ピクシブ百科事典

ファンロンモン

ふぁんろんもん

ファンロンモンとは四聖獣を統べる究極体デジモン
目次[非表示]

概要

世代:究極体
型:神獣型
属性:NO_DATA
必殺技:太極、黄廻

初登場は携帯型ゲーム『ディースキャナ VERSION 3.0 カスタムマスター』。カードゲームではブースターのNo.1000を飾る。
デジタルワールド東西南北を守護する四聖獣を統べ、大地(世界そのもの)を司る皇帝デジモン。
モチーフは四神の中央に位置する黄龍。また、上記の皇帝デジモンの設定から中国を統治した五帝の最初の帝黄帝もモチーフかと思われる。

遥か古代に現れた一人の天使型デジモンによってデジタルワールド地中最も深くに封印されていた。これにより統治を失った四聖獣による派遣争いが起きたとされるが現在はバランスが保たれている。なお、その天使型デジモンは突如圧政を敷いてデジタルワールドを暗黒期に導いた末に10体の勇者達によって敗れるのだが、それはまた別の話。
属性がNO_DATAとされている事からもわかる通り、その存在は善にして悪であり、光と闇の『太極』と呼ばれる存在。
8つの目と12個の赤いデジコアを持ち、その体はクロンデジソイドメタルの元になったファンロン鉱でできた鱗で覆われており、ファンロンモンに傷を負わせる事は不可能。

必殺技はデジタルワールドの万物を光と闇の二極に永遠に分解し続け、やがて無きものとする『太極(たいきょく)』と、自然災害規模の巨大な土砂流の台風を巻き起こす『黄廻(おうかい)』。また、公式設定未掲載の技に『皇帝之牙(こうていのきば)』がある。

また、ファンロン鉱はファンロン鉱で傷を付ける事しか出来ず、この超硬度をもつ反面比重が極端に高く、武器や防具などには適していない。更にこの鉱石は地中深くにしか発見されておらず、ファンロン鉱と生物とが一体化するには、神話の時代よりはるか遠い年月を要する。
このためにファンロンモン自身がファンロン鉱で身体を覆ったのは天使型デジモンに封印されてからの話であり、ファンロンモンが相当な月日を生きている事がわかる。
…とまぁ、公式ではこのようにチート設定の塊なデジモンだったわけだが…。

デジモンクロスウォーズでは

『悪のデスジェネラルと七つの王国』編にて登場。ただし、敵側のバグラ軍所属でドルビックモンの配下という設定。
原作の善でもあり、悪でもあるという設定を考えるとアリっちゃアリな設定ではある。(グラビモンだって劇中でも公式設定でも聖獣型デジモンが配下だし。)
ただし、原作設定があまりにチートすぎた為にファンロン鉱とかの設定はオミットされており、最後はドルビックモンの強制デジクロスで『ドルビックモンダークネスモード』となるが、メタルグレイモンが超進化したジークグレイモンに敗れた。
何分このような役割であるため、古参ファンからの評価は賛否両論だが、ドルビックモンからは『竜の鑑』と評され、頼りにされていた事は事実である。といっても一面ボスの配下なんだけど。

玩具版デジモンクロスローダーではリーダー側のデジモンとして仲間にする事が出来る。ファンロンモン+コアドラモン(青)+コアドラモン(緑)の組み合わせでデジクロスするとなんとオウリュウモンになる。

デジモンアドベンチャーシリーズでは

存在が示唆されており、「15th Anniversary Blu-ray BOX」の初回限定特典ドラマCDで明かされた詳細によると先代の選ばれし子供のアグモンが進化した姿とされている。(ちなみにガブモンチンロンモンゴマモンバイフーモンピヨモンスーツェーモンテントモンシェンウーモンに進化している。)

tri.』でも存在が仄めかされてはいるものの、上記のドラマCDとは設定が異なり、バクモンメガドラモンがそれに進化する可能性が示唆されている。(他の四聖獣も同様で、例えばバイフーモンの場合はベアモンローダーレオモンバイフーモンとなっている。)

アーケードゲームでは

究極大戦デジモンバトルターミナル02デジモンクロスウォーズ超デジカ大戦(いずれも稼働終了済)に登場。特にバトルターミナル02のver.5ではエグザモンとともにスタート画面を飾っている。先述のチート設定こそあれど、問題なく倒す事が可能である。


関連タグ

黄龍 ドラゴン オウリュウモン:必殺技『黄鎧』がファンロンモンの必殺技『黄廻』にルーツがあるとされる。なお、元ネタの応龍が年老いた姿が黄龍とされる事も。

pixivに投稿された作品 pixivで「ファンロンモン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 110

コメント