食あたりを起こすとともに、そのまま胸を食い破って出てきた。

食い破って来たチェストバスターを見た男性は「またかよ……勘弁してくれ」と言って事切れ、チェストバスターはそのまま、シルクハットとステッキを取り出し(なぜか手足がある)、歌い踊りながらそのまま去っていった。



関連タグ

エイリアン / ALIEN ゼノモーフ フェイスハガー

関連記事

親記事

ゼノモーフ ぜのもーふ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1554426

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました