ピクシブ百科事典

目次[非表示]

指が…耳が…鼻がとける!
タブーを犯した人間にくだされる恐怖のたたり。
助けてくれ! あぁ、からだがとけてゆく~!!!
(『ゲゲゲの鬼太郎(第2期)』VHS第12巻より)

概要

1966年5月13日に芸文社より刊行された『漫画天国』に掲載された短編作品(全8ページ)。
伝承を軽んじ、狼藉を働いた結果、筆舌に尽くしがたい悲惨な末路を辿る羽目になった男たちの姿を克明に描く。

あらすじ

信州のとある山奥に、地元住民が「入らずの山」と呼ぶ聖域がある。
ある日、東京からその山に来た2人のならず者が、立ち入り禁止を示す看板やしめ縄を無視し、その奥にあった深い縦穴に立小便をして帰っていった

それから2~3日して、ならず者の片割れ(眼鏡・出っ歯の男)の小指が突然消える。もう1人を喫茶店に呼び出して相談するが、そうしている間にも眼鏡出っ歯の耳が消え、目が消え、鼻が消え、最後には首が丸ごと消えてしまった
錯乱し、首なしのまま外へ飛び出す眼鏡出っ歯。もう1人の男が追いかけるも、いつの間にか眼鏡出っ歯の姿は完全に消え失せた。しかも、その場所には不気味な足跡だけが残されていて、それはどこかへ向かって延々続いている。
もう1人の男がそれをたどっていくと、あの「入らずの山」まで続いていた。
自分たちが立小便をした穴に来たその時、もう1人の男の指も、耳も目も消え始める……。

そして男は穴に落ちた。
顛末を見届けた地元の老人は、「都会の人間はおっかねえものがとんとわかってねえんだから……」とつぶやいた。

ゲゲゲの鬼太郎(アニメ)

TVアニメ版第2期の放送時、原作のストック不足から翻案・アニメ化され、第43話として放送。
第5期でもアニメ化される予定があったが頓挫し、第6期にて第2期43話のリメイクという形で再アニメ化された(第70話)。
詳細はタイタンボウの記事を参照。

関連記事

親記事

タイタンボウ たいたんぼう

pixivに投稿されたイラスト pixivで「足跡の怪」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「足跡の怪」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 8517

コメント