ピクシブ百科事典

ハングドマン(ジョジョの奇妙な冒険)

はんぐどまん

ハングドマンとは「ジョジョの奇妙な冒険」第3部に登場するスタンドである。
目次[非表示]

概要

【破壊力 - C / スピード - A / 持続力 - B/ 射程距離 - B / 精密動作性 - D / 成長性 - D】
(スタンドパラメータは単行本並びにJOJO-A-GO!GO!による)

本体はJ・ガイル。タロット大アルカナ12番目のカード「吊られた男」の暗示を持つ。
ミイラのような包帯を巻いた醜悪な怪人の姿で、腕の部分から飛び出しナイフが出てくる。
鏡の中に潜み、潜んだ鏡に映った相手をナイフで攻撃する。鏡を壊してもスタンドにダメージを与えることはできず、逃げるには鏡に映らないようにするしかない。なお、「映るものすべて」に潜むことが可能であり、鏡にとどまらず水たまりや瞳の中にも入り込める。
決して力が強いわけではないが、一瞬で背後に立つスピードと射程距離の長さは非常に厄介で、ホル・ホースとの連携攻撃でアヴドゥルを仕留め、花京院ポルナレフを窮地に追い込んだ。

花京院の「鏡の中に世界なんてあるわけ無いですよ」という台詞の通り、その実態は反射するものに次々と飛び移れる性質から「光」のスタンドといったほうが正確である。スタンドが潜んでいる鏡が何かしらの理由で閉ざされた場合、強制的に追い出され移動を余儀なくされる。このため能力がバレた場合、任意のタイミングで鏡から追い出され、そこを攻撃されるという致命的な弱点がある(つまり出待ちに弱い)。とはいえ光の速さで移動するので常人の目で見切ることは困難。長年修業を積んだポルナレフだからこそ移動中でも攻撃が可能だったと言える。なお、ホル・ホースは「吊られた男は魔術師の赤と相性が悪い」と述べている。恐らくは、移動中に炎で焼かれることを警戒していたのだろう。

後に第五部「黄金の風」において、鏡の中に空間を作り出すイルーゾォのスタンド「マン・イン・ザ・ミラー」が登場する。
こちらは本当に鏡の中の世界を作り出してしまっており、上記の「鏡の中の世界否定発言」と相まって、スタンド能力とネタ的な意味でよく比較される。

担当声優

???(3部格闘ゲーム版)
立木文彦(ジョジョの奇妙な冒険オールスターバトル)
桐本琢也(テレビアニメ)

関連タグ

ジョジョの奇妙な冒険 スターダストクルセイダース スタンド ジョジョの奇妙な冒険・スタンド一覧
イルーゾォ

pixivに投稿された作品 pixivで「ハングドマン(ジョジョの奇妙な冒険)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 10151

コメント