ピクシブ百科事典

応龍

おうりゅう

古代中国に伝承される幻獣の一種。 翼のある龍とされ、『四霊』に数えられる龍族の王とされる。

応龍(もしくは応竜)とは、古代中国に伝承される(/ドラゴン)の一種である。

概要

古代中国の妖怪図鑑である『山海経』に記される幻獣
四足を持ち、蝙蝠ないしを持つとされる龍。
伝説上における中国最初の皇帝黄帝に使え、黄帝に仇なす蚩尤との決戦では応援に駆け付け、をおこして敵軍を蹴散らす活躍をしている。
しかし、この行為が殺人を犯したとして神獣としての責務を問われ、応龍はやむなく南方へ隠棲することとなった。このことが原因で、中国では南方以外で旱(ひでり)が多発するようになったと伝えられている。

また『述異記』には、「泥水で育った(まむし)は五百年にして(雨竜)となり、蛟は千年にして(成竜)となり、竜は五百年にして角竜(かくりゅう)となり、角竜は千年にして応龍になり、年老いた応龍は黄龍と呼ばれる」とある。
そのほかに、『瑞応記』では「黄龍は神の精、応龍は」と記されている。

関連タグ

幻獣
中国
ドラゴン

pixivに投稿された作品 pixivで「応龍」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 33299

コメント