ピクシブ百科事典

プレータ

ぷれーた

仏教における餓鬼の概念の元になったインドの民間伝承に登場する浮遊霊。
目次[非表示]

概要

プレータ(Preta)とはプレートとも呼ばれるインドの民間伝承に登場する浮遊霊で、事故自殺死刑などで急死したものはこの霊になる。
死後11日目に跡取り息子によって供養されないと、祖霊ピトリ(Pitṛ)になることができず、死体や生者を殺して喰らう悪霊ブータになってしまう。

仏教における音写では「薜茘多(へいれいた)」と記述され、餓鬼という概念の元となったといわれる。

インドの伝承においては幽霊は下半身が上半身と反対についているといわれ、チュレルと呼ばれるデワリ祭期間中、または妊娠月経中、出産で死んだ女性が変じる悪霊は口が無く同じような身体をしているという。

創作での扱い

海外版における幽鬼ガキがこの表記である。

※メイン画像
「インドの由緒正しき餓鬼」と呼ばれる山地や荒野に出現するモンスター。特に目立った特徴が無かったことからリメイク版では削除されてしまった。

関連タグ

ヒンドゥー教 インド神話 仏教 餓鬼 幽霊 
ブータ

関連記事

親記事

餓鬼 がき

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「プレータ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 11

コメント