ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

同名の競走馬については→ガイアフォース(競走馬)


概要編集

デジモンシリーズ究極体デジモンウォーグレイモンの必殺技で、周囲のエネルギーを球状に圧縮して放つ技である。シャイングレイモンのグロリアスバーストも似ているが、どちらもアニメではによっては光線状になっている。


機動が直線的な為避けやすいのか良く躱される。

デジモンアドベンチャー:では球体のサイズが回避困難な程大規模なものになっており、地上に多数いる敵デジモンを森ごと焼き尽くす程の高範囲・高威力となっている。また、片手で生成して掌底突きとしての発動も可能。

なお、ズィードミレニアモンを倒した際のガイアフォースは状況や演出からほぼ完全に「元気玉」であった。


エンシェントグレイモンの必殺技ガイアトルネードが原点だろうか。


ブラックウォーグレイモン編集

ブラックウォーグレイモン

本質的にはウォーグレイモンの物と同じであるが、こちらは「負のエネルギー」を凝縮しているので色が紅い。02本編ではホーリーストーン破壊など、かなり多用されている。


ウォーグレイモンX編集

ウォーグレイモン X

ウォーグレイモンX抗体


こちらは空間のエネルギーではなく、地面を割ってマグマのエネルギーを凝縮して放つ。そもそも名前の由来が地母神であり、グレイモン種初の究極体である『エンシェントグレイモン』の必殺技ガイアトルネードも大地のエネルギーを集めて放つ設定になっていたりするなど、こちらの方が原点に近い発動方法だと言える。


同じように水を凝縮する「ポセイドンフォース」という派生技もある。(どっちも使用する場所が限定される上に溜めが長いので却って弱体化してる気もするが…)

ブラックウォーグレイモンXが暗黒のガイアフォースを連続で放つ技は冥界の神に擬えて「ハデスフォース」と呼ばれる。


使う場所によって名称が変わるのだとすると、むしろこれまでの『ガイアフォース』は大気からエネルギーを集めていたのだから『ウラヌスフォース』の方が正しいんじゃないか?というツッコミが出てくるのだが、あくまでもウォーグレイモンのあの技は『ガイアフォース』なのである。


これらの技に続くように究極体相当のグレイモン系の技には何かと「ガイア」という名称が付くようになった。


一方で、カイゼルグレイモンはガイア系の技こそ使用しないが、大地に流れるエネルギー『龍脈』の力を操るという設定が、シャイングレイモンは光エネルギーを集めて必殺技を放つという『ガイア』の名こそ関してはいないが、原理は似通った技を使うなど異なる形で『ガイアフォース』の遺伝子は受け継がれている。


なお、ブリッツグレイモンの必殺技はエネルギーを収束して技を放つのではなく、機械兵器から電撃を放つ『プラズマステーク』に、ジークグレイモンの必殺技が爪での一撃を見舞う『ファイナルストライクス』になっていたりとこの法則が当てはまらないグレイモン系も見られる。



関連イラスト編集

ガイアフォース

関連記事

親記事

ウォーグレイモン うぉーぐれいもん

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 241708

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました