ピクシブ百科事典

応龍

いんろん

古代中国に伝承される幻獣の一種。 翼のある龍とされ、『四霊』に数えられる龍族の王とされる。
目次[非表示]

応龍(もしくは応竜)とは、古代中国に伝承される(/ドラゴン)の一種である。

概要

古代中国の妖怪図鑑である『山海経』に記される幻獣
「応」は「黄」に通じ、すなわち黄河そのものを意味する。

四足を持ち、蝙蝠ないしを持つとされる龍。
伝説上における中国最初の皇帝黄帝に使え、黄帝に仇なす蚩尤との決戦では応援に駆け付け、をおこして敵軍を蹴散らす活躍をしている。
しかし、この行為が殺人を犯したとして神獣としての責務を問われ、応龍はやむなく南方へ隠棲することとなった。このことが原因で、中国では南方以外で旱(ひでり)が多発するようになったと伝えられている。

また『述異記』には、「泥水で育った(まむし)は五百年にして(雨竜)となり、蛟は千年にして(成竜)となり、竜は五百年にして角竜(かくりゅう)となり、角竜は千年にして応龍になり、年老いた応龍は黄龍と呼ばれる」とある。
そのほかに、『瑞応記』では「黄龍は神の精、応龍は」と記されている。

余談

東洋龍西洋竜もどちらもルーツはギリシャ神話で(化け鯨ケートス東洋竜マカラのデザインのルーツと推測されている)、東洋竜の究極体である応竜が翼を持つのも、ギリシャ神話への先祖帰りとも言えるだろうか。

ケートスのデザインはラクダのおかげで開通したシルクロード経て中国等に伝わって竜やマカラになり、鯨を竜王として崇める文化が古代中国等にあり、中国の竜の頭のデザインの由来はラクダであり、中国竜の最初期の姿は猪の頭を持つ竜であり、駱駝麒麟と猪が分類学上の親戚なのも因果を感じる。ペルシャの十二支の辰が鯨や他の国では鰐なのも、ヨウスコウワニも中国の竜伝説の由来の一つとされており因果を感じる。

ちなみに、鯨類の故郷もギリシャ周辺のチテス海である。

無双OROCHI

無双OROCHI2Ultimateから参戦した仙界の将。
応龍(無双)を参照

関連タグ

幻獣
中国
ドラゴン

関連記事

親記事

四霊 しれい

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「応龍」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 64773

コメント