ピクシブ百科事典

ゴーレモン

ごーれもん

バンダイの育成バトルゲーム『デジタルモンスター』に登場するデジモンの一種。
目次[非表示]

データ

レベル成熟期
タイプ鉱物型
属性ウィルス
得意技ゴーレムパンチ
必殺技カース・クリムゾン


概要

 超古代の呪いをデジタル解析している時に発見された岩石鉱物型デジモン。
 体の約9割が岩石のデータでできており、手足を繋ぎ止めて生きている。感情が無く、命令されないと動かない。
 必殺技は背中の突起から出す超高温のガス『カース・クリムゾン』。背中に彫られた『疫』『呪』『凶』という古代の禁断の呪文は、このガスから自身の身を守るためのものと考えられている。

 実はゴーレモンは『デジモンワールド』で初登場したのだが、その時は体全体のパーツがそれぞれ黄緑色のワイヤーフレームで作られた円柱らしき物で構成されたユキダルモン似のデジモン(データを流用してるので当然似てる)というある意味で衝撃的なデザインのデジモンだった。
 ワンダースワン版では名前の由来になったゴーレムに近いデザインのデジモンとして登場し、それ以来そちらのデザインが主流になっている。


アニメでの活躍


デジモンアドベンチャー02
 アルケニモンがダークタワーから生み出した駒として登場。ユキミボタモン達の里を襲ったが、スティングモンとの戦闘でガワが剥げてダークタワーの素体らしき真っ黒な中身がむき出しになり、指示が途切れたこともあって棒立ちのままになっていたところをアクィラモンに粉砕された。

デジモンクロスウォーズ
 「ブルーフレア軍」の一員。
 メイルバードラモンとのデジクロス後に使い捨てにされたと思われたが、その後も登場し、最終決戦では「ゴーレムジジカメモン」にデジクロスした。

デジモンアドベンチャー:
CV:ボルケーノ太田
第28話にて登場。ミミパルモンに襲い掛かろうとするも崖下から登ってはずり落ちるを繰り返すばかりで相手にされず、あっさり逃げられたばかりか付近に埋まっていた宝石に夢中ですっかり忘れられた。その後第32話で再登場したが、なんだかんだでミミたちと打ち解けたのか、ミミと大量のゴツモン達を観客にトゲモンとボクシングを繰り広げ、アッパーカットを顎に受けた。こんな形ではあるが地味にOPの伏線を回収している。というか遊ぶためにわざわざ進化してるトゲモンさん何やってんすか。
その後第33話にて、自分に勝ったトゲモンを称賛し、ゴツモンたちに胴上げされるミミとトゲモンの上から宝石を振りまいているほどすっかり仲良しに。
第37話にて、自分とゴツモンたちが後述のゴグマモンたちに強制労働させられ、逃げてきたことが判明。最初にミミを襲ったのもゴグマモンの回し者だと勘違いしたため。ちなみにこの回で初めて喋ったが、オーガモンを思わせるカタコトだった(おそらく工場やブラック企業などで働く外国人労働者を意識したと思われる。)
ひょんなことから合流した太一と空と共に、ゴツモンたちを救う作戦に出る。ゴグマモンの真実を知って怒りが爆発し、トゲモンと共に殴りかかるも返り討ちにあってバラバラにされてしまう。その隙に襲われて餌にされかけるも進化したリリモンのおかげで事なきを得た。
最後は身体も元に戻り、「ミミちゃんカンパニー」の社長代理として、ゴツモンたちと平和な労働環境を作っていくことを約束し、光子郎たちと合流したミミや太一たちを見送った。

 『デジモンペンデュラムDX』では成長期と思しきスナリザモン、進化系と思しきバブンガモンゴグマモンが追加され、ちょっとした話題を読んだ。
また上記の様にメディアでの出番も少なく、言ってしまえばマイナーなデジモンではあるが、バンチョーデジモンの1種バンチョーゴーレモンに名を馳せている(ちなみにパルモンの究極体にもバンチョーリリモンがおり「:」での活躍はその縁と言える)。

関連タグ

デジモン 成熟期(デジモン) ゴーレム 岩石 鉱物 呪術 ガス ユキダルモン
グロットモン:ゴーレモンを作って敵を襲わせるという戦法が得意。

関連記事

親記事

スナリザモン すなりざもん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ゴーレモン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2284

コメント