ピクシブ百科事典

プレデリアン

ぷれでりあん

プレデリアンとは、「エイリアンVSプレデター」シリーズに登場したゼノモーフの混合体である。
目次[非表示]

概要

プレデターのDNAを取り込んだ混合体。身長213cm。(ただし映画AVP2のスペック)


外見は、姿形はバトルエイリアンに頭部のドレッドのような触手や4本の外顎などプレデターの特徴を組み込んだ姿をしており、鳴き声はプレデターとクイーンのそれを組み合わせたものである。また一部の媒体ではプレデターを食う性質があり食べると体に角のようなものが生え、大きくなりより強くなる。

映画版のみの特徴として、性格はエイリアン・ウォーリアーよりも残忍で好戦的かつプレデターを度々出し抜き不意打ちする、病院内の赤ん坊を見て人間の生殖を理解するなど知能も高い。
また生殖活動も通常の種とは異なっている。プレデリアンはクイーンエイリアンのように宿主に幼体を産み付けるフェイスハガーを内包したエッグ・チェンバーを生まず、人間の妊婦の口から体内にインナーマウスを挿入する事で胎児にエイリアンの遺伝子を組み込み、その胎児が短時間で複数のチェストバスターに変異するという『ALIEN』でエイリアンに捕らわれたダラス船長らがエッグ・チェンバーへと変形させられる未公開シーンにも似たプロセスで繁殖を行う。
プレデターのヘルメットには、エイリアンを優先的に探知する「エイリアンモード」という機能が付いているが、映画のプレデリアンはこのモードでは識別されないため、ウォーリアーエイリアンと組んで現れると不意打ちを喰らいやすく、プレデターは苦戦を強いられる事になった。

登場作品

初の登場作品はコミックの一枚絵でDave Domanが描いたものである。その後コミックで何度か登場した後PCゲーム『Aliens versus Predator 2』で登場し『Aliens versus Predator 2: Primal Hunt』でプレデリアンをプレイヤーキャラとして使える様になった。RTSゲーム『Aliens versus Predator: Extinction』ではゼノモーフサイドの一員として登場、プレデターの死体にフェイスハガーが取りついて誕生する。ゲーム『Aliens vs. Predator』(2010年セガ)ではエイリアン編のプレーキャラ"6"が最後に倒したプレデターにフェイスハガーが卵を産着けし誕生した、のちに成長しプレデター編のラスボスとして登場。映画では『Aliens versus
Predator 2 requiem』で登場したがこの際に日本の映画雑誌等ではゲーム版及びコミック版の情報を無視し映画でオリジナルに創作・発表されたかの様に記述するケースが多かった。

関連タグ

エイリアン ゼノモーフ エイリアンVSプレデター AVP2 エイリアンズVSプレデター

サダカヤ…ある意味で似た者同士。

pixivに投稿された作品 pixivで「プレデリアン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 91833

コメント